衆議院

メインへスキップ

チュオン・タン・サン・ベトナム社会主義共和国主席夫妻歓迎会


平成26年3月18日(火)、国賓として来日したチュオン・タン・サン・ベトナム社会主義共和国主席夫妻が国会を訪問し、両院議長主催による歓迎会が衆議院議場において行われ、サン国家主席が演説を行いました。




伊吹衆議院議長は、歓迎の挨拶で、サン国家主席が長年に亘り日本とベトナムの友好関係の発展に多大な貢献をしてきたことに敬意を表し、東日本大震災への多大な支援に謝意を表しました。また、独立を護るための戦争により多くの犠牲を出したベトナムが、国民の勤勉さと粘り強さでめざましい経済発展を遂げ、今日、国際社会のなかで揺るぎない立場を確立したことに言及し、日本人は、ベトナム国民の勤勉さや粘り強さを見習うべきであると述べました。更に、近年、東アジアを巡る安全保障環境が厳しさを増すなか、地域の平和と安定のため、国家主席の訪日により両国の協力関係が一層発展することを願うと述べました。

続いて、サン国家主席は、冒頭、2011年6月に訪日した際に日本国民から不屈の精神とふるさとを建て直す決意を感じたと言及し、今回の訪日で東日本大震災から3年を経た日本の力強い復興を目の当たりにし、うれしく思うと述べました。

日本はドイモイ(刷新)政策を推進するベトナムの工業化・近代化における重要なパートナーであり、工業化・近代化目標の実現に対する日本からの投資や政府開発援助(ODA)を通じた貢献に感謝すると共に今後も支援に期待していると述べ、また、昨年ベトナム訪問の日本人が約60万人、日本訪問のベトナム人が約8万人に上ったことは、国民交流と文化・観光分野での協力が力強く発展していることを示すものであると強調しました。

そして、過去40年間の両国関係の発展には、友好議員連盟など国会の力強い支援があるとし、両国国会間の良好な関係は、両国議員が贈呈しあったベトナムの蓮と日本の大賀蓮のように不断に育まれてきたものであると述べました。

世界が日々厳しく顕在化する試練に直面する中、海上紛争に関しては、関係国は自制し、状況を複雑化してはならず、武力の行使及び武力による威嚇を行ってはならない、また、ベトナムは、日本が国連安保理常任理事国となり、国際社会で相応しい役割と地位を占め、地域と世界の平和・安定・協力と発展に積極的に貢献することを支持するとし、更に、ベトナムは、ASEAN・日本の戦略的パートナーシップ関係を促進し、共に平和で安定し繁栄する地域を目指すことに貢献するべく全力を尽くすと述べました。

結びに、日本国民と日本の繁栄と幸福、そして、両国国会間の友好と協力が、両国国民の利益のため、更に、地域と世界の平和・安定・協力と発展のため不断に強化・発展することを祈念すると述べました。

最後に、山崎参議院議長は、東日本大震災の際にベトナム国民から物心両面にわたる多大な支援を受けたことに触れ、復興に取り組む日本に対するサン国家主席からの温かい励ましのお言葉に謝意を表しました。また、両国は戦略的パートナーシップの下、経済だけではなく、政治的対話、文化交流、人の往来などの協力関係を深めており、今日の豊かな二国間関係は喜ばしく、昨年、外交関係樹立40周年を迎えた両国にとって、今回の訪日は、友好協力関係を更なる高みへと導く契機として、意義深いものであると確信していると述べました。

歓迎会には、安倍内閣総理大臣を始め衆参両院約440名の国会議員が参列しました。






衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.