衆議院

メインへスキップ



法律第百三十二号(昭三八・七・一〇)

  ◎昭和三十八年四月から六月までの長雨についての天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法の適用の特例に関する法律

 (趣旨)

第一条 この法律は、昭和三十八年四月から六月までの長雨(以下「長雨」という。)による麦等の農作物の被害が広範かつ大規模であつて、その国民経済及び民生に及ぼす影響が著しいことにかんがみ、これに対処する措置として、天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法(昭和三十年法律第百三十六号。以下「法」という。)の適用の特例について規定するものとする。

 (法の特例)

第二条 長雨が法第二条第一項の規定により同項の天災として指定された場合における長雨についての法の適用については、法第二条第二項中「又は天災による果樹」とあるのは「、天災による果樹」と、「(開拓者にあつては百分の四十)以上である旨」とあるのは「(開拓者にあつては百分の四十)以上である旨又は天災による麦その他の政令で定める農作物の減収による損失額の合計が平年における当該農作物(四月から六月までの期間に栽培されるものに限る。)による収入額の合計の百分の八十(開拓者にあつては百分の七十)以上である旨」とし、同条第四項第二号中「期限以内のものであること。」とあるのは「期限以内のものであり、かつ、特別被害地域内において農業を営む特別被害農業者に貸し付けられる場合にあつては、その償還期限内において、据置期間が、六月以上一年以内のものであること。」とする。

   附 則

 この法律は、公布の日から施行する。

(大蔵・農林・内閣総理大臣署名) 

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.