衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  183
 本会議年月日  平成25年3月22日(金)
 開会時刻  午後 1時 2分
 散会時刻  午後 3時39分


 開会午後一時二分
 中央選挙管理会委員及び同予備委員の指名
  右は、その手続を省略して議長において指名するに決し、議長は、
  中央選挙管理会委員に神崎浩昭君、原邦明君、中野寛成君、和田洋
  子君及び長谷雄幸久君を、同予備委員に元宿仁君、久米晃君、尾崎
  智子君、早川忠孝君及び橋本文彦君を指名した。
 日程第一 特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の
  規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件
  右件を議題とし、国土交通委員長の報告の後、全会一致で委員長報
  告のとおり承認するに決した。
 日程第二 再生医療を国民が迅速かつ安全に受けられるようにするた
  めの施策の総合的な推進に関する法律案(厚生労働委員長提出)
 日程第三 予防接種法の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右日程第二は、議院に諮り委員会の審査を省略するに決し、日程第
  三とともに両案を一括して議題とし、厚生労働委員長松本純君の趣
  旨弁明及び審査報告の後、まず日程第二を全会一致で可決し、次に
  日程第三を全会一致で委員長報告のとおり可決した。
 日程第四 水産加工業施設改良資金融通臨時措置法の一部を改正する
  法律案(内閣提出)
  右議案を議題とし、農林水産委員長の報告の後、全会一致で委員長
  報告のとおり可決した。
 日程第五 地方税法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第六 地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する
  法律案(内閣提出)
 日程第七 放送法第七十条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件
  右三件を一括して議題とし、総務委員長の報告があって日程第六に
  対する討論の後、まず日程第五を委員長報告のとおり可決し、次に
  日程第六を委員長報告のとおり可決し、次に日程第七を全会一致で
  委員長報告のとおり承認するに決した。
 在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与
 に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右議案は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、外務委員
  長の報告の後、全会一致で委員長報告のとおり可決した。
 所得税法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 関税定率法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右両案は、議事日程に追加して一括議題とするに決し、これを議題
  とし、財務金融委員長の報告の後、まず第一案を委員長報告のとお
  り可決し、次に第二案を全会一致で委員長報告のとおり可決した。
 外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向
 地とする貨物の輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物の輸
 入につき承認義務を課する等の措置を講じたことについて承認を求め
 るの件
  右件は、議事日程に追加するに決し、これを議題とし、経済産業委
  員長の報告の後、全会一致で委員長報告のとおり承認するに決した
  。
 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する
 法律案(内閣提出)及び行政手続における特定の個人を識別するため
 の番号の利用等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する
 法律案(内閣提出)について甘利国務大臣が、内閣法等の一部を改正
 する法律案(内閣提出)について山本国務大臣が、地方公共団体情報
 システム機構法案(内閣提出)について新藤総務大臣が順次趣旨の説
 明をした。
 右の説明に対して若井康彦君、中丸啓君、高木美智代君、青柳陽一郎
 君、赤嶺政賢君及び村上史好君が質疑をし、安倍内閣総理大臣、麻生
 財務大臣、甘利国務大臣、山本国務大臣及び新藤総務大臣から答弁が
 あった。
 散会午後三時三十九分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.