衆議院

メインへスキップ

ケニア共和国国民議会(下院)議長一行の衆議院訪問


衆議院議長の招待により来日したケニア共和国のジャスティン・ベダン・ンジョカ・ムトゥリ国民議会議長を団長とする一行は、平成28年11月8日(火)に衆議院を訪問し、大島議長、川端副議長、佐藤議院運営委員長、高木議院運営委員会理事、泉議院運営委員会理事、遠山議院運営委員会理事及び塩川議院運営委員会委員等と懇談を行いました。

冒頭、大島議長は、一行の来日歓迎の意を表した上で、今回の貴議長の訪日を機に、両国議員間の交流が更に活発化することを期待している旨述べました。また、本年8月に日・ケニア投資協定が署名に至ったことに触れ、議会として本協定を早期に承認することにより、両国の経済関係の深化につながることを期待する旨述べました。

これに対し、ムトゥリ国民議会議長は、歓迎への謝意を表した後、三笠宮崇仁親王殿下の薨去に哀悼の意を表明するとともに、両国首脳をはじめとして、長きにわたり両国間のハイレベル交流が継続していることは大変喜ばしい旨述べました。また、本年ケニアで開催されたTICADYにおける我が国の支援に謝意を表するとともに、最近の日・ケニア間の経済関係が良好であることに触れ、更なる経済関係強化を期待する旨述べました。

懇談では他に、民主主義及び法の支配の重要性、リオオリンピック・パラリンピックにおける両国選手の活躍、ケニア議会における女性議員の割合、ケニアにおける漁業等について話題が及びました。












衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.