衆議院

メインへスキップ



第42号 平成14年6月19日(水曜日)

会議録本文へ
平成十四年六月十九日(水曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第三十三号
  平成十四年六月十九日
    午後一時開議
 第一 離島振興法の一部を改正する法律案(国土交通委員長提出)
 第二 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第三 健康増進法案(内閣提出)
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 会期延長の件
 議員鈴木宗男君の逮捕について許諾を求めるの件


このページのトップに戻る

    午後一時三分開議
議長(綿貫民輔君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 会期延長の件
議長(綿貫民輔君) 会期延長の件につきお諮りいたします。
 本国会の会期を七月三十一日まで四十二日間延長いたしたいと存じ、これを発議いたします。
 本件につき討論の通告があります。順次これを許します。手塚仁雄君。
    〔手塚仁雄君登壇〕
手塚仁雄君 手塚仁雄であります。
 私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました四十二日間の会期延長に対し、反対の討論を行います。(拍手)
 昨日のワールドカップサッカーは、大変残念でありました。しかし、初めての決勝トーナメント進出は、我々国民に対し、大きな夢と希望を与えてくれた、大健闘であったと思います。(拍手)
 それに引きかえ、小泉内閣が国民に与えているのは、大きな不信と失望だけであります。
 政府・与党には、まず、中田選手のような司令塔がおりません。現状を突破する稲本選手のような点取り屋もおりません。また、国民のために足がつるまで走り続ける戸田選手、宮本選手のようなプレーヤーが全く見当たらないのであります。同じチームでありながらオウンゴールをねらったり、どうにもならなくなって反則プレーを連発し、イエローカードやレッドカードが飛び交っています。あげくの果てには、ただただ惰性の延長戦が、今、始まろうとしているのであります。これがまさに現在の国会の姿ではないでしょうか。
 民主党・無所属クラブがこの会期延長に反対する第一の理由は、この延長が、場当たり的な政府の法案提出によって、拙速な審議と民意を無視した法案通過だけを求めるものであるからであります。
 今国会には、継続となっていた個人情報保護法案、新たに提出された郵政公社化関連法案、健康保険法改正案、有事法制関連法案など、重要法案と呼ばれる、国民生活に密着する法案が幾つも提出されています。しかし、これらの法案は、いずれも、慎重な審議が求められるものばかりであります。
 従来の国会では一つの法案だけでも会期内での十分な審議時間を確保するのが難しいような法案を次から次へと提出し、さらに、政府・与党内でも明確な方向性が打ち出せないまま会期末を迎え、成立できないと見れば安易に会期延長を論ずるなど、政府・与党の姿勢は、到底、容認できるものではありません。(拍手)
 特に、先週末に行われた健康保険法改正案の厚生労働委員会における与党単独強行採決を見ても、いかにも余裕のない国会運営であったかは明白であります。まさに、国民生活に多大な影響を及ぼし、国民に負担増を強いるような法案が、十分な審議も行われないまま、野党不在の中で強引に採決するということを、国民が納得するわけがありません。
 さらに言えば、この強行採決は、防衛庁によるいわゆるリスト作成問題に関する調査報告書の与党による隠ぺい工作が取りざたされ、国会審議がストップしているときに行われたものであり、まさに暴挙と言えるのであります。
 憲政の神様と言われた尾崎咢堂は、かつて、ろくに審議もせず、数を頼りに悪法を通していく議会のあり方を嘆き、「議事堂とは名ばかりで、実は表決堂である」と皮肉っています。残念ながら、今の国会の実態も同様ではないでしょうか。
 通常国会の会期は、国会法により、百五十日間と定められています。会期延長は同法により一回に限り認められていますが、あえて通常国会に限り会期を具体的に定めている法の趣旨を、政府・与党は正確に理解するべきであります。
 反対する第二の理由は、この会期延長には、与党・自民党内の、内閣改造、党役員人事への思惑という党内の事情が絡んでいることであります。
 国民のためであるはずの国会運営を党利党略に使おうとするなど、まさに言語道断であります。
 高らかに改革を宣言して、多くの国民の期待を背負って小泉内閣が登場してからはや一年、その中で目立つのは、内閣支持率の急落のみであります。小泉内閣が口先とパフォーマンスだけで、何一つ実績を上げられなかったことは、五%を超える失業率と企業倒産の増大を見れば明らかであります。
