衆議院

メインへスキップ

ペルー共和国大統領一行の衆議院訪問


平成24年5月9日(水)、政府の招待で来日したペルー共和国のオリャンタ・ウマラ・タッソ大統領一行は衆議院を訪問し、横路議長、衛藤副議長、日本・ペルー友好議員連盟の鳩山由紀夫名誉会長、高村正彦会長、吉良州司幹事長代理及び西村康稔事務局長と懇談を行いました。





冒頭、横路議長は、両国の古くからの外交関係と日本人移住の歴史に触れ、ペルーが約9万人の日系人を温かく受け入れていることに感謝の意を表しました。経済に関しては、既に鉱物の輸入や資源開発への投資等を行っている日本企業が、本年3月のEPA発効を機に投資の分野を広げることへの期待を示しました。さらに、日本人一般のペルーに対する関心の高さを紹介しました。

これに対し、ウマラ大統領は、自らが日系人学校の卒業生であることに言及し、学生間の交流にも期待を示しました。また、ペルーの政治の安定と経済の発展に触れつつ、インフラ整備においても日本が協力してきたことに感謝の意を表すとともに、協力の場を地方にも広げてほしいと述べました。議会間交流については、ペルーにおいても、日本・ペルー友好議員連盟に対応する友好議員連盟を創設したいと述べました。

懇談において、両者は、国際的な問題における両国の協力や鉱業における環境保全の取り組みについて意見交換を行いました。横路議長は、東日本大震災に際し、選挙活動中のウマラ大統領からお見舞いの手紙が寄せられたことに感謝の意を表しました。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.