衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  176
 本会議年月日  平成22年11月16日(火)
 開会時刻  午後 1時 2分
 散会時刻  午後 5時 7分


 開会午後一時二分
 日程第一 平成二十二年度一般会計補正予算(第1号)
 日程第二 平成二十二年度特別会計補正予算(特第1号)
 日程第三 平成二十二年度政府関係機関補正予算(機第1号)
  右三案を一括して議題とし、予算委員長の報告、石破茂君の平成二
  十二年度一般会計補正予算(第1号)外二案につき撤回のうえ編成
  替えを求めるの動議(石原伸晃君外三名提出)の趣旨弁明があって
  、補正予算三案及び動議に対する討論をあわせて行った後、まず石
  原伸晃君外三名提出の動議を否決し、次に平成二十二年度一般会計
  補正予算(第1号)外二案を委員長報告のとおり可決した。
 日程第四 防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律の一部を改
  正する法律案(第百七十四回国会、内閣提出)
  右議案を議題とし、安全保障委員長の報告の後、委員長報告のとお
  り可決した。
 日程第五 外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北
  朝鮮を仕向地とする貨物の輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域と
  する貨物の輸入につき承認義務を課する等の措置を講じたことにつ
  いて承認を求めるの件(参議院送付)
  右件を議題とし、経済産業委員長の報告の後、全会一致で委員長報
  告のとおり承認するに決した。
 日程第六 原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とヨ
  ルダン・ハシェミット王国政府との間の協定の締結について承認を
  求めるの件
 日程第七 所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国
  とスイスとの間の条約を改正する議定書の締結について承認を求め
  るの件
 日程第八 所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止
  のための日本国とオランダ王国との間の条約の締結について承認を
  求めるの件
 日程第九 日本国の自衛隊とオーストラリア国防軍との間における物
  品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とオーストラリア政府
  との間の協定の締結について承認を求めるの件
  右四件を一括して議題とし、外務委員長の報告の後、まず日程第六
  ないし第八の三件を委員長報告のとおり承認するに決し、次に日程
  第九を委員長報告のとおり承認するに決した。
 地方交付税法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右議案は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、総務委員
  長の報告の後、委員長報告のとおり可決した。
 農林漁業者等による農林漁業の六次産業化の促進に関する法律案(第
 百七十四回国会、内閣提出)
  右議案は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、農林水産
  委員長の報告の後、全会一致で委員長報告のとおり修正議決した。
 平成二十年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(
 承諾を求めるの件)(第百七十三回国会、内閣提出)
 平成二十年度特別会計予算総則第七条第一項の規定による経費増額総
 調書及び各省各庁所管経費増額調書(承諾を求めるの件)(第百七十
 三回国会、内閣提出)
 平成二十年度決算調整資金からの歳入組入れに関する調書(承諾を求
 めるの件)(第百七十三回国会、内閣提出)
  右三件は、議事日程に追加して一括議題とするに決し、これを議題
  とし、決算行政監視委員長の報告の後、まず第一の案件を委員長報
  告のとおり承諾を与えるに決し、次に第二及び第三の両件を委員長
  報告のとおり承諾を与えるに決した。
 菅内閣総理大臣は、APEC首脳会議に関する報告について発言した
 。
 右の発言に対して長島昭久君、甘利明君、東順治君、吉井英勝君、中
 島隆利君及び柿澤未途君が質疑をし、菅内閣総理大臣、蓮舫国務大臣
 、大畠経済産業大臣、仙谷国務大臣、前原外務大臣、玄葉国務大臣、
 鹿野農林水産大臣及び野田財務大臣から答弁があった。
 散会午後五時七分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.