衆議院

メインへスキップ




議事経過




 国会回次  190
 本会議年月日  平成28年4月21日(木)
 開会時刻  午後 1時 2分
 散会時刻  午後 1時29分


 開会午後一時二分
 議長は、新たに議席に着かれた議員北神圭朗君を議院に紹介した。
 日程第一 流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を
  改正する法律案(内閣提出)
 日程第二 港湾法の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右両案を一括して議題とし、国土交通委員長の報告の後、両案とも
  委員長報告のとおり可決した。
 日程第三 株式会社国際協力銀行法の一部を改正する法律案(内閣提
  出)
  右議案を議題とし、財務金融委員長の報告の後、委員長報告のとお
  り可決した。
 日程第四 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図る
  ための関係法律の整備に関する法律案(内閣提出)
  右議案を議題とし、地方創生に関する特別委員長の報告の後、委員
  長報告のとおり可決した。
 日程第五 独立行政法人日本スポーツ振興センター法及びスポーツ振
  興投票の実施等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右議案を議題とし、文部科学委員長の報告の後、委員長報告のとお
  り可決した。
 日程第六 原子力発電における使用済燃料の再処理等のための積立金
  の積立て及び管理に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出
  )
  右議案を議題とし、経済産業委員長の報告の後、委員長報告のとお
  り修正議決した。
 日程第七 児童扶養手当法及び国民年金法の一部を改正する法律案(
  初鹿明博君外七名提出)
 日程第八 児童扶養手当法の一部を改正する法律案(内閣提出)
  右両案を一括して議題とし、厚生労働委員長の報告の後、まず日程
  第七を否決し、次に日程第八を全会一致で委員長報告のとおり可決
  した。
 日程第九 刑を言い渡された者の移送に関する日本国とイラン・イス
  ラム共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(第百八
  十九回国会、内閣提出)
 日程第十 投資の相互促進及び相互保護に関する日本国とオマーン国
  との間の協定の締結について承認を求めるの件
 日程第十一 投資の相互促進及び相互保護に関する日本国とイラン・
  イスラム共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件
  右三件を一括して議題とし、外務委員長の報告の後、まず日程第九
  を全会一致で委員長報告のとおり承認するに決し、次に日程第十及
  び第十一の両件を委員長報告のとおり承認するに決した。
 散会午後一時二十九分

衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.