衆議院

メインへスキップ



第8号 平成30年6月6日(水曜日)

会議録本文へ
衆議院情報監視審査会規程第二十九条第四項に基づく会議録

    ―――――――――――――

平成三十年六月六日(水曜日)

    午後一時開議

 出席委員

   会長 額賀福志郎君

      岩屋  毅君    今村 雅弘君

      後藤田正純君    大塚 高司君

      山内 康一君    渡辺  周君

      太田 昭宏君

    …………………………………

   議長           大島 理森君

   副議長          赤松 広隆君

   国務大臣         上川 陽子君

   衆議院情報監視審査会事務局長           紅谷 弘志君

    ―――――――――――――

六月六日

 去る五月三十一日、情報監視審査会から内閣総理大臣に対し提示を求めた特定秘密に関し、内閣官房から、特定秘密の提示を受けた。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 行政における特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する件(特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する報告)


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

額賀会長 これより会議を開きます。

 行政における特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する件について調査を進めます。

 この際、去る五月十八日に提出されました特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する報告につきまして、政府から説明を聴取いたします。上川国務大臣。

上川国務大臣 平成三十年五月十八日に国会に提出いたしました特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する報告について御説明申し上げます。

 第一に、報告の趣旨です。

 特定秘密の指定等の状況を政府において取りまとめ、それに有識者の意見を付して国会に報告するとともに、公表するものです。

 第二に、対象期間は、平成二十九年一月一日から十二月三十一日までです。

 第三に、特定秘密の指定権限を有する行政機関は二十機関です。

 第四に、対象期間中における特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況です。

 対象期間中、八の行政機関において三十九件の特定秘密が指定される一方、二の行政機関において九件の特定秘密の指定が解除されました。

 指定の有効期間が延長されたものはありませんでした。

 また、対象期間中、政府全体で一万八千七件の適性評価が実施され、二件を除き、特定秘密を漏らすおそれがないものと認められました。評価対象者が実施について同意をしなかった件数は、政府全体で三件でした。

 第五に、対象期間末時点における特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況です。

 対象期間末時点において、十一の行政機関で五百十七件の特定秘密が指定されております。

 特定秘密が記録された行政文書の保有件数は、政府全体で三十八万三千七百三十三件でした。

 適性評価を経て特定秘密の取扱いの業務を行うことができる者の数は、十二万四千五百十四人でした。

 第六に、内閣府独立公文書管理監及び情報監視審査会への対応です。

 内閣府独立公文書管理監による検証・監察が行われた結果、一件の指摘があり、当該省庁において必要な措置が講じられました。

 また、衆議院情報監視審査会では、特定秘密が記録された行政文書の廃棄などについて調査が行われ、特定秘密が記録された保存期間が一年未満の行政文書の廃棄状況などについて説明したところです。

 また、衆議院情報監視委員会の平成二十八年年次報告書における政府に対する意見の要点と政府側の対応状況について整理しております。

 本年三月二十八日、衆議院議長に提出された衆議院情報監視審査会の年次報告書には、政府に対する御意見が記載されております。政府としては、これらの御意見を重く受けとめ、その趣旨を十分に踏まえ、必要な対応を検討してまいりたいと考えております。

 例えば、特定秘密文書廃棄問題については、本年四月、第六回内閣保全監視委員会において、委員長である私から各委員に対し、特定秘密が記録された行政文書を含む公文書は健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源であり、公文書管理法のもと、適切に管理されなければならないこと、本年四月からの改正行政文書の管理に関するガイドラインによる厳格なルールを全職員に徹底し、確実に運用すること、特定秘密が記録された行政文書も、公文書管理法により、歴史公文書等に該当するものについては、特定秘密の指定が解除され又は指定の有効期間が満了し、保存期間が満了した場合には国立公文書館等に移管することとなることを前提にした適切な管理を行うことなどを指示したところです。

 また、特定秘密文書の保存期間の設定や保存期間一年未満の特定秘密文書の廃棄について独立公文書管理監がチェックすることについて検討を進めるよう事務方に指示を出したところです。

 その他の意見についても、その趣旨を十分に踏まえ、必要な対応を検討してまいりたいと考えております。

 第七に、内閣府独立公文書管理監からの意見ですが、特定秘密保護法のより一層適正な運用に努められたい旨の意見がありました。

 第八に、有識者から、第七回情報保全諮問会議に際し、本報告に関して意見がありましたので、必要な修正を行いました。また、特定秘密保護法の運用等についても意見がありましたので、それを記載しております。

 以上が本報告の概要となりますが、政府といたしましては、今後とも、法律の適正な運用を積み重ねていく中で、常にその改善に努め、特定秘密の取扱いの客観性と透明性の一層の向上を図ってまいります。

 以上です。

額賀会長 以上で説明は終わりました。

 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後一時七分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.