 国民は、小泉内閣の唱える改革という幻想の中で、苦渋の生活を強いられています。小泉内閣は、改革を宣言して国民の前に出現しながら、具体的な改革には全く着手しないまま、痛みのみを国民に押しつけているのであります。
 構造改革、景気回復のための痛みであれば耐えられると、国民は、小泉内閣を信じ、その行方を見守りました。しかし、結果として何が残ったのでしょうか。国会議員の特権保持、与党の政権維持のために国民に痛みを強いることは、もう終わりにしなくてはなりません。
 本来であれば、今国会は、国民の最大の関心である景気対策、雇用対策に重点を置くべき、非常に大切な国会であるはずでありました。我が党も、それを重要課題として今国会に臨んでおりました。
 しかしながら、相次ぐ国会議員の不祥事を前に、政治不信が深まるばかりの国会となり、野党がその迅速な解明に努力するよう、再三再四、与党に求めても、政府・与党はそれを放置し続けたのであります。
 一刻も早く疑惑解明に取り組み、国民の信頼回復に努めていくことが必要ではないでしょうか。そのためには、今国会は一回閉会し、国会全体としての出直しが必要であります。(拍手)
 国民は、既に、一連の国会議員の不祥事が、個人の問題ではなく、政官業の癒着構造であり、自民党体質であるということに気づいています。国民の理解と信頼を得るために、今まで根本的な解決から逃げていたことを改め、まずは、誠意ある回答を国民に示し、真摯な対応をすることが求められています。
 緊急事態に対処するための法案として、いわゆる有事関連法案が今国会に提出されています。しかし、深刻な不況のもと、雇用不安を抱え、さらに、その打開を任せるはずの政治が揺れている今こそが、日本にとって、本当の有事なのではないでしょうか。それに対応できない国会であれば、即刻、解散すべきであります。
 我が党は、遺憾ながら、今国会の会期延長という事態の中で、これまで明らかにできなかった鈴木宗男議員をめぐる一連の疑惑について、国民が納得のいくような真相究明に全力を傾注する決意であります。
 そのためにも、予算委員会や、鈴木議員の疑惑に関与したとされる関係省庁を所管とする委員会の開会を徹底して求め、真相究明に全力を挙げるとともに、鈴木宗男議員の議員辞職勧告決議案を衆議院本会議で可決させるなど、具体的に取り組む決意であることを表明し、会期延長に対する反対討論を終わります。ありがとうございました。(拍手)
議長(綿貫民輔君) 小坂憲次君。
    〔小坂憲次君登壇〕
小坂憲次君 私は、自由民主党、公明党及び保守党を代表して、ただいま議長から発議されました今国会の会期を七月三十一日までの四十二日間延長するの件について、賛成討論を行います。(拍手)
 去る一月二十一日に召集された第百五十四通常国会は、冒頭、補正予算の処理を行い、続いて、改革に第一歩を踏み出した平成十四年度予算の審議を行いました。そのほか、いずれも国家の基本をなす重要法案が数多く提出され、内外の情勢が厳しい中で、「聖域なき構造改革」、構造改革なくして景気回復なしの方針を断行していくために、我々は、法案審議に全力で取り組んでまいりました。
 しかしながら、今国会で審議すべき法案は、内閣提出法案が百四本、その他、議員立法も含め二百二十本に及びます。現在、審議中や未付託の法案は百二十六本も残されております。この数多く残された法案の中に、健康保険法、郵政公社化法、武力攻撃事態対処関連法、個人情報保護法などの、今国会の重要広範議案がいまだ審議中であります。
 なかんずく、健康保険法案は、六十時間にも及ぶ審議の末、今まさに、本院の本会議に上程されようといたしております。また、小泉内閣の「聖域なき構造改革」の代表ともいうべき郵政公社化法案は、総理出席、参考人質疑など、与野党の議論が粛々と進んでおります。さらに、武力攻撃事態対処関連法は、延べ十三日間、五十六時間余りの審議を経過しており、個人情報保護法案は、再三の審議の促進を要請しているところであります。このように重要法案の審議が各委員会において佳境に入っているこの時期に、本日の会期末を迎えたのであります。
 これは、日ごろ、野党が、慎重審議、十分な審議時間の確保を主張しているにもかかわらず、大臣出席、定例日等にこだわり、審議をおくらせ、改革を提唱する一方で旧態依然とした国会運営を行っているにほかなりません。
 また、残された法案の中には、野党も賛成している全会一致法案もあるではありませんか。
 今、国民は、我々国会に対し、国民からの要望に迅速にこたえていくことを要求しております。であるならば、ここで会期を閉じるのではなく、引き続き、論争の場をつくり、審議を尽くしていくことこそが、我々国会議員の責務ではないでしょうか。また、議会制民主主義のあるべき姿ではないでしょうか。(拍手)
 かかる観点から、四十二日間の会期延長は、必要不可欠、最小限の日数であります。与党三党は、国会が、なすべき諸懸案を今国会に議論し、形にすることが国民の信頼と負託にこたえることと信じてやみません。
