衆議院

メインへスキップ



第9号 平成19年11月6日(火曜日)

会議録本文へ
平成十九年十一月六日(火曜日)

    ―――――――――――――

 議事日程 第八号

  平成十九年十一月六日

    午後一時開議

 第一 社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案(第百六十六回国会、内閣提出、参議院送付)

 第二 銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律案(内閣提出)

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 永年在職の議員藤井裕久君、柳澤伯夫君及び川崎二郎君に対し、院議をもって功労を表彰することとし、表彰文は議長に一任するの件(議長発議)

 日程第一 社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案(第百六十六回国会、内閣提出、参議院送付)

 日程第二 銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律案(内閣提出)


このページのトップに戻る

    午後一時三分開議

議長(河野洋平君) これより会議を開きます。

     ――――◇―――――

 永年在職議員の表彰の件

議長(河野洋平君) お諮りいたします。

 国会議員として、また、本院議員として在職二十五年に達せられました藤井裕久君、柳澤伯夫君及び川崎二郎君に対し、先例により、院議をもってその功労を表彰いたしたいと存じます。

 表彰文は議長に一任されたいと存じます。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。

 これより表彰文を順次朗読いたします。

 議員藤井裕久君は国会議員として在職すること二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた

 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する

    〔拍手〕

    …………………………………

 議員柳澤伯夫君は衆議院議員に当選すること八回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた

 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する

    〔拍手〕

    …………………………………

 議員川崎二郎君は衆議院議員に当選すること八回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた

 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する

    〔拍手〕

 この贈呈方は議長において取り計らいます。

    ―――――――――――――

議長(河野洋平君) この際、ただいま表彰を受けられました議員諸君の登壇を求めます。

    〔被表彰議員登壇、拍手〕

議長(河野洋平君) 表彰を受けられました議員諸君を代表して、柳澤伯夫君から発言を求められております。これを許します。柳澤伯夫君。

柳澤伯夫君 ただいま、私ども三名、院議により在職二十五年の表彰の栄に浴しました。

 三者協議の上、私、代表してごあいさつ申し上げることになりました。

 まず、この栄誉はひとえに郷里選挙区の皆さん、国会の先輩同僚各位及び友人知己の御指導、御支援のたまものでありまして、ここに深く感謝を申し上げます。また、家族及び事務所の者に対しましても、お許しをいただき、この場から感謝させていただきます。(拍手)

 私は、国会議員としてまず農政に携わりました。平成二年度全国の新規学卒就農者が二千人を割り込みました。このショックから「新農政」の策定が始まり、私も党政調農林部会長としてこれに参画いたしましたが、その後、この延長線上で農業基本法の改正、食料・農業・農村計画の策定へと進展を見ているのであります。しかし、私は当時、農地についても土壌・水利・気象等の諸条件、権利関係、利用状況等の情報を一元的にデータベース化することを提案いたしましたが、これが実現できませんでした。今日の農村のスプロール状況や損なわれた景観を見るにつけ、私は大きな悔いを覚えております。

 同じく党にあって私は、平成七年以降約三年間、行政改革の仕事に携わりました。先輩責任者の御指導のもと、行政事務を企画立案と執行に二分し、企画立案担当官に高度の専門家、実務家の取り込みを、また、執行には独立行政法人化による民間的手法の導入を提唱いたしました。現行制度に規定された任期付採用制度や分掌官制は専門家等の受け皿のつもりでありましたが、いまだに本格的活用を見るに至っておりません。独法の制度では、その運営に民間並みの自由度を与える一方、公共性、効率性の担保は目標設定と実施計画によるものといたしました。イギリスのエージェンシー導入時に責任者だったヘーゼルタイン副首相は、「的確な目標設定こそ制度の核心であり、これを担当する大臣は疲労こんぱいする。」と述懐しておりました。運営費交付金の漸減やトップへの民間人起用は独法が制度的に想定したものではありません。企画立案の抜本的な質の向上と執行の民間並みの効率化という行革の当初目的に照らしますと、いまだなすべきことがなされていないと悔やまれます。

