衆議院

メインへスキップ

メキシコ合衆国連邦上院執行部議長一行の衆議院訪問


平成24年1月11日(水)、第20回アジア・太平洋議員フォーラム(APPF)総会出席のため来日したホセ・ゴンサレス・モルフィン・メキシコ合衆国連邦上院執行部議長一行は、衆議院を訪問し、横路議長と懇談を行いました。





冒頭、横路議長は、二国間の長い友好と議会間交流を含む緊密な関係に触れた上で、東日本大震災に際してのカルデロン大統領及び上下両院からの温かいメッセージや、救援隊・物資等の支援に謝意を表しました。その後、震災と福島の原発事故、復興への取り組みや経済の回復の状況を説明し、震災と原発事故については、現在行っている検証の結果を世界と共有したいと述べました。

これに対し、モルフィン議長は、横路議長がAPPFの各国代表団を招待した9日の夕食会でのもてなしに謝意を表した上で、東日本大震災からの復興に向けた動き、被災者への支援の状況及び日本国民の姿勢を高く評価しました。検証結果の共有により、日本と同じ型の原子炉が稼動し、1985年に大きな地震の被害が発生したメキシコばかりでなく、世界各国も多くを学ぶことができると期待を示しました。

懇談では、昨年末にEPA改正議定書が両国で承認されたことや、一昨年横路議長がメキシコ下院に桜の植樹をしたことに続いて、昨年11月にはメキシコ上下両院に桜が植樹されたことが、両国の経済・友好関係の強化を示すものとして話題となりました。メキシコ側の同席者からは、日本人の温かさ・秩序正しさや日本の経済の回復を賞賛し、両国間の関係を高く評価するとともに更なる深化を期待する発言があり、横路議長からは、日本のエネルギー政策の現状と今後の課題について説明がありました。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.