衆議院

メインへスキップ



平成十二年五月二十三日提出
質問第三二号

「大規模年金保養基地」構想に関する質問主意書

提出者  保坂展人




「大規模年金保養基地」構想に関する質問主意書


 厚生省所管の特殊法人・年金福祉事業団は一九八〇年、「厚生年金保険及び国民年金の受給者が生きがいのある有意義な老後生活を送るための場を提供するとともに、これら年金制度の加入者及びその家族等の健全、かつ、有効な余暇利用に資すること」を目的に大規模年金保養基地の創設を決めた。だが、その施設の利用状況は芳しくなく、一九九七年六月には「大規模年金保養基地業務からは撤退する」という閣議決定がなされる。大規模年金保養基地業務からの撤退に至った経緯やその責任の所在を明らかにするため、以下のとおり質問する。

一 「大規模年金保養基地」の構想は誰が発案者だったのか、答弁されたい。
二 「大規模年金保養基地」の構想が、厚生省で具体的に検討されるようになってから、省議決定に至るまでの経過について答弁されたい。
三 「大規模年金保養基地」の構想が省議で決定された日と、省議参加メンバーの氏名、官職名を回答されたい。
四 南東北基地(岩沼地区、二本松地区)と北九州基地(八女地区、久木野地区)は、どのような事情から複合型基地となったのか、回答されたい。

 右質問する。



衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © Shugiin All Rights Reserved.