衆議院

メインへスキップ

平成二十七年衆議院議長年頭の辞


迎春

平成二十七年の新春を迎えるにあたり、国民の皆さまのご健勝とこの一年の平穏な日々を心からお祈り致します。また、皇室の弥栄と我が国の益々の発展を心より願うものです。

昨年は豪雨による土砂災害、火山の噴火、相次ぐ台風の襲来など自然災害が続発しました。これらの災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。私たち国会議員は、被災された方々に対する支援や国民の生命・財産を守るための防災・減災対策の充実に全力で取り組んでまいります。

政府は現在の経済情勢を踏まえ、本年十月に予定されていた消費税率の再引き上げを一年半延期することを決定しました。国民が将来にわたり安心して暮らすことのできる社会を実現するため、次期通常国会では、経済再生、財政再建をはじめとする内外の様々な課題について真摯な議論を進めていかなければならないと存じます。

我が国をとりまく国際環境に目を向けると、近隣諸国との間では歴史認識の相違に端を発する問題が収束に至らない状況が続いています。隣国である中国や韓国との関係は、東アジアの平和と安定にとって極めて重要なものです。戦後七十年の節目に当たり、隣国同士が歴史的事実に向き合い、お互いの歴史認識に耳を傾け、協力して未来を創る姿勢を持つことを願ってやみません。

昨年は日本の技術や文化が評価された年でもありました。効率的な青色発光ダイオードの発明により赤ア勇教授、天野浩教授、中村修二教授がノーベル物理学賞を受賞されたほか、ソチオリンピックにおける日本人選手の活躍もありました。また、日本と西洋の技術交流の末に果たされた技術革新の顕著な事例として「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録され、日本の伝統文化である「和紙:日本の手漉和紙技術」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。これらの出来事は一人ひとりの日本国民が様々な分野において活躍し、成功を遂げる力を持っていることを示したものと言えましょう。

先の衆議院議員総選挙は、一票の較差を是正するための新たな小選挙区の区割りを適用した初めての選挙でありました。昨年、衆議院議長の諮問機関として、有識者からなる衆議院選挙制度に関する調査会を設置し、選挙制度の改革に向けた調査・検討を始めましたが、これは、総選挙後の新たな国会にも引き継がれております。今後、更に闊達な議論が行われ、実りある提言をいただくことを期待したいと存じます。

私はこの度議長に就任し、初めての新年を迎えます。私も憲政に貢献された歴代議長の思いを引き継ぎ、国民の皆さまの負託に応え、議会制民主主義に対する信頼を高めるべく、一層の努力を重ねてまいる所存です。

結びに、本年が国民の皆さまにとり明るく、幸多き一年となることをお祈りし、新年のご挨拶といたします。



平成二十七年  元旦



      衆議院議長

町村信孝衆議院議長のサイン



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.