衆議院

メインへスキップ



昭和六十一年十二月三日提出
質問第二三号

 国鉄改革関連法成立後の財団法人鉄道弘済会に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  昭和六十一年十二月三日

提出者  坂上富男

          衆議院議長 原 健三郎 殿




国鉄改革関連法成立後の財団法人鉄道弘済会に関する質問主意書


 国鉄改革関連法(以下「新法」という。)が成立後の財団法人鉄道弘済会について、次の事項について質問する。

一 現在の財団法人鉄道弘済会の根拠法令は何か。
二 新法後の鉄道弘済会はどのような組織形態となるか。
三 国鉄余剰人員の受入れを鉄道弘済会はするのか。
  その結果、鉄道弘済会の職員に及ぼす影響については、どのような措置をとるのか。
四 鉄道弘済会に対する新たな別の立法を考えているか。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.