衆議院

メインへスキップ

全国戦没者追悼式における伊吹衆議院議長追悼の辞
(平成26年8月15日)


伊吹衆議院議長は、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。


全国戦没者追悼式における議長追悼の辞


天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、衆議院を代表して、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

先の大戦では多くの尊い命が失われました。祖国の平和と発展、家族の安寧を願いつつ、戦場で或いは爆撃による戦禍の犠牲となられた方々、直接戦争に巻込まれなくても飢えや病に斃れた方々のご無念を思うと、誠に哀惜の念に堪えません。愛する家族を失われたご遺族の悲しみは、伯父を二人失った私の限られた経験からしても、筆舌に尽くしがたいものがあると存じます。心より諸霊のご冥福を祈り、ご遺族の皆様にお見舞い申し上げます。

また、未だに多くのご遺骨が国内外の戦地に取り残されており、望郷の念を抱きながら、今なお戦場に眠るご遺骨が一刻も早くご遺族のもとに戻れるよう努力することも、また国の責務であります。

戦後、我が国は、国民の懸命の努力により平和で美しく、豊かな国日本を取り戻し、更に発展させてまいりました。しかし、世界各地の今日の状況に目を向ければ、未だに領土拡張の風潮、テロリズム、核の脅威、宗教や民族の違いによる地域紛争は絶えることがありません。我が国をとりまく国際環境も目まぐるしく変化し、力による現状変更の現実は予断を許さない状況にあります。

戦後六十九年が経過し、戦争を実体験した世代は今後ますます少なくなってまいります。今日、私達が享受している平和や豊かさは、先人たちの大きな犠牲の上に得られたものであることを心に刻み、あのつらく悲惨な体験を風化させることなく後世へと伝えることは、日本の将来のために今を生きる私達、特に戦争を何らかの形で実体験した世代が果たさなければならない責務であります。国民から選挙を通じて主権を委ねられている我々国会議員は、最高法規である日本国憲法の精神を大切に、日本国の主権を維持し、世界平和のうちに日本国民の暮らしを守っていくことに全力で取り組みたいと存じます。

結びに戦没者の御霊の安らかならんことをお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様の心の平安とご健勝を祈念いたしまして追悼の言葉といたします。


        平成二十六年八月十五日


衆議院議長  伊吹  文明





衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.