衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  166
 本会議年月日  平成19年5月8日(火)
 開会時刻  午後 2時33分
 散会時刻  午後 5時 2分


 開会午後二時三十三分
 日程第一 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正
  する法律案(内閣提出) 
  右議案を議題とし、環境委員長の報告の後、委員長報告のとおり可
  決した。
 日程第二 武力紛争の際の文化財の保護に関する条約の締結について
  承認を求めるの件
 日程第三 武力紛争の際の文化財の保護に関する議定書の締結につい
  て承認を求めるの件
 日程第四 千九百九十九年三月二十六日にハーグで作成された武力紛
  争の際の文化財の保護に関する千九百五十四年のハーグ条約の第二
  議定書の締結について承認を求めるの件
  右三件を一括して議題とし、外務委員長の報告の後、三件とも全会
  一致で委員長報告のとおり承認するに決した。 
 日程第五 消費生活協同組合法の一部を改正する等の法律案(内閣提
  出、参議院送付)
  右議案を議題とし、厚生労働委員長の報告の後、全会一致で委員長
  報告のとおり可決した。
 日程第六 更生保護法案(内閣提出)
  右議案を議題とし、法務委員長の報告があって討論の後、全会一致
  で委員長報告のとおり可決した。
 日本年金機構法案(内閣提出)及び国民年金事業等の運営の改善のた
 めの国民年金法等の一部を改正する法律案(内閣提出)について柳澤
 厚生労働大臣が、歳入庁設置法案(山井和則君外五名提出)、国民年
 金事業及び厚生年金保険事業の適切な財政運営に資するための国民年
 金法及び厚生年金保険法の一部を改正する法律案(山井和則君外五名
 提出)及び公的年金制度に対する国民の信頼の回復を図るための年金
 個人情報関係調査の実施等に関する法律案(山井和則君外五名提出)
 について提出者内山晃君が順次趣旨の説明をした。
 右の説明に対して谷畑孝君、長妻昭君、古屋範子君、高橋千鶴子君及
 び糸川正晃君が質疑をし、安倍内閣総理大臣、柳澤厚生労働大臣及び
 提出者山井和則君から答弁があった。
 散会午後五時二分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.