衆議院

メインへスキップ

全国戦没者追悼式における大島衆議院議長追悼の辞
(平成27年8月15日)


大島衆議院議長は、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。


全国戦没者追悼式における議長追悼の辞


天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、衆議院を代表して、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

先の大戦では多くの尊い命が失われました。祖国の平和と発展、家族の安寧を願いつつ、戦場に斃れ、あるいは戦禍の犠牲となられた方々、戦争に起因する飢えや病により命を落とされた方々のご無念を思うと、痛惜の念を禁じ得ません。そして、かけがえのない家族を失ったご遺族の心情は察するに余りあります。心より諸霊のご冥福を祈り、ご遺族の皆様にお見舞い申し上げます。

広島・長崎の原爆投下、終戦から七十年が経ちました。我が国は、焦土の中から立ち上がり、先人たちの懸命の努力により、技術を磨き、経済発展を成し遂げ、アジアにおいていち早く「豊かさ」を体現する国家となりました。同時に、我が国は戦後一貫して自由、民主主義、基本的人権の尊重、法の支配、平和主義を基礎とし、国際協調の中でアジアと世界の平和と安定に貢献してまいりました。

しかし、どれだけ月日が流れても、今日、我々が享受している平和や豊かさは、先人たちの多大な犠牲の上に得られたものであることを決して忘れてはいけません。戦争の惨禍を二度と繰り返さないためには、あの凄惨な歴史を風化させることなく次世代へと継承していくとともに、過去に学び、これから先何をなすべきかを真摯に考え、行動する必要があります。

今日の世界の状況に目を向けると、紛争や武力衝突が各地で発生し、争いが絶えることはありません。我が国をとりまく環境が複雑さを増す中、これまで以上に、我が国が地域と国際社会の平和と安定のために果たすべき役割が高まっていると感じます。戦後七十年の節目の年を迎え、我々国会議員は、改めて先の大戦に思いをいたし、日本国憲法の理念の下、日本国民の暮らしを守るため、そして、恒久平和の実現に向けて全力を尽くしていかなければなりません。

結びに戦没者の御霊の安らかならんことをお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様の心の平安とご健勝を祈念いたしまして追悼の言葉といたします。


        平成二十七年八月十五日


衆議院議長  大島  理森





衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.