 以上申し上げましたとおり、国政を担う責任与党として、会期の延長に関する議長の提案に賛意を表し、賛成討論といたします。ありがとうございました。(拍手)
議長(綿貫民輔君) これにて討論は終局いたしました。
    ―――――――――――――
議長(綿貫民輔君) 採決いたします。
 会期を七月三十一日まで四十二日間延長するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
議長(綿貫民輔君) 起立多数。よって、会期は四十二日間延長することに決まりました。(拍手)
     ――――◇―――――
馳浩君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 議員鈴木宗男君の逮捕について許諾を求めるの件を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
議長(綿貫民輔君) 馳浩君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(綿貫民輔君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 議員鈴木宗男君の逮捕について許諾を求めるの件
議長(綿貫民輔君) 議員鈴木宗男君の逮捕について許諾を求めるの件を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。議院運営委員長鳩山邦夫君。
    ―――――――――――――
    〔報告書は本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔鳩山邦夫君登壇〕
鳩山邦夫君 ただいま議題となりました議員鈴木宗男君の逮捕について許諾を求めるの件について、議院運営委員会の審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 本件は、議員鈴木宗男君のあっせん収賄被疑事件につき、東京地方検察庁からの逮捕状請求により、東京地方裁判所裁判官からの要求に従って、去る十七日、内閣から、同君の逮捕につき本院の許諾を求めてまいったものであります。
 議院運営委員会は、同日本件の付託を受け、即日理事会を開き、その取り扱いについて協議を行いました。
 本件につきましては、憲法第五十条の規定により議員に保障された不逮捕特権に関する重大な問題でありますので、院として迅速に対応すべく、昨十八日、委員会を秘密会とし、森山法務大臣並びに古田刑事局長から説明を聴取し、また、本人から身上弁明を聴取した後、森山法務大臣並びに古田刑事局長に対し、各党から質疑を行い、慎重な議論を行いました。
 その主な論点を申し上げますと、政治資金とわいろの関係について、あっせん収賄罪の要件について、議員の不逮捕特権と院の逮捕許諾について、罪証隠滅のおそれについて、国会の会期末に逮捕許諾請求した理由について、政治献金とされる金銭の受領及び返却について、公判維持の可能性について、贈賄側及び関係者の供述の任意性及び信憑性について、内閣官房副長官の職務権限について等であります。
 かくして、本日の委員会において、各党より意見の表明を行いましたところ、本件は、議員の身分に関する重要な問題であり、憲法第五十条の不逮捕特権はあくまでも尊重されるべきものであるが、裁判官も逮捕を相当と認めていること、逮捕権の乱用とは認められないこと、国会も真相の究明に協力することは必要であり、政治に対する国民の不信を払拭するためにも、この際、許諾を与えることはやむを得ない旨の意見が述べられ、採決の結果、本件は全会一致をもって許諾を与えるべきものであると決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。
    ―――――――――――――
議長(綿貫民輔君) 採決いたします。
 本件は委員長報告のとおり許諾を与えるに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(綿貫民輔君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり許諾を与えることに決まりました。
     ――――◇―――――
馳浩君 議事日程は延期し、本日はこれにて散会されることを望みます。
議長(綿貫民輔君) 馳浩君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(綿貫民輔君) 御異議なしと認めます。よって、動議のとおり決まりました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十三分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.