衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  176
 本会議年月日  平成22年11月26日(金)
 開会時刻  午後 7時33分
 散会時刻  午後10時 5分


 開会午後七時三十三分
 議長は、本日参議院から平成二十二年度一般会計補正予算(第1号)
 、平成二十二年度特別会計補正予算(特第1号)、平成二十二年度政
 府関係機関補正予算(機第1号)はいずれも否決した旨の通知を受領
 するとともに返付を受けた旨を報告した。
 議長は、国会法第八十五条第一項により本院は平成二十二年度一般会
 計補正予算(第1号)外二案について両院協議会を求めなければなら
 ない旨を告げた。
 平成二十二年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会協議委
 員の選挙
  右選挙は、その手続を省略して議長において直ちに指名することに
  決し、議長は、協議委員を次のとおり指名した。
    中井   洽君   中川  正春君   川内  博史君 
    武正  公一君   小林  興起君   岡島  一正君
    城井   崇君   高山  智司君   阿部  知子君
    下地  幹郎君
 原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法の一部を改正す
 る法律案(城島光力君外十名提出)
  右議案は、動議により議題とするに決し、これを議題とし、経済産
  業委員長の報告の後、委員長報告のとおり可決した。
 北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に関する決議案(川端達夫君外十四
 名提出)
  右議案は、動議により委員会の審査を省略して議題とするに決し、
  これを議題とし、提出者松野頼久君の趣旨弁明の後、全会一致で可
  決した。
  菅内閣総理大臣は、右の決議に対して政府の所見を述べた。
 二〇二二年ワールドカップサッカー大会招致に関する決議案(川端達
 夫君外十三名提出)
  右議案は、動議により委員会の審査を省略して議題とするに決し、
  これを議題とし、提出者逢沢一郎君の趣旨弁明の後、全会一致で可
  決した。
  菅内閣総理大臣は、右の決議に対して政府の所見を述べた。
 議長は、暫時休憩する旨を宣告した。
   (休憩午後七時四十八分)
   (再開午後十時二分)
 平成二十二年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会協議委
 員議長から両院協議会の経過及び結果の報告があった。
 議長は、両院協議会協議委員議長から報告されたとおり平成二十二年
 度一般会計補正予算(第1号)外二案について両院の意見が一致しな
 いので憲法第六十条第二項により本院の議決が国会の議決となった旨
 を告げた。
 散会午後十時五分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.