衆議院

メインへスキップ

全国戦没者追悼式における大島衆議院議長追悼の辞
(平成29年8月15日)


大島衆議院議長は、日本武道館で行われた全国戦没者追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。


全国戦没者追悼式における議長追悼の辞


天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式が挙行されるにあたり、衆議院を代表して、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

熾烈を極めた先の大戦において、数多くの尊い生命が失われました。国の安泰を願い、家族の安寧を念じながら、戦場で或いは爆撃による戦禍の犠牲となられた方々、そして戦争による飢餓や窮乏、病気により命を落とされた方々のご無念を思うと、今もなお尽きることのない悲しみが込み上げてまいります。ここに、戦争の犠牲になられた方々に対し、衷心より哀悼の誠を捧げます。また、かけがえのない家族を失われたご遺族の皆様に対しまして、深くお見舞い申し上げます。

先の大戦が終結して、七十二年が経過いたしました。我が国は壊滅的な被害を受けながらも、国民の不断の努力により、経済的発展を飛躍的に成し遂げました。また、本年は、日本国憲法施行七十周年という記念すべき年となりますが、その間、我が国は平和主義を掲げた新憲法のもと、アジアと世界の平和と安定のために貢献してまいりました。

しかし、今日もなお、テロリズム、核の脅威、地域紛争など世界が協調して取り組むべき課題が山積しています。正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する我が国が、国際社会の平和と安定のために果たすべき役割はますます高まっているものと感じております。

戦後七十年以上が経過し、先の大戦を肌で感じたことのない世代が国民の大半を占めるようになりました。先人たちの尊い犠牲の上に、今日の我が国の平和と豊かさがあることを、この機に改めて肝に銘じ、あの凄惨な歴史を風化させることなく後世に継承していくことが、私たちの使命であります。

我々国会議員は、改めて先の大戦に思いをいたし、また日本国憲法の基本理念を心に刻み、戦争の惨禍が二度と繰り返されることのないよう、国民の信託に応え、世界の平和と安定、国民生活の安定と向上のために力を尽くしてまいる所存であることを、堅くお誓い申し上げます。

結びに、戦没者の御霊の安らかならんことを心からお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様のご平安とご健勝を切に祈念いたしまして、追悼の言葉といたします。


        平成二十九年八月十五日


衆議院議長  大島 理森





衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.