衆議院

メインへスキップ

全国戦没者追悼式における伊吹衆議院議長追悼の辞
(平成25年8月15日)


伊吹衆議院議長は、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。


全国戦没者追悼式における議長追悼の辞


天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、衆議院を代表して、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

先の大戦では多くの尊い命が失われました。国の安泰を願い、家族を案じつつ、戦場で或いは爆撃による戦禍の犠牲となられた方々、飢えのなかで生命を全うできなかった人々のご無念を思うと、万感胸に迫るものがあります。愛する家族を失われたご遺族の悲しみは、察するに余りあります。心より諸霊のご冥福を祈り、ご遺族にお見舞い申し上げます。

また、未だに多くのご遺骨が遠い異境の地に残されています。望郷の念を抱きながら、戦場に斃れ、祖国に戻ることの叶わないご遺骨が一刻も早く故郷日本に戻れるよう努力することも、また国の責務であります。

戦後、我が国は、国民の不断の努力により平和で美しく、豊かな国日本を築き上げてまいりました。しかし、国際社会では、未だに領土拡張の風潮、テロリズム、核の脅威、宗教や民族の違いによる地域紛争が存在しています。また、日本をとりまく安全保障環境も国際法の枠を越える行為により厳しさを増しています。

戦後六十八年が経過し、戦争を実体験した世代も少なくなってまいりました。痛ましい犠牲の上に得られた、平和と豊かさを当り前と思わず、あのつらく悲惨な体験を風化させることなく後世へと伝えていくことは、今を生きる私達の日本の将来のための責務でもあります。国民から選挙を通じて主権を委ねられている唯一の国家機関に属する我々国会議員は、日本国の主権を維持し、世界平和のうちに日本国民の暮らしを守っていくことに全力で取り組まなければなりません。

結びに戦没者の御霊の安らかならんことをお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様の心の平安とご健勝を祈念いたしまして追悼の言葉といたします。


平成二十五年八月十五日


衆議院議長  伊吹文明


衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.