衆議院

メインへスキップ



昭和四十八年三月十四日提出
質問第六号

 核兵器と憲法との関係に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和四十八年三月十四日

提出者  永末英一

          衆議院議長 中村梅吉 殿




核兵器と憲法との関係に関する質問主意書


 三月十三日の衆議院予算委員会において、田中総理は私の質問に答え、「核兵器は攻撃的な兵器」であり、「憲法に背反」するとの見解を明らかにされた。
 この見解は、これまで政府が、昭和三十二年五月参議院予算委員会での岸首相の発言、昭和三十九年三月参議院予算委員会での林内閣法制局長官の発言、昭和四十年十二月参議院日韓特別委員会での佐藤首相ならびに高(注)内閣法制局長官の発言等で明らかにしてきた「防衛目的に限つた戦術核兵器は合憲」という見解を政府自ら変更したものと考えられるがどうか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.