衆議院

メインへスキップ

全国戦没者追悼式における横路衆議院議長追悼の辞
(平成24年8月15日)

横路衆議院議長は、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。


全国戦没者追悼式における議長追悼の辞




天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が行われるにあたり、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

先の大戦では、戦禍の犠牲になられた方々は三百十万人にのぼりました。その方々のご無念を想うと、今もなお尽きることのない悲しみが込み上げてまいります。国の内外すべての戦禍の犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、最愛の肉親を失い、苦難の戦後を生き抜いてこられたご遺族の皆様に、深くお見舞いを申し上げます。

終戦から六十七年が経ち、戦争を体験された方々の高齢化が進んで、戦争の風化が強く懸念されています。砲弾が飛び交う中で戦った恐怖の記憶、幼子を連れて空襲の炎の中を逃げまどった記憶、焼け野原をさまよった記憶も薄らいできつつあるようです。今を生きる私たちがなすべきことは、戦争という過ちを二度と繰り返さないため、過去を思い起こし、「記憶を持ち続ける」ことです。

そして、そのための努力は全国で行われています。広島、長崎では被爆の実相を、沖縄では激しかった地上戦を、東京では東京大空襲を、そして戦地での苛烈な戦場の様子は元兵士の皆さんが語ってくれています。自分たちが体験したことを二度と日本の国民、世界の人々が体験することのないように、平和への思いを込めて語っておられるのです。また、広島の原爆に耐えた青桐の木の種子は、広島の心とともに全国の小中学校へ届けられています。長崎では高校生が平和大使として、国の内外に核廃絶を訴えています。

ユネスコ憲章に「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と述べられています。今日八月十五日、私たちは改めて一人ひとりの心の中に平和のとりでを作っていくことが戦没者の皆さんに応えるみちであると信じます。

本年、沖縄は本土復帰四十周年を迎えました。苛酷な地上戦を物語るかのように戦時中の不発弾がいまも発見されるなど、戦争の傷が癒えることはありません。また、広大な米軍基地が依然として存在し、県民の方々は日常的に騒音や事故の危機と隣り合わせの生活を余儀なくされています。沖縄の過重な基地負担が具体的に目に見える形で軽減されることが必要であります。

我が国は戦後、唯一の被爆国として、核の脅威と平和の大切さを訴えてまいりました。あのときの「黒い雨」がなお人々を苦しめているのです。その一方で、原子力発電を核の平和利用として推進してきましたが、福島第一原発の事故が発生し、人々の故郷や普通の暮らしは根こそぎ奪われ、現在の社会や産業、そして生活のあり方そのものについて考えさせられました。我々は、広島、長崎、そして第五福竜丸の被爆で身をもって核の恐ろしさを知ったはずであるにもかかわらず、いつしか原子力の安全性を十分問わないままに依存してきたことを深く反省し、その上で、中長期的な視点に立って、原発からの脱却も含めてエネルギー政策の転換を図っていく必要があります。

今年の広島市平和記念式典で子ども代表が誓った、平和はわたしたちでつくるものです。違いを認め合い、相手の立場になって考えることも平和です。思いを伝え合い、力を合わせて支え合うことも平和です。平和をつくり続けるため、仲間とともに、行動していくことを誓います、という言葉が心に響いています。私たちは、日本国憲法の平和の理念を改めて深く心に刻み、恒久平和の実現に向けて、引き続き全力を傾けて取り組んでいくことをお誓い申し上げますとともに、戦没者のみたまの安からんことを心よりお祈りして、追悼の言葉といたします。



平成二十四年八月十五日


衆議院議長  横路孝弘
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.