衆議院

メインへスキップ



第1号 平成17年10月4日(火曜日)

会議録本文へ
本委員は平成十七年九月二十二日(木曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。

      秋葉 賢也君    井上 信治君

      稲田 朋美君    近江屋信広君

      太田 誠一君    笹川  堯君

      塩崎 恭久君    柴山 昌彦君

      田村 憲久君    谷  公一君

      早川 忠孝君    平沢 勝栄君

      松島みどり君    三ッ林隆志君

      三原 朝彦君    水野 賢一君

      森山 眞弓君    保岡 興治君

      柳澤 伯夫君    柳本 卓治君

      吉野 正芳君    石関 貴史君

      枝野 幸男君    河村たかし君

      玄葉光一郎君    高山 智司君

      津村 啓介君    平岡 秀夫君

      伊藤  渉君    漆原 良夫君

      保坂 展人君    滝   実君

      今村 雅弘君    山口 俊一君

九月二十二日

 塩崎恭久君が議院において、委員長に選任された。

平成十七年十月四日(火曜日)

    午後五時十八分開議

 出席委員

   委員長 塩崎 恭久君

   理事 田村 憲久君 理事 早川 忠孝君

   理事 平沢 勝栄君 理事 三原 朝彦君

   理事 吉野 正芳君 理事 高山 智司君

   理事 平岡 秀夫君 理事 漆原 良夫君

      秋葉 賢也君    井上 信治君

      稲田 朋美君    遠藤 宣彦君

      近江屋信広君    笹川  堯君

      柴山 昌彦君    谷  公一君

      松島みどり君    松本 洋平君

      三ッ林隆志君    石関 貴史君

      枝野 幸男君    河村たかし君

      玄葉光一郎君    松本 大輔君

      伊藤  渉君    保坂 展人君

      滝   実君    今村 雅弘君

      山口 俊一君

    …………………………………

   法務大臣         南野知惠子君

   法務副大臣        富田 茂之君

   法務大臣政務官      三ッ林隆志君

   法務委員会専門員     小菅 修一君

    ―――――――――――――

委員の異動

十月四日

 辞任         補欠選任

  太田 誠一君     遠藤 宣彦君

  水野 賢一君     松本 洋平君

  津村 啓介君     松本 大輔君

同日

 辞任         補欠選任

  遠藤 宣彦君     太田 誠一君

  松本 洋平君     水野 賢一君

  松本 大輔君     津村 啓介君

    ―――――――――――――

十月四日

      田村 憲久君    早川 忠孝君

      平沢 勝栄君    三原 朝彦君

      吉野 正芳君    高山 智司君

      平岡 秀夫君    漆原 良夫君

 が理事に当選した。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の互選

 国政調査承認要求に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

塩崎委員長 これより会議を開きます。

 この際、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、前国会に引き続き法務委員長の重責を担うことになりました塩崎恭久でございます。

 国民生活の根本にかかわる重要な問題が山積している中で、本委員会の使命はまことに重大であると考えております。

 委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会の運営に努めてまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願いをいたしたいと思います。

     ――――◇―――――

塩崎委員長 これより理事の互選を行います。

 理事の員数は八名とし、先例により、委員長において指名することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

塩崎委員長 御異議なしと認めます。

 それでは、理事に

      田村 憲久君    早川 忠孝君

      平沢 勝栄君    三原 朝彦君

      吉野 正芳君    高山 智司君

      平岡 秀夫君    漆原 良夫君

を指名いたします。

     ――――◇―――――

塩崎委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 裁判所の司法行政に関する事項

 法務行政及び検察行政に関する事項

 国内治安に関する事項

 人権擁護に関する事項

以上の各事項につきまして、本会期中調査をいたしたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

塩崎委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

塩崎委員長 この際、南野法務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。南野法務大臣。

南野国務大臣 このたび、再度、法務大臣の重責を担うことになりました。委員長を初め委員の皆様方には、今後とも、なお一層の御指導、御協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 さて、法務行政の諸課題に対しましては、さきの通常国会において申し述べさせていただいた方針を引き続き堅持し、その解決に向けて全力で取り組む所存でございますが、特別国会における本委員会開会の冒頭に当たり、二つの事項につきまして改めて申し述べさせていただきます。

 その一つは、司法制度改革についてであります。

 小泉内閣が標榜する構造改革については、このたびの総選挙を通じて国民の信任をいただいたところでありますが、構造改革を進めるためにも、司法制度の充実強化が不可欠であります。

 司法制度改革は、今や、定められた改革のさまざまなプログラムを着実に実施に移す段階に至っております。特に、改革の趣旨の実現に不可欠な総合法律支援構想の中心となる日本司法支援センターについては、法テラスとの愛称、ロゴが先日決定されたと聞いておりますが、来年四月の発足に向け、同センターを文字どおり国民に身近でお役に立てるものとすべく力を尽くしてまいります。また、国民の司法参加を実現する裁判員制度については、制度開始まで四年を切っているところでありますが、最高裁判所等と連携しつつ、政府全体として、さらに国民の理解を得てその参加意識を高めるための啓発活動等に一層努めてまいります。

 なお、今国会に、裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案、検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案及び最高裁判所裁判官退職手当特例法の一部を改正する法律案を提出させていただいておりますが、いずれも、一般の政府職員の給与改定等の機会に、司法の担い手である裁判官、検察官の給与等を見直し、より国民の理解を得ることができるものとしようとするものであり、皆様の御理解をいただきますようお願い申し上げます。

 その二は国民の安心、安全の確保についてであります。

 安心・安全な国日本の復活は、小泉内閣の一貫した公約であるとともに、国民の願いそのものであると受けとめております。今や国民にとって犯罪被害は他人事でなくなり、特に子供や女性、老人といった弱者は、その思いを強く抱いており、この不安を少しでも和らげることは政府の喫緊の課題であります。

 このため、法務省におきましては、省内に再犯防止対策推進委員会を発足させるなどして省を挙げて効果的な再犯防止策の策定と推進に取り組んでいるところであり、一層その充実に努めます。

 安心・安全な国日本の復活のためには、刑事に関する体制の充実はもちろん、時代の要請に即応した法整備を図ることも重要な課題であります。特に、提出させていただいている犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案については、国際的な観点からも緊急の対応が求められている分野に係るものであり、同法律案を一日も早く成立させていただきますようお願い申し上げます。

 このほか、法務行政が抱える課題は山積し、その一つ一つがいずれも重い内容のものばかりでありますが、委員長を初め委員の皆様の御理解と御指導のもと、法務大臣として、強い指導力を発揮し、富田副大臣及び三ッ林大臣政務官とともに、国民のために積極的に諸課題に取り組む決意でありますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

塩崎委員長 次に、富田法務副大臣及び三ッ林法務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。富田法務副大臣。

富田副大臣 このたび、法務副大臣を仰せつかりました富田茂之でございます。

 これまで大臣政務官として培った経験を生かし、南野大臣を補佐し、国民に身近でわかりやすい法務行政を実現できるよう努めてまいります。

 委員長を初め委員の皆様方から一層の御指導、御支援を賜りまして、重責を果たしてまいりたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

塩崎委員長 次に、三ッ林法務大臣政務官。

三ッ林大臣政務官 法務大臣政務官の三ッ林隆志でございます。

 重責ではございますが、南野法務大臣、富田法務副大臣のもとに、よき補佐役として、時代の要請にかなった法務行政の推進のため、誠心誠意努めてまいります。

 委員長を初め委員の皆様方の御指導、御支援をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

塩崎委員長 次回は、明五日水曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後五時二十五分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.