衆議院

メインへスキップ



第25号 令和2年6月8日(月曜日)

会議録本文へ
令和二年六月八日(月曜日)

    午後五時五十一分開議

 出席委員

   委員長 棚橋 泰文君

   理事 井野 俊郎君 理事 後藤 茂之君

   理事 坂本 哲志君 理事 葉梨 康弘君

   理事 堀内 詔子君 理事 山際大志郎君

   理事 大串 博志君 理事 渡辺  周君

   理事 伊藤  渉君

      あべ 俊子君    秋本 真利君

      伊藤 達也君    石破  茂君

      今村 雅弘君    岩屋  毅君

      うえの賢一郎君    衛藤征士郎君

      小倉 將信君    小野寺五典君

      奥野 信亮君    神山 佐市君

      河村 建夫君    笹川 博義君

      根本  匠君    野田  毅君

      平沢 勝栄君    古屋 圭司君

      山口  壯君    山本 幸三君

      山本 有二君    渡辺 博道君

      今井 雅人君    小川 淳也君

      小熊 慎司君    大西 健介君

      岡本 充功君    玄葉光一郎君

      後藤 祐一君    辻元 清美君

      本多 平直君    前原 誠司君

      國重  徹君    濱村  進君

      藤野 保史君    宮本  徹君

      杉本 和巳君

    …………………………………

   内閣総理大臣       安倍 晋三君

   財務大臣

   国務大臣

   (金融担当)       麻生 太郎君

   総務大臣

   国務大臣

   (マイナンバー制度担当) 高市 早苗君

   法務大臣         森 まさこ君

   外務大臣         茂木 敏充君

   文部科学大臣       萩生田光一君

   厚生労働大臣       加藤 勝信君

   農林水産大臣       江藤  拓君

   経済産業大臣

   国務大臣

   (原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)      梶山 弘志君

   国土交通大臣       赤羽 一嘉君

   環境大臣

   国務大臣

   (原子力防災担当)    小泉進次郎君

   防衛大臣         河野 太郎君

   国務大臣

   (内閣官房長官)     菅  義偉君

   国務大臣

   (復興大臣)       田中 和徳君

   国務大臣

   (国家公安委員会委員長)

   (防災担当)       武田 良太君

   国務大臣

   (沖縄及び北方対策担当)

   (消費者及び食品安全担当)

   (少子化対策担当)

   (海洋政策担当)     衛藤 晟一君

   国務大臣

   (クールジャパン戦略担当)

   (知的財産戦略担当)

   (科学技術政策担当)

   (宇宙政策担当)     竹本 直一君

   国務大臣

   (経済財政政策担当)   西村 康稔君

   国務大臣

   (規制改革担当)

   (地方創生担当)     北村 誠吾君

   国務大臣

   (男女共同参画担当)   橋本 聖子君

   政府特別補佐人

   (内閣法制局長官)    近藤 正春君

   予算委員会専門員     鈴木 宏幸君

    ―――――――――――――

委員の異動

六月八日

 辞任         補欠選任

  馬淵 澄夫君     小熊 慎司君

同日

 辞任         補欠選任

  小熊 慎司君     馬淵 澄夫君

    ―――――――――――――

六月八日

 令和二年度一般会計補正予算(第2号)

 令和二年度特別会計補正予算(特第2号)

 令和二年度政府関係機関補正予算(機第2号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 参考人出頭要求に関する件

 令和二年度一般会計補正予算(第2号)

 令和二年度特別会計補正予算(特第2号)

 令和二年度政府関係機関補正予算(機第2号)


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

棚橋委員長 これより会議を開きます。

 令和二年度一般会計補正予算(第2号)、令和二年度特別会計補正予算(特第2号)、令和二年度政府関係機関補正予算(機第2号)、以上三案を一括して議題とし、審査に入ります。

 まず、三案の趣旨について政府の説明を聴取いたします。麻生財務大臣。

    ―――――――――――――

 令和二年度一般会計補正予算(第2号)

 令和二年度特別会計補正予算(特第2号)

 令和二年度政府関係機関補正予算(機第2号)

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

麻生国務大臣 令和二年度第二次補正予算の大要につきましては、既に本会議において申し述べたところでありますが、予算委員会での御審議をお願いするに当たり、改めて御説明をさせていただきます。

 最初に、一般会計予算の補正について申し上げます。

 本補正予算につきましては、総額で三十一兆九千百三十四億円の歳出追加を行うこととしております。その内容としては、新型コロナウイルス感染症対策関係経費として、雇用調整助成金の拡充等に係る経費に四千五百十九億円、資金繰りの対応の強化に係る経費に十一兆六千三百九十億円、家賃支援給付金の創設に係る経費に二兆二百四十二億円、医療提供体制等の強化に係る経費に二兆九千八百九十二億円、その他の支援に係る経費に四兆七千百二十七億円、新型コロナウイルス感染症対策予備費を十兆円計上いたしております。また、国債整理基金特別会計への繰入れとして九百六十三億円を計上しております。

 その財源面につきましては、歳出において、議員経費を二十億円減額をいたしております。また、歳入において、建設公債を九兆二千九百九十億円、特例公債を二十二兆六千百二十四億円発行することといたしております。

 この結果、令和二年度一般会計第二次補正後予算の総額は、一般会計第一次補正後予算に対して歳入歳出とも三十一兆九千百十四億円増加し、百六十兆二千六百七億円となります。

 また、特別会計予算等につきましても、所要の補正を行っております。

 財政投融資計画につきましては、実質無利子無担保融資等の大幅拡充に加え、資本性資金の供給等を行い、企業等の資金繰り対応に万全を期すため、三十九兆四千二百五十八億円を追加いたしております。

 なお、新型コロナウイルス感染症対策予備費の十兆円の追加につきましては、まず、第二波、第三波が襲来し、事態が大幅に深刻化した場合には、少なくとも五兆円程度の予算が必要になると考えているところであります。その内訳につきましては、ある程度の幅を持って見る必要がありますが、第一に、雇用調整助成金など、雇用維持や生活支援の観点から一兆円程度、第二に、持続化給付金や家賃支援給付金など、事業継続の観点から二兆円程度、第三に、地方自治体向けの医療、介護等の交付金など、医療提供体制等の強化の観点から二兆円程度が必要になるのではないかと考えております。

 その上で、今後の長期戦の中では、事態がどのように進展するかにつきましては、予見しがたいところが大きいと考えております。このため、どのような事態が起こったとしても、迅速かつ十分に対応できるよう、万全を期すため、更に五兆円程度の予備費を確保することとしたものであります。

 この予備費の使用につきましては、適時適切に国会に御報告をいたします。

 以上、令和二年度第二次補正予算の大要について御説明をさせていただきました。

 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願いを申し上げます。

棚橋委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。

    ―――――――――――――

棚橋委員長 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。

 ただいま説明を聴取いたしました令和二年度補正予算三案の審査中、日本銀行及び独立行政法人等の役職員から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人として出席を求めることとし、その人選等諸般の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

棚橋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 次回は、明九日午前八時五十五分から委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後五時五十六分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.