採用情報トップページ

受験生へのメッセージ

  衆議院事務局は、議院の自律権に基づき、衆議院の事務を処理するため置かれている機関です。
 そこで働く職員は、特別職の国家公務員とされ、国会の立法活動を補佐するさまざまな仕事に従事しています。その仕事は決して目立つものではありませんが、政治のダイナミズムの中で、迅速・適確に事務処理を進めていくことが求められており、議会制民主主義を陰で支える 重要かつ緊張を要する仕事です。
 時代の転換期を迎え、さまざまな改革が望まれる今日、国民の代表機関としての国会に対する要望も、多岐で複雑なものになっており、事務局に対する期待も役割も更に増大しつつあります。
 このような中で、衆議院事務局は新卒・既卒に関わらず、また、文科系・理科系を問わず、さまざまな経験と知識をもった人材を募集しています。
 みなさん、衆議院事務局で働いてみませんか。
本会議場の写真