衆議院

メインへスキップ



昭和二十八年十一月二日提出
質問第四号

 水道用石綿セメント管に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和二十八年十一月二日

提出者  庄司一(注)

          衆議院議長 堤 康次(注) 殿




水道用石綿セメント管に関する質問主意書


一 わが国、現下の水道用石綿セメント管は、日本工業標準調査会の審議の結果、「日本工業規格」として
 イ セメントはポルトランド・セメントに規定するものを用いる。
 ロ 石綿は品質良好な精製品を用いること。
 ハ 有機質繊維、その他のものを用いてはならない。
 ニ 石綿とセメントの配合の割合いは規定の重量を標準とする。
  等々のそれぞれの規格がある。
  しからば当局においては以上の規格を遵守させる指導、監督を実施されていると信ずるが如何。
二 しかるに、近時、石綿セメント管施工の水道工事中には応々、前述の規定に従わぬ不適格なものを購買、使用している市町村団体があると聞いているが、所管大臣の所見如何。
三 前記「二」の証拠としては東京都立工業奨励館長橋本宇一氏の「成績書」によれば例えば「秩父パイプ」のごときは
 イ 有機質繊維が微量認められる。(T1)
 ロ 有機繊維が微量認められる。(T2)
 とあり、例え微量なりといえども許しがたきものと思われるが、所管大臣の御所見及び対策如何。
四 右質問者の念願は、目下、災害、水害等にて各地水道の補修、再建等の施工の多い場合、不適格なセメント管によつて爆発、あるいは破損等の起り得る可能性を可及的未前に防止するにある。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.