衆議院

メインへスキップ



昭和二十五年十二月一日提出
質問第一三九号

 麦の追加供出後の対策に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十五年十二月一日

提出者  風早八十二

          衆議院議長 (注)原喜重(注) 殿




麦の追加供出後の対策に関する質問主意書


 東京都下日野町の麦の追加割当は、本年度において二、五二一石三斗である。今年度は赤さび病で七割減收となつているが、町当局はこの実情を無視して供出をやつたので、そのため、農民は次のような方法で供出した。
 1 買入れて供出したもの
 2 親せきから借りて供出したもの
 3 おかぼの早苅りで交換して供出したもの
 このような実情に対して、政府はいかなる対策を講ずるか。
 又、供出した結果保有量が減つたので、一箇月の増加を要求し、又、五等麦によつてなされた還元配給をなされているが、手持金がないため断つている。これに対する対策如何。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.