議長あいさつ

本年は、日本国憲法施行70周年並びに参議院創設70周年の記念すべき年に当たります。

我が国は、戦後間もなくまんもくしょうじょう満目蕭条たる焼野原の中でこの憲法を制定し、民主主義国家としての歩みを始めました。以来、国民の懸命の努力により、「東洋の奇跡」とまで称されるような驚異的な復興と発展を成し遂げてまいりました。振り返ってみれば、今日の平和と繁栄の礎にはこの憲法があったことは疑いようもありません。

大島理森の直筆サイン 大島理森の写真

この度、本院では憲法施行70周年を記念する行事の一環として、特別参観や憲政記念館における記念展示を行うこととなりました。国民の皆さまには、今回の記念行事を通じて、戦後の憲法及び議会制民主主義の足跡を顧みるとともに、改めて憲法について思いをいたしていただければ幸いです。

副議長あいさつ

我が国は、甚大な犠牲を払った先の大戦を経て現在の日本国憲法を制定しました。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義と新しい日本が進むべき方向を示したこの憲法の掲げる基本理念の下、我々は長い年月をかけて、平和で豊かな国を築いてきたのです。

今日、憲法については国会を含めて様々な場で議論が行われておりますが、憲法のありようを最後に決めるのは国民一人ひとりです。そのため、我々は憲法の果たしてきた役割をしっかりと認識し、憲法に対して真摯に向き合うことが大切であると考えます。

川端達夫の直筆サイン 川端達夫の写真

憲法施行70周年を迎えた今、この度の記念行事を契機として、皆さまがこれまでの憲法の歴史を今一度振り返るとともに、より一層憲法に対して関心を寄せていただくことを期待しております。