 最後に、今日の社会を見ますと、男性と女性、教師と学生、医師と患者、保険機関と被保険者、犯罪者と被害者、差別する者と差別される者などの関係について現状の変更を促す主張が広く聞かれるところであります。私は、うかつにも最近に至って、このような変更の主張を近代批判あるいはポストモダンと言われる一つの思想的な立場からとらえる考え方のあることを学びました。この変更の求めに対応してどのような制度改革を行っていくかは今後の課題でありますが、私は個人としても、本年一月のみずからの不適切な発言について、この思想的立場を理解していれば、より注意深くあっただろうと悔やむのであります。

 昔、ある内科医師がみずからの誤診率を分析、公表したことがありました。まだ失敗学が世に出ない時期であり、私は深く感銘を受けました。そのことも念頭にありまして、私はここに私の政治活動を振り返り、悔やまれることを三つに絞って申し上げました。

 以上を申し上げまして、お礼の言葉にかえさせていただきます。(拍手)

議長(河野洋平君) 本日表彰を受けられました他の議員諸君のあいさつにつきましては、これを会議録に掲載することといたします。

    ―――――――――――――

    藤井 裕久君のあいさつ

  この度、国会議員在職二十五年に当り、院議をもって表彰していただき、感慨一入のものがあり、身に余る光栄に存じます。

  思えば、昭和五十二年参議院全国区で当選させていただいて以来、その来し方を振り返れば、いま私があるのは、多くの先輩、同僚の御指導、御鞭撻の賜であり、地元神奈川を始めとする方々の暖かい友情の支えであることをしみじみと感じます。

  私が生を得た一月前、時の犬養総理大臣が凶弾に倒れられました。いわゆる五・一五事件です。先人が営々として築いた政党政治は、この時をもって瓦解し、わが国が誤った道をひた走り走り出した時でもありました。小学六年から中学一年にかけて、日本の戦闘機がアメリカのB―29爆撃機に体当りを敢行したのを直下から目撃し、東京大空襲では、隣家まで焼失し、幾多の友を失ったことなどきのうのことのように思い出されます。私は防空壕の中で、もしここで生を全うすることができたなら、このような事態を二度とくり返してはならないと幼い胸に固く誓いました。

  私の政治の原点は平和です。平和なくして、経済の繁栄も、社会保障の充実もありません。民主党のなかに近現代歴史調査会を組織し、明治以来の歴史を正しく理解し、これからの政治のあり方を学ぶ場としたのも、この趣旨に基づくものであります。

  私は、この二十五年間に、衆、参両院の大蔵委員長、大蔵政務次官、大蔵大臣を務めさせていただき、日本経済、税財政の健全な姿を実現させるべく、自分なりに全力を尽くして参りました。残念ながら現在の状況は、これに応えられる姿になっていません。社会不安を醸成する大きな原因にもなっていることも否めません。私はその責任の一端の重さを強く認識しており、今後とも私のできる中でその再建に尽くす覚悟であります。

  いまの政治の沈滞は、事実上の一党体制からきていることを、多くの方が肌で感じておられます。民主主義、二大政党体制の母国イギリスの歴史家アクトン卿は、「権力は腐敗しやすく、絶対権力は絶対腐敗する」と言っています。私は、日本の政治の健全な発展のためには二大政党的体制を築くことが不可欠であるとの信念の下に行動し、皆様方の御厚情にお報いしたいと念じております。

  最後に、苦労をかけた家族、事務所スタッフの皆さんに感謝し、お礼のことばとさせていただきます。

    …………………………………

    川崎 二郎君のあいさつ

  本日、院議をもちまして永年在職議員の表彰をしていただきましたこと誠にありがとうございます。

  祖父川崎克、父川崎秀二に次いで永年在職議員として表彰をいただきましたこと、特に私の父が二五年在職の七日前に亡くなり、特別の計らいで二四年一一ヶ月の表彰をいただいただけに感激の極みであります。同時に、倒れた父の意志を継ごうとした「初心を忘れず」を改めて決意する次第です。これもひとえに郷土三重県の皆様のご支援のお陰であり、心から厚く御礼申し上げます。

  祖父川崎克は尾崎行雄先生のご指導により大正四年(一九一五年)国政に参画させていただきました。私も多くの先輩、同僚各位のご指導を賜りました。お陰で今日を迎えることができました。ここに重ねて御礼申し上げます。

  三代で三四回の総選挙を戦う中で五回の敗戦を経験致しました。敗れたときに励まして下さった人の心の暖かさを改めて感じ、その力をバネに今日まで国政に参画させていただいて参りました。

