衆議院

メインへスキップ



第3号 平成26年3月7日(金曜日)

会議録本文へ
平成二十六年三月七日(金曜日)

    午前八時五十分開議

 出席委員

   委員長 江崎 鐵磨君

   理事 大塚  拓君 理事 土屋 正忠君

   理事 盛山 正仁君 理事 吉野 正芳君

   理事 階   猛君 理事 西田  譲君

   理事 遠山 清彦君

      安藤  裕君    池田 道孝君

      小田原 潔君    門  博文君

      神山 佐市君    菅家 一郎君

      黄川田仁志君    小島 敏文君

      古賀  篤君    白須賀貴樹君

      末吉 光徳君    中村 裕之君

      橋本  岳君    鳩山 邦夫君

      平口  洋君    三ッ林裕巳君

      宮澤 博行君    郡  和子君

      横路 孝弘君    高橋 みほ君

      大口 善徳君    椎名  毅君

      鈴木 貴子君

    …………………………………

   法務大臣         谷垣 禎一君

   法務副大臣        奥野 信亮君

   法務大臣政務官      平口  洋君

   法務委員会専門員     矢部 明宏君

    ―――――――――――――

委員の異動

三月七日

 辞任         補欠選任

  大見  正君     中村 裕之君

  今野 智博君     白須賀貴樹君

同日

 辞任         補欠選任

  白須賀貴樹君     今野 智博君

  中村 裕之君     大見  正君

    ―――――――――――――

三月六日

 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出第一三号)

同月七日

 国籍選択制度の廃止に関する請願(荒井聰君紹介)(第二四四号)

 同(近藤昭一君紹介)(第二四五号)

 同(高木美智代君紹介)(第二七一号)

 同(辻元清美君紹介)(第二七二号)

 もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに関する請願(荒井聰君紹介)(第二四六号)

 同(近藤昭一君紹介)(第二四七号)

 同(高木美智代君紹介)(第二七三号)

 同(辻元清美君紹介)(第二七四号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出第一三号)


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

江崎委員長 これより会議を開きます。

 内閣提出、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を議題といたします。

 趣旨の説明を聴取いたします。谷垣禎一法務大臣。

    ―――――――――――――

 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

谷垣国務大臣 おはようございます。

 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。

 この法律案は、下級裁判所における事件の適正かつ迅速な処理を図るため、判事の員数を増加するとともに、裁判所の事務を合理化し及び効率化することに伴い、裁判官以外の裁判所の職員の員数を減少しようとするものでありまして、以下、その要点を申し上げます。

 第一点は、裁判官につき、判事の員数を三十二人増加しようとするものであります。これは、民事訴訟事件及び家庭事件の適正かつ迅速な処理を図るため、判事の員数を三十二人増加しようとするものであります。

 第二点は、裁判官以外の裁判所の職員の員数を三十六人減少しようとするものであります。これは、民事訴訟事件及び家庭事件の適正かつ迅速な処理を図るため、裁判所書記官を四十四人増員するとともに、他方において、裁判所の事務を合理化し及び効率化することに伴い、技能労務職員等を八十人減員し、以上の増減を通じて、裁判官以外の裁判所の職員の員数を三十六人減少しようとするものであります。

 以上が、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案の趣旨であります。

 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに可決くださいますようお願いいたします。

江崎委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。

 次回は、来る十四日金曜日委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前八時五十二分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.