衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  180
 本会議年月日  平成24年7月31日(火)
 開会時刻  午後 1時 2分
 散会時刻  午後 1時24分


 開会午後一時二分
 裁判官弾劾裁判所裁判員笹木竜三君、同予備員宮島大典君辞職の件
 裁判官訴追委員武正公一君及び山井和則君、同予備員村越祐民君辞職
 の件
  右各件は、全会一致で許可するに決した。
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙
 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙
  右の各選挙は、いずれもその手続を省略して議長において指名する
  こととし、裁判官弾劾裁判所裁判員の予備員及び裁判官訴追委員の
  予備員の職務を行う順序は議長において改めて定めることに決した
  。
  議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に樋高剛君を指名し、また同予備
  員に鈴木克昌君を指名し、同予備員の職務を行う順序は津村啓介君
  、田名部匡代君、柴山昌彦君、鈴木克昌君の順序とした。
  次に、裁判官訴追委員に横山北斗君及び大口善徳君を指名し、また
  同予備員に太田和美君を指名し、同予備員の職務を行う順序は山花
  郁夫君、和田隆志君、稲田朋美君、楠田大蔵君、太田和美君の順序
  とした。
 平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案(内閣提出
 )中修正の件
  右件は、承諾するに決した。
 日程第一 平成二十二年度一般会計経済危機対応・地域活性化予備費
  使用総調書及び各省各庁所管使用調書(承諾を求めるの件)(第百
  七十七回国会、内閣提出)
 日程第二 平成二十二年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所
  管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、
  内閣提出)
 日程第三 平成二十二年度特別会計予算総則第七条第一項の規定によ
  る経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その1)(承諾
  を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 日程第四 平成二十二年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所
  管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、
  内閣提出)
 日程第五 平成二十二年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所
  管使用調書(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 日程第六 平成二十二年度特別会計予算総則第七条第一項の規定によ
  る経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その2)(承諾
  を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
  右六件を一括して議題とし、決算行政監視委員長の報告の後、まず
  日程第一を委員長報告のとおり承諾を与えるに決し、次に日程第二
  を委員長報告のとおり承諾を与えるに決し、次に日程第三を委員長
  報告のとおり承諾を与えるに決し、次に日程第四ないし第六の三件
  を全会一致で委員長報告のとおり承諾を与えるに決した。
 日程第七 地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第八 構造改革特別区域法の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右両案を一括して議題とし、内閣委員長の報告の後、まず日程第七
  を全会一致で委員長報告のとおり可決し、次に日程第八を委員長報
  告のとおり可決した。
 日程第九 都市の低炭素化の促進に関する法律案(内閣提出)
  右議案を議題とし、国土交通委員長の報告の後、全会一致で委員長
  報告のとおり可決した。
 日程第十 災害時における石油の供給不足への対処等のための石油の
  備蓄の確保等に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右議案を議題とし、経済産業委員長の報告の後、委員長報告のとお
  り可決した。
 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右議案は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、法務委員
  長の報告の後、全会一致で委員長報告のとおり可決した。
 使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律案(内閣提出)
  右議案は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、環境委員
  長の報告の後、全会一致で委員長報告のとおり可決した。
 散会午後一時二十四分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.