衆議院

メインへスキップ

衆議院内営業者公募について


衆議院において、売店、たばこ及び飲料等自動販売機を運営する業者を公募します。

平成29年12月 6日
衆議院管理部副部長
管理課長事務取扱 橋 耕一

1.公募業種及び場所

場所営業種目面積等
@第一別館 地下1階弁当・食料品・雑貨
※たばこの販売ができる業者
 約110u 
A第一別館 地下1階持ち帰り食品
(おにぎり・惣菜等)
 約16u 
本館・分館
第一別館・第二別館
自動販売機  たばこ5台
本館・分館他エリア
@
自動販売機  飲料6台
第一別館他エリア
A
自動販売機  飲料・食品5台
第二別館エリア
B
自動販売機  飲料・食品7台
参観バス駐車場エリア
C
自動販売機  飲料5台
憲政エリア
D
自動販売機  飲料・食品5台


2.募集業者数

各1業者

飲料等自動販売機についてはエリアにつき1業者(複数申請可)

3.公募参加申請資格

(1)当該業務を確実に遂行する能力と実績を有する者であること。

(2)経営の状況又は信用度が極端に悪化していないと認められる者であること。

(3)過去5年以内に、 衆議院内営業者として、営業許可年内(5ヶ年)に途中で営業を廃止した者でないこと。

(4)国税及び地方税を完納していること。

(5)公募説明会に参加すること。

(6)法人等(個人、法人又は団体をいう。)の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者をいう。以下同じ。)が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)ではないこと。

(7)役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしている者ではないこと。

(8)役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与している者ではないこと。

(9)役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれを不当に利用するなどしている者ではないこと。

(10)役員等が、暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者ではないこと。

(11)暴力団又は暴力団員及び(7)から(10)までに定める者の依頼を受けて公募に参加しようとする者でないこと。

(12)たばこの自動販売機に関しては平成30年4月1日に設置できること。

4.公募参加申請

(1)申請書      申請用紙(PDF:47KB)
             複数申請する場合はそれぞれ申請書を提出する。
           ※自動販売機に複数申請する場合は1通で可。

(2)提出方法    衆議院事務局管理部管理課に持参し提出する。
             下記照会先へ郵送も可。

(3)提出期限    平成29年12月15日(金)まで
               (但し、土曜日、日曜日、祝日を除く17時まで
                郵送の場合は 12月15日必着)

5.公募説明会

(1)日時        売店@
                平成29年12月19日(火)14時〜

                 売店A
                平成29年12月19日(火)14時30分〜

                 たばこ自動販売機
                平成29年12月19日(火)15時〜

                 飲料等自動販売機@〜D
                平成29年12月19日(火)15時30分〜

(2)場所        衆議院第二別館8階 第二会議室

(3)説明事項    業務及び店舗概要等に関する事項

(4)出席人員    1参加申請当たり出席者は2名まで

6.照会先

東京都千代田区永田町1−6−3(衆議院第二別館)
衆議院事務局管理部管理課営業担当    渡邊、片渕、池岡
TEL(03)3581-5111    内線  36010、36011





衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.