衆議院

メインへスキップ



昭和二十八年二月十二日提出
質問第二五号

 結核療養所設置方針に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十八年二月十二日

提出者  中村高一

          衆議院議長 大野(注)睦 殿




結核療養所設置方針に関する質問主意書


一 結核療養所の設置については、住宅の密集せる所、学校の附近等許可すべきものではないと思うが、政府の方針を質問する。
一 病院設置の場合は、関係町村の意見を聴く必要ありと思うが如何。
一 例えば、東京都北多摩郡東村山町回田もと陸軍少年通信兵学校跡は、現在、町立東村山町管理住宅、東村山中学校、財団法人昭和会本部並びに関東電気通信局東村山共同宿舍となり、生徒一千余名、住民二千人をこえ、隆隆発展の途上にある。
  しかるに、大蔵省は、旧軍事施設を所管する立場より、この地に非現業共済組合の綜合病院の名の下に、開放性結核患者を多数収容する目的をもつて、結核療養所の建設を企図しているが、政府の方針との関係如何。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.