  私は昭和二二年に生まれた「団塊の世代」の一人です。我々の成長とともに日本経済は大きく発展してきました。高校生の時に「東京オリンピック」、大学生の時に「大阪万博」を経験し高度成長の中を歩いてきました。私は大学を出ると電機メーカーに就職しましたが、当時は家電ブーム、トランジスタ・カラーテレビ・ルームクーラー・全自動洗濯機・大型冷蔵庫が開発され、営業所の売り上げも毎年三〇%アップの時代でした。我々が生産者として懸命に働くとともに、消費者として購買力を年々増大していく時代でした。

  しかし、我々が子育てを終え一服した頃より、「バブルの崩壊」と同時に極端な低成長時代を迎えることとなりました。

  「団塊の世代」が六〇歳を越えつつある中、「世界一の長寿社会」と「少子高齢化」という二つの課題を抱え、日本の社会は岐路を迎えつつあります。国際社会も大きな変化の時を迎えています。アメリカ一極集中から「EUの拡大とユーロの安定」「中国の大きな台頭を中心とするアジア経済の拡大」「エネルギーを中心としたロシアの復権」「中近東情勢の更なる混迷」と、一〇年前と大きく変わりつつあります。

  こうした内外の課題を抱える中、政治家が日本の将来の為に間違いない判断ができるかが問われています。明日の為に、今すべき努力を遅らせてはなりません。

  「団塊の世代」の政治家として次の世代へのバトンタッチがしっかりできるよう最大の努力を決意し、御礼の言葉と致します。ありがとうございました。

     ――――◇―――――

 日程第一 社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案(第百六十六回国会、内閣提出、参議院送付)

議長(河野洋平君) 日程第一、社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。厚生労働委員長茂木敏充君。

    ―――――――――――――

 社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔茂木敏充君登壇〕

茂木敏充君 ただいま議題となりました社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律案について、厚生労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、社会福祉士及び介護福祉士の資質の確保及び向上を図るため、これらの資格の取得方法の見直し等を行おうとするもので、その主な内容は、

 第一に、介護福祉士の業務を「心身の状況に応じた介護」に改めるなど、両福祉士の定義規定を見直すこと、

 第二に、福祉サービス関係者との連携について新たな規定をするなど、両福祉士の義務規定を見直すこと、

 第三に、介護福祉士の資格取得について、一定の教育プロセスを経た後に国家試験を受験する方法に一元化することとし、養成施設の卒業者については、当分の間、准介護福祉士とすること

等であります。

 本案は、第百六十六回国会に提出され、去る四月二十七日参議院において修正議決の上、本院に送付され、継続審査となっていたものであります。

 今国会においては、去る十一月二日質疑を行い、討論、採決の結果、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。

 なお、本案に対し附帯決議を付することに決しました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(河野洋平君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(河野洋平君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。

     ――――◇―――――

 日程第二 銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律案(内閣提出)

議長(河野洋平君) 日程第二、銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。内閣委員長中野清君。

    ―――――――――――――

 銃砲刀剣類所持等取締法及び武器等製造法の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔中野清君登壇〕

中野清君 ただいま議題となりました法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、最近における銃器を使用した犯罪の続発により、国民生活に重大な脅威が生じていること等の状況にかんがみ、けん銃等を使用した凶悪犯罪等を抑止するため、罰則の強化等の措置を講ずるものであり、その主な内容は次のとおりであります。

 第一に、組織的なけん銃等の発射について、無期もしくは五年以上の有期懲役または無期もしくは五年以上の有期懲役及び三千万円以下の罰金を科す等所要の罰則を整備することとするものであります。

 第二に、けん銃等の不法所持について、その数が二以上であるときは、一年以上十五年以下の懲役を科すこととするものであります。

 第三に、けん銃等の輸入等について、営利目的の輸入罪の法定刑のうち懲役に併科される罰金の上限を一千万円から三千万円に引き上げるなどの罰則の強化を行うこととするものであります。

 第四に、許可を受けた銃砲の発射制限違反等及び銃砲の営利目的による無許可製造等について罰則の強化を行うほか、所要の規定の整備を行うこととするものであります。

 本案は、去る十月三十日本委員会に付託され、翌三十一日泉国家公安委員会委員長から提案理由の説明を聴取いたしました。次いで、十一月二日質疑を行い、質疑終局後、直ちに採決いたしましたところ、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 