衆議院

メインへスキップ

衆議院議長談話



 昨日、北朝鮮は、6度目の核実験を実施した。その破壊力は過去最大規模と推定されている。一連のミサイル発射、とりわけ、先月29日の北海道上空を通過して太平洋上に落下した弾道ミサイルの発射に続き、この度の核実験により、我が国に対する脅威はこれまでにない直接かつ現実的なレベルにまで高まってきたと言わざるを得ず、北朝鮮に対し強く非難するとともに、断固抗議する。


国際社会は、北朝鮮の核実験及びミサイル発射に対し、累次にわたる国連安保理決議を採択し、中止を求め続けてきたにもかかわらず、北朝鮮はそれを無視し、我が国を含む地域及び国際社会の平和と安全に対する明らかな挑戦を繰り返していることは、断じて容認できない。


政府は、このような現実を踏まえ、北朝鮮に、全ての核を放棄し、IAEAの査察を受け入れ、朝鮮半島の非核化に取り組ませるとともに、ミサイル開発を断念させるため、米国、韓国、中国、ロシア等主要関係国と更に緊密な連携をとりつつ、国連安保理において国際社会が一致団結した実効性ある対処が図られるよう積極的に行動し、我が国国民の安全の確保に万全を期すよう強く求める。


(平成29年9月4日)



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.