衆議院

メインへスキップ

東日本大震災八周年追悼式における衆議院議長追悼の辞


大島衆議院議長は、平成31年3月11日に国立劇場で行われた東日本大震災八周年追悼式で、次のとおり、追悼の辞を述べ献花しました。





東日本大震災八周年追悼式における衆議院議長追悼の辞


秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、東日本大震災八周年追悼式が行われるに当たり、謹んで追悼の言葉を申し述べます。

八年前の今日、東北地方を中心に東日本を突然襲った大地震とそれに伴う津波により、多くの尊い命が失われました。また、現在もなお二千五百人以上の方々が行方不明となっており、捜索活動が続けられております。犠牲となられた方々に哀悼の意を表するとともに、御遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。

被災された皆様は、被災地や避難先で不自由な生活を送りながらも、互いに手を取り合い、幾多の困難を乗り越えて、復旧・復興に力を傾けてこられました。また、国内外の多くの方々から多岐にわたる支援をいただきました。全ての関係者の皆様に対し、改めて衷心より敬意と謝意を表します。

震災から八年の歳月が経過し、被災地では住宅の再建や産業の再生が着実に進んできております。一昨日の釜石花巻道路の全線開通や、来年春に見込まれるJR常磐線の全線開通など、交通・物流網も整備されつつあります。また、東京電力福島第一原子力発電所では、燃料デブリとみられる堆積物を特殊機器で持ち上げることができたとのことで、廃炉への長い道のりにも一筋の光が差し込んできております。

昨年福島県では、全国植樹祭が開催されました。天皇皇后両陛下には、津波で被害を受けた南相馬市の海岸防災林整備地において、様々な樹種の苗木をお手植えになりました。これらの苗木が力強く育っていくことをお祈りしますとともに、被災地が一層緑豊かで美しい環境になるよう願ってやみません。

また、来年の東京オリンピック・パラリンピックでは、震災からの復興の後押しとなるよう、被災地での聖火リレーや一部競技の開催などが、被災地と連携して実施されることとなっております。本大会が復興の象徴として「復興五輪」と呼ぶにふさわしいものとなることを、大いに期待しております。

未来への希望が育まれる一方で、避難生活の長期化や災害公営住宅への移転等に伴い、被災者の方々の心身のケアやコミュニティの形成、子どもたちへの支援が重要な課題となっております。また、依然として科学的根拠に基づかない風評被害や差別・偏見が見られ、対応が急務であります。震災の記録と記憶を風化させることなく継承していくことも不可欠です。衆議院といたしましては、引き続き被災された皆様の心に寄り添いながら諸課題に真摯に取り組み、復興・再生の加速化と減災・防災対策のために尽力してまいる所存です。

結びに、震災で亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げますとともに、御遺族の皆様の御平安を切に祈念いたしまして、追悼の言葉といたします。



平成三十一年三月十一日

衆議院議長    大島理森


衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.