採用情報

採用に関するお問い合わせ先

衆議院法制局
法制企画調整部総務課

TEL:03-3581-1570
E-mail
sk0008@shugiinjk.go.jp

(注)なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。

衆議院法制局を志望される皆さんへ

18歳選挙権の実施や衆議院の選挙制度改革、相次ぐ災害への対応など、続々と生起する国政上の諸問題——皆さんも、新聞等でご覧になっていると思います。これらの重要政策において「議員立法」は重要な役割を果たしており、私たちは、これを構想段階から条文化、委員会審議等に至るまで一貫してサポートしています。
  また、近年では天皇の退位等についての立法府の総意のとりまとめの補佐、憲法改正論議など、国会議員の立法活動のための「法制に関する調査」の比重も、飛躍的に増大しつつあります。
  そして、このような幅広い「法的サービス」を提供する私たち衆議院法制局の担うべき役割とその果たすべき責任は、ますます大きくなってきています。

衆議院法制局では、わずか80数名の職員が、我が国の議会制民主政治を最前線で支えるため、上記のような国会議員の立法を補佐する活動に、ひたむきに全力を尽くしています。それぞれの持つ知識と経験を出し合い、大胆かつ柔軟な発想で緻密な法律の論理構成を組み立て、立法政策におけるいわば「共通言語」とも言うべき法令用語を用いながら厳密な条文への「翻訳作業」を行うことを通じて、依頼議員の「政策(おもい)」を「法律(かたち)」にしていく——それは、創造性に富んだ、極めてやりがいの大きい仕事です。
  私どもの組織は、非常にフラットな組織です。ベテラン職員も若手職員も対等に、活発な議論を展開しながら、「良い法律」を作るために汗を流しています。

国民の切実な要望を背景にした国会議員の依頼の趣旨に寄り添って、国民の生活や人権を守るための砦となり得るような、そして「そうだ、議員立法でいこう!」と言ってもらえるような、そんな組織にしていきたいと、職員一同、心から思っております。

議会制民主政治を支える気概に満ちた若い皆さんが、私たち衆議院法制局の一員に加わってくださることを、心より期待しております。

衆議院法制局長  橘局長の署名