衆議院

メインへスキップ

ジャマイカ副首相兼外務・外国貿易大臣一行の衆議院訪問


平成22年9月1日(水)、第2回日・カリコム外相会議(外務省HP)出席のため政府の招待で来日したケネス・ボー・ジャマイカ副首相兼外務・外国貿易大臣(以下ボー副首相)一行は、衆議院を訪問し、横路孝弘議長と懇談を行いました。




冒頭、横路議長は、初の訪日を歓迎し、両国関係について、秋篠宮同妃両殿下がジャマイカを訪問していることに加え、政治家レベル、青年交流等の国民レベルにおいても交流が盛んであることを述べた上で、経済・投資関係にはまだ発展の余地があり、今訪日を通じ更なる両国関係の発展を希望する旨述べました。

これに対し、ボー副首相は、10年ぶりに開催される日・カリコム外相会議に出席できることを大変うれしく思うと述べた上で、日本の技術、環境問題への取組み、発展途上国支援を評価しつつ、この機に日本とカリコム諸国の相互理解を深め、今後もより強固なパートナーシップを構築したいと述べました。

懇談では、ボー副首相より、ジャマイカが現在直面している問題として、エネルギー問題、ハリケーン等の天災対策、海面上昇等の環境問題、観光業に関わる治安問題等につき言及があり、これらの問題について意見交換を行いました。この中で、横路議長より、日本がこれまで公害等の環境問題を技術革新を通じて克服してきた経験が、現在国際社会が取り組む環境対策にも役立っていると述べたところ、ボー副首相は、こうした課題を乗り越えていくため、カリコム諸国が一層連帯し、日本や国際機関との協力関係を強めていくことが重要であると応じました。




衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.