衆議院

メインへスキップ



昭和二十三年十一月十九日提出
質問第五号

 昭和二十四年度施用肥料配給に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十三年十一月十九日

提出者  河口陽一

          衆議院議長 松岡駒吉 殿




昭和二十四年度施用肥料配給に関する質問主意書


一、肥料生産力の向上と連合軍の輸入許可により化学肥料の配給量は、漸次上昇の傾向にあるは承知せるも、昭和二十四年度に農家が施用できる窒素燐酸加里肥料(いずれも化学肥料のみ)の配給さるる数量及び戰前の使用量に対する各パーセンテージ如何。
二、北海道において昭和二十三年度施用配給肥料のうち窒素は、戰前と同量なるも、燐酸四八%、加里一一%と聞くが、北海道農業の如き熱と光に惠まるること少き、氣候冷凉にして発育期間の短き地帶は、特に燐酸加里肥料を必要とするが、これに対し政府は如何なる考慮を配給面に拂つているか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.