衆議院

メインへスキップ



第12号 平成18年10月31日(火曜日)

会議録本文へ
平成十八年十月三十一日(火曜日)

    ―――――――――――――

 議事日程 第八号

  平成十八年十月三十一日

    午後一時開議

 第一 独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案(内閣提出)

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 日程第一 独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案(内閣提出)


このページのトップに戻る

    午後一時三分開議

議長(河野洋平君) これより会議を開きます。

     ――――◇―――――

 日程第一 独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案(内閣提出)

議長(河野洋平君) 日程第一、独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。外務委員長山口泰明君。

    ―――――――――――――

 独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔山口泰明君登壇〕

山口泰明君 ただいま議題となりました独立行政法人国際協力機構法の一部を改正する法律案につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、国際協力機構が、国際協力銀行より海外経済協力業務を承継すること等のため、所要の改正を行うものであります。

 その主な内容は、

 第一に、国際協力機構の業務に、有償資金協力の実施に必要な業務を追加すること、

 第二に、国際協力機構の業務に、無償資金協力の実施に必要な業務を追加すること、

 第三に、有償資金協力業務に係る予算について国会の議決を経るものとすること、

 第四に、国際協力機構全体の主務大臣は外務大臣とし、有償資金協力業務に係る財務及び会計に関する事項は、外務大臣及び財務大臣の共管とすること

等であります。

 本案は、去る十月十八日外務委員会に付託され、二十五日麻生外務大臣から提案理由の説明を聴取し、引き続き質疑を行い、同日質疑を終了いたしました。次いで、二十七日採決を行いました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。

 なお、本案に対し附帯決議が付されたことを申し添えます。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(河野洋平君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。

     ――――◇―――――

議長(河野洋平君) 本日は、これにて散会いたします。

    午後一時六分散会

     ――――◇―――――

 出席国務大臣

       外務大臣  麻生 太郎君


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.