衆議院

メインへスキップ

ブータン王国国王陛下及び同王妃陛下歓迎会


平成23年11月17日(木)、国賓として来日したブータン王国国王ジグミ・ケサル陛下及び同王妃陛下が国会を訪問し、両院議長主催による歓迎会が衆議院議場において行われ、ジグミ・ケサル国王陛下が演説を行いました。





横路衆議院議長は、歓迎の挨拶で両陛下の先月の御成婚に祝意を述べ、先般ブータンで発生した地震被害にお見舞いの意を表するとともに東日本大震災でブータンより多大な支援をいただいたことに謝意を表しました。また、ブータンでは近年、新憲法が施行され議会制民主主義が進展したことに言及し、ブータンで提唱される「国民総幸福量(GNH)」の理念は世界の平和と安定を考える上でも広く受け入れられるべきであると述べました。更に、外交関係樹立25周年という記念すべき年に両陛下を日本にお迎えしたことは、既に良好な両国関係が更に発展していくことにつながる旨述べました。

続いて、ジグミ・ケサル国王陛下は、東日本大震災の地震被害にお見舞いの意を表するとともに同地震被害からの復旧・復興に取り組む日本及び日本国民の姿勢を「日本国民の皆さんは最悪の状況下でも静かな尊厳、自信、規律、心の強さをもって対処されました。そうした力を備えた日本には、素晴らしい未来が待っているでしょう。」と称えました。また、ブータンは、国際連合安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、日本がその中で指導的な役割を果たさなければならないと確信している旨述べるとともに、両国間でこれまで結ばれた絆をより強め、深めるための不断の努力を行っていくことの決意を表明されました。

最後に、平田参議院議長が、国王陛下がただいま親しくお話になったことは、国交樹立25周年の時宜を得たものであると述べ、東日本大震災からの復旧・復興に取り組む日本に対するブータンからの連帯の意の表明に謝意を表するとともに、同復旧・復興に際して国民総幸福量の理念が大きな助けになる可能性に言及しました。また、本年9月にブータン王国上院議長が参議院招待で訪日したこと、及びその後首相、両陛下が引き続き訪日されたことは、今後のより一層充実した両国関係を予感させる旨述べました。


歓迎会には、野田内閣総理大臣を始め衆参両院約460名の国会議員が参列しました。






衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.