衆議院

メインへスキップ



第1号 令和元年10月23日(水曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(令和元年十月四日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 谷  公一君

   理事 金子 恭之君 理事 根本 幸典君

   理事 津村 啓介君 理事 矢上 雅義君

      秋本 真利君    小里 泰弘君

      大西 英男君    鬼木  誠君

      門  博文君    神谷  昇君

      工藤 彰三君    小林 茂樹君

      古賀  篤君    佐々木 紀君

      田所 嘉徳君    田中 英之君

      谷川 とむ君    土屋 品子君

      土井  亨君    中村 裕之君

      長坂 康正君    鳩山 二郎君

      堀井  学君    三谷 英弘君

      三ッ矢憲生君    宮内 秀樹君

      望月 義夫君    簗  和生君

      山本  拓君    荒井  聰君

      小宮山泰子君    重徳 和彦君

      下条 みつ君    日吉 雄太君

      広田  一君    福田 昭夫君

      道下 大樹君    森山 浩行君

      伊佐 進一君    伊藤  渉君

      北側 一雄君    高橋千鶴子君

      井上 英孝君

    ―――――――――――――

十月四日

 谷公一君委員長辞任につき、その補欠として土井亨君が議院において、委員長に選任された。

令和元年十月二十三日(水曜日)

    午前九時開議

 出席委員

   委員長 土井  亨君

   理事 小里 泰弘君 理事 金子 恭之君

   理事 工藤 彰三君 理事 根本 幸典君

   理事 三ッ矢憲生君 理事 小宮山泰子君

   理事 福田 昭夫君 理事 矢上 雅義君

   理事 岡本 三成君

      秋本 真利君    石川 昭政君

      大塚 高司君    大西 英男君

      鬼木  誠君    門  博文君

      神谷  昇君    小林 茂樹君

      古賀  篤君    佐々木 紀君

      田中 英之君    谷川 とむ君

      土屋 品子君    中村 裕之君

      長坂 康正君    鳩山 二郎君

      藤丸  敏君    堀井  学君

      三谷 英弘君    宮内 秀樹君

      簗  和生君    山本  拓君

      荒井  聰君    伊藤 俊輔君

      西岡 秀子君    広田  一君

      古川 元久君    馬淵 澄夫君

      道下 大樹君    谷田川 元君

      伊藤  渉君    北側 一雄君

      高橋千鶴子君    井上 英孝君

    …………………………………

   国土交通大臣       赤羽 一嘉君

   国土交通副大臣      青木 一彦君

   国土交通副大臣      御法川信英君

   国土交通大臣政務官    門  博文君

   国土交通大臣政務官    佐々木 紀君

   国土交通大臣政務官    和田 政宗君

   国土交通委員会専門員   宮岡 宏信君

    ―――――――――――――

委員の異動

十月四日

 辞任         補欠選任

  谷  公一君     大塚 高司君

  重徳 和彦君     馬淵 澄夫君

  下条 みつ君     谷田川 元君

  津村 啓介君     古川 元久君

  日吉 雄太君     西岡 秀子君

  森山 浩行君     伊藤 俊輔君

  伊佐 進一君     岡本 三成君

同月二十三日

 辞任         補欠選任

  田所 嘉徳君     石川 昭政君

  望月 義夫君     藤丸  敏君

同日

 辞任         補欠選任

  石川 昭政君     田所 嘉徳君

  藤丸  敏君     望月 義夫君

同日

 理事岩田和親君及び中野洋昌君九月十三日委員辞任につき、その補欠として三ッ矢憲生君及び岡本三成君が理事に当選した。

同日

 理事伊藤忠彦君及び松本文明君同月三日委員辞任につき、その補欠として小里泰弘君及び工藤彰三君が理事に当選した。

同日

 理事津村啓介君同月四日委員辞任につき、その補欠として福田昭夫君が理事に当選した。

同日

 理事矢上雅義君同日理事辞任につき、その補欠として小宮山泰子君が理事に当選した。

    ―――――――――――――

十月四日

 航空機強取等防止措置に係る体制の強化のための施策の推進に関する法律案(鷲尾英一郎君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四三号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の辞任及び補欠選任

 国政調査承認要求に関する件

 下関北九州道路に関する予備的調査についての報告


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

土井委員長 会議を始めさせていただきます。

 このたびの令和元年台風第十九号による被害で亡くなられた方々と御遺族の皆様に深く哀悼の意を表させていただきます。

 また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、負傷された方々の一日も早い御回復をお祈り申し上げたいと存じます。

 これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。

 全員御起立をお願いをいたします。――それでは、黙祷。

    〔総員起立、黙祷〕

土井委員長 黙祷を終わります。御着席お願いします。

     ――――◇―――――

土井委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。

 このたび、国土交通委員長に就任をいたしました土井亨でございます。

 新しい時代に応える国土交通政策を実現するため、本委員会に課せられた使命はまことに重大でございます。

 委員長に就任するに当たり、その職責の重さを痛感するとともに、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、委員各位の御指導、御協力をよろしくお願いをいたします。

     ――――◇―――――

土井委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。

 理事矢上雅義君から、理事辞任の申出があります。これを許可するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

土井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。

 ただいまの理事辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が六名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

土井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 それでは、理事に

      小里 泰弘君    工藤 彰三君

      三ッ矢憲生君    小宮山泰子君

      福田 昭夫君 及び 岡本 三成君

を指名いたします。

     ――――◇―――――

土井委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 国土交通行政の基本施策に関する事項

 国土計画、土地及び水資源に関する事項

 都市計画、建築及び地域整備に関する事項

 河川、道路、港湾及び住宅に関する事項

 陸運、海運、航空及び観光に関する事項

 北海道開発に関する事項

 気象及び海上保安に関する事項

以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

土井委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

土井委員長 この際、国土交通大臣、国土交通副大臣及び国土交通大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。国土交通大臣赤羽一嘉君。

赤羽国務大臣 皆様、おはようございます。

 国土交通大臣を拝命いたしました赤羽一嘉でございます。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

 国土交通委員会の御審議に当たりまして、御挨拶申し上げさせていただきます。

 本年も、記録的な豪雨や暴風、地震等の自然災害により、全国各地で甚大な被害が相次いでおります。

 犠牲となられました方々に謹んで哀悼の意を表します。また、被害に遭われた全ての皆様方に、心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。

 私も、就任直後から、本年の台風十五号、十七号、十九号のほか、近年発生した激甚災害の被災現場を視察し、災害規模の大きさと深刻さを改めて目の当たりにしました。

 被災地の方々のお気持ちに寄り添いながら、生活再建やインフラの早急な復旧復興に総力を挙げて取り組む所存でございます。

 また、発災から八年半を迎えた東日本大震災の被災地の復興も、着実に進めてまいります。

 私自身のことでございますが、私は、阪神・淡路大震災で、みずから被災をいたしました。被災現場を走り回り、制度の壁を打ち破り、生活再建や復旧復興に全身全霊を傾けたことが、私自身の原点となっております。

 国民の皆様の安全、安心の確保、豊かさや経済成長の実現を始めとする国土交通行政の重要な使命を、現場主義に立脚し、職員と一丸となって果たしてまいる所存でございます。

 どうかよろしくお願い申し上げます。

 国土交通大臣として、特に力を入れて取り組みたいと考えておる三つの政策分野について申し上げさせていただきます。

 一つ目が、国民の安全、安心の確保です。

 国民の皆様の命と暮らしを守ることは、国土交通省の最大の使命であります。

 今般の台風十九号では、広範囲に及ぶ記録的な豪雨により、各地で国管理河川を含む多数の河川の堤防が決壊し、大規模な浸水被害を引き起こしました。

 気候変動による水害等の自然災害の頻発、激甚化や大規模地震、火山活動は、我々の脅威となっております。

 こうした中、防災・減災対策や国土強靱化の取組を、自治体や民間と連携しつつ、ソフト、ハードの両面から強力に推進してまいります。

 具体的には、昨年実施した重要インフラの緊急点検の結果等に基づく三カ年緊急対策を着実に推進するとともに、事前防災の観点から、道路の無電柱化、高速道路の四車線化、堤防整備、岸壁の強化、住宅宅地等の耐震化、ブロック塀の安全確保、危険エリアの対策強化、災害や気象情報等の的確な提供等、万全の対策を講じます。

 また、TEC―FORCEの派遣や、ドローンやAI等の新技術を活用したi―Constructionの取組等を進め、迅速な復旧復興や強力な防災・減災対策を支えます。

 あわせて、防災・減災には、公助のみならず、自助、共助の取組も必要です。平素より地域住民の防災意識を喚起し、ハザードマップ等を活用したマイ・タイムラインの作成を促進するなど、実効性のある避難体制づくりを進めてまいります。

 高度経済成長期以降に整備したインフラの老朽化が加速度的に進行することも大きな課題です。長寿命化のための計画的な維持管理・更新や、予防保全の取組と新技術の導入等によるトータルコストの縮減、平準化を進めます。

 パイロットの飲酒問題、横浜シーサイドラインの逆走事故、空港保安検査での見落とし事案等、公共交通機関に対する信頼を失いかねない事態が相次いでいます。各事案の原因究明、再発防止を徹底するとともに、さらなる輸送の安全確保を追求します。

 外国漁船の違法操業、木造船の漂流、漂着、中国公船の領海侵入など、厳しさを増す我が国周辺海域の状況を踏まえ、海上保安体制を強化し、平和で豊かな海を守ります。

 二つ目は、観光を通じた地方創生です。

 観光は、地方創生の切り札、成長戦略の柱です。現在開催中のラグビーワールドカップ大会では、世界じゅうからラグビーファンが集まり、各地を訪問し、多くの地域住民との間に交流が生まれています。訪日外国人旅行者の拡大が、地域の国際化を促し、新たな消費や雇用を生み、にぎわいと活気をもたらしています。こうしたことが、各地域がその活性化に向けて主体的に取り組んでいく機運を生み出しています。

 訪日外国人旅行者数は、昨年、三千万人を超え、六年連続で過去最高となりました。二〇二〇年四千万人を目指し、政府一丸、官民一体で取り組んでまいります。

 具体的には、多言語対応等の受入れ環境整備、新たな観光コンテンツの開拓、観光地域づくりの担い手の育成、先進的なプロモーションの展開、交通網等のアクセスの整備といった取組を、政府一丸、官民一体で推進いたします。

 十月二十六日には、北海道倶知安町でG20観光大臣会合を開催いたします。この機会を生かして、観光分野の最先端の知見を参加国と共有するとともに、アイヌ文化の発信拠点施設として整備中のウポポイの紹介など、地域の魅力を世界に発信してまいります。

 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで一年を切りました。円滑な開催に向け、国土交通省としても、首都圏空港の機能強化、大会関係者、観客等の輸送の円滑化、テロやセキュリティー対策、自然災害対策等に万全を期してまいります。

 三つ目は、人口減少と少子高齢化社会への挑戦です。

 人口減少、少子高齢化社会と人生百年時代を迎え、高齢者、障害者等あらゆる方々があらゆる場で活躍できる一億総活躍社会を実現し、全ての方々が輝く社会を目指してまいります。

 とりわけバリアフリー化の推進は、外国人を含む全ての方々が安心して暮らし、活躍する社会の大前提となる、極めて重要な政策課題です。

 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機としたさらなるバリアフリー化の推進に向けて、公共交通機関や建築物等のバリアフリー化や地域における重点的、一体的なバリアフリー化を着実に進めるとともに、心のバリアフリーの実現に向けた取組を関係者と連携しながら、一層強化してまいります。

 子供が犠牲となる事故、高齢運転者による事故等、痛ましい自動車事故が相次いで発生しています。子供の移動経路の安全確保に向けた取組や安全運転サポート車の普及などの交通安全対策を推進いたします。

 高齢者が運転に頼らなくても快適に移動できる環境づくりも重要です。移動手段の受け手となる公共交通の維持、確保に向けて、地方公共団体が中心となり、まちづくり施策と連携させながら、バス路線等の維持、充実やオンデマンド交通、自家用有償旅客運送等の活用に積極的に取り組める仕組みをつくってまいります。また、MaaS等の新たなモビリティーサービスや自動運転等の活用も進めてまいります。さらに、JR北海道の経営改善を推進いたします。

 人口減少や少子高齢化が進む中、持続可能な地域社会を形成していく必要があります。スマートシティーやコンパクト・プラス・ネットワーク、空き家、空き地の利活用、既存住宅市場の活性化を進めます。

 また、離島、半島地域、豪雪地帯等の振興のため、生活環境整備や地域資源の活用への支援等を行います。

 所有者不明土地問題は、防災・減災の観点からも重要です。発生抑制に加え、土地の所有者の責務や適切な利用、管理の明確化等に向け、政府一体で土地所有に関する基本制度の見直しの具体的検討を進めてまいります。

 厳しい財政制約のもと、安全、安心の確保を前提に、高速道路、国際戦略港湾、整備新幹線等、生産性の向上や経済活性化に資するストック効果の高い社会資本整備を、重点的、戦略的に推進いたします。

 また、世界の旺盛なインフラ需要を取り込むべく、トップセールス等により、インフラシステムの海外展開を積極的に推進します。

 少子高齢化や生産年齢人口の減少が進展する中で、国土交通分野においても担い手の確保が極めて重要です。

 建設業や自動車運送事業等の所管業界における長時間労働の是正、週休二日の徹底、取引環境の適正化等により生産性と魅力を向上し、担い手の確保、拡大を図ります。また、人手不足に対応するため、建設業、造船業、宿泊業等の分野において、特定技能に係る在留資格を活用した外国人材の受入れを適切に進めてまいります。

 消費税率引上げにつきましては、住宅購入支援策について、CM等を通じた周知のさらなる強化とともに、住宅市場の動向について注視してまいります。

 以上、国土交通行政の諸課題について、私の考えを申し述べさせていただきました。

 今国会におきましては、洋上風力発電の導入の促進や国際基幹航路の維持拡大を図るための措置を講ずる港湾法の一部を改正する法律案を提出し、御審議をお願いしたいと思っております。

 委員長、委員各位の格別の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

 済みません。それと、災害に関する御報告も引き続きよろしいでしょうか。

土井委員長 よろしくお願いします。

赤羽国務大臣 令和元年台風第十九号による被害状況と国土交通省の対応状況について報告させていただきます。

 まず、このたびの台風でお亡くなりになられました方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 台風第十九号は、十三都県に大雨特別警報を発表するなど、広い範囲で記録的な大雨をもたらしました。百三十カ所以上の河川の堤防の決壊は未曽有の大災害であり、甚大な被害が生じました。

 私も、台風通過直後の十月十二日以降、被災現場に足を運び、地元の皆様の御要望をいただいておりますが、厳しい被災の現状に、激甚化する自然災害の脅威を感じ、その猛威を改めて実感いたしておるところでございます。

 今回の台風に対し、国土交通省では、省を挙げて全力で対応してきております。

 台風の襲来前には、影響が見込まれる自治体との間でホットラインによる連絡体制を構築いたしました。また、空港滞留者の抑制や鉄道の計画運休による利用者の混乱回避のための対策も講じたところでございます。発災後は、人命第一の観点から、海上保安庁の巡視船やヘリコプター等により救命救助活動を行いました。

 浸水被害は、国管理河川で確認できているだけでも約二万五千ヘクタールに及び、排水ポンプ車二百台体制により排水を行っています。また、過去最大となる一日七百人規模でTEC―FORCEを派遣して被災自治体の支援を行い、河川や道路、土砂災害等の調査と応急復旧を強力に進めております。

 交通網の寸断も暮らしや経済に大きな影響を与えました。道路は、東日本を中心として、中央道を始め二十都府県で被災し、一部では今なお通行どめとなっています。鉄道も、北陸新幹線の車両が多数浸水するなど、例を見ない被害が生じています。これら交通網の早期の復旧とともに、バスなどを活用した代替輸送ルートの確保に努めています。

 その上で、何よりも重要なことは、一日も早く被災地の生活となりわいを再建することです。

 そのために、国交省内に被災者生活支援チームを設置し、まずは、瓦れき、土砂等の撤去促進、食料品、段ボールベッド等の物資輸送の手配、ボランティア車両等の高速道路無料化の措置、災害弱者に対する旅館、ホテルの客室の提供、公営住宅等の応急的な住まいの確保などを既に行っておりますが、リエゾンを通じてタイムリーに支援ニーズを把握しつつ、対応に万全を期してまいります。

 国土交通省といたしましては、自治体とも連携し、被災地に寄り添いながら、引き続き復旧復興に全力で取り組んでまいりますので、どうか今後とも御指導をよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。(拍手)

土井委員長 国土交通副大臣御法川信英君。

御法川副大臣 国土交通副大臣の御法川信英でございます。

 赤羽大臣をしっかりお支えし、職務に全力で取り組んでまいりますので、土井委員長、そして理事、委員各位の皆様の格段の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。(拍手)

土井委員長 国土交通副大臣青木一彦君。

青木副大臣 国土交通副大臣の青木一彦でございます。

 赤羽大臣をお支えし、国土交通行政の推進に取り組んでまいります。

 土井委員長を始め理事、委員の皆様方の格別の御指導をよろしくお願いいたします。(拍手)

土井委員長 国土交通大臣政務官門博文君。

門大臣政務官 国土交通大臣政務官の門博文でございます。

 土井委員長を始め理事、委員の皆様、御指導賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。(拍手)

土井委員長 国土交通大臣政務官佐々木紀君。

佐々木(紀)大臣政務官 国土交通大臣政務官を拝命いたしました佐々木紀と申します。

 土井委員長を始め理事、委員の皆さんの格別の御指導を賜りますよう、よろしくお願いいたします。(拍手)

土井委員長 国土交通大臣政務官和田政宗君。

和田大臣政務官 国土交通大臣政務官の和田政宗でございます。

 土井委員長を始め理事、委員の皆様の格段の御指導を賜りたく、何とぞよろしくお願いをいたします。(拍手)

     ――――◇―――――

土井委員長 この際、御報告いたします。

 去る五月二十二日、本委員会から調査局長に命じました下関北九州道路に関する予備的調査につきまして、去る九月十日、報告書が提出されましたので、御報告いたします。

 なお、報告書につきましては、同日、谷公一前委員長から議長に対し、その写しが提出されました。

 次回は、来る三十日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前九時二十一分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.