我が国の議会は明治23年11月29日に第1回帝国議会の開院式が行われて以来、令和2年で130年を迎えます。

これを記念して衆参両議院は、令和2年11月29日(日)に式典を行いました。

両院議長・副議長のあいさつ

大島衆議院議長の写真 衆議院議長 大島 理森

 議会開設130年に当たり、国民の政治参加こそが近代国家建設の礎であると決意した明治の諸先人の先見と情熱に思いを致すと感慨新たなるものがあります。開設以来、我が国の議会は、激しく真剣な議論を通じ国民の負託に応え、幾多の国難を乗り越えつつ立法府として課せられた責任を果たしてまいりました。
 今日、議会制民主主義の在り方に様々な意見が寄せられていますが、我々国会議員は、民主政治実現の場は国会であるという強い責任感を持ち、先人の歩みを振り返りつつ、改善を試みながら次の時代により良い形で議会制度を引き継いでいかねばなりません。
 議会の歴史を顧みる本ページを御覧になる皆様が、憲政の発展のため奮闘してきた人々を思い、議会政治とその将来への認識を深められることを期待しております。

山東参議院議長の写真 参議院議長 山東 昭子

 議会が開設され、現在に至るまでに百三十年もの時が刻まれようとしています。この間の議会制の歴史は決して平たんなものではなく、数々の試練、困難が襲い、そしていま私たちは新型コロナウイルスを巡る難局に直面しています。ウイルスだけではありません。国の内外には、民主主義が答えを導かねばならない様々な課題にあふれています。
 この点、私たちには、長い歴史の中で幾つもの危機と向き合ってきた経験があります。その積み重ねられた記録の中に、困難を克服していくための知見が散りばめられているのです。
 このページを通じ、歴史をひもときながら、未来を切り開く知恵と希望を皆様と共に見つけていけることを切に願い、私のごあいさつとさせていただきます。

赤松衆議院副議長の写真 衆議院副議長 赤松 広隆

 我が国に議会が開設されてから130年を迎えます。開設以来、戦争をはじめ幾多の試練を経ながらも、議会は、その時代、時代の国の重要問題について議論を重ね、結論を導いてきました。
 戦後、過去の反省の中から日本国憲法が施行され、その下で国会は、立憲主義、民主主義の中心として大きな役割を担うようになりました。主権在民、平和主義を掲げた我が国が、再び戦禍に見舞われることなく、平和で豊かな時代を積み重ねて来られたのは、国会において真摯な議論を続けた先人の努力の賜物です。
 この節目に、国民の皆様には、この130年を振り返り、議会の歴史の重みとそこで活躍した議会人の息遣いを感じ、国会をより一層身近なものと感じていただけるよう願っています。本特設ページがその一助となれば幸いです。

小川参議院副議長の写真 参議院副議長 小川 敏夫

 我が国議会が、開設から今日に至るまでの間、たゆみなく歩んできた道のりを振り返るとき、政治を担う者の一人として誠に身の引き締まる思いがいたします。
 今、私たちは新型コロナウイルスの脅威に立ち向かっているさなかにあります。これまで、幾多の自然災害、社会を揺るがす数々の事件・事故などの難局に臨む中で、時代の要請に応えようとまい進してきた先達の姿を想起すれば、私たちもまた、英知を集めてこの局面を打開できるものと信じています。
 議会開設130年を機会に、皆様方には日本の議会が紡いできた歴史に思いを寄せていただくとともに、その果たすべき使命と役割について理解を深めてくだされば幸いです。

記念式典中継

議会開設130年を記念して、令和2年11月29日、参議院議場において、天皇皇后両陛下及びま子内親王殿下の御臨席をいただき、三権の長をはじめ衆参両院議員等の出席のもとに式典が行われました。

映像(録画中継)は、以下のサイトからご視聴いただけます。

参議院インターネット審議中継 別ウィンドウで開きます

参議院
インターネット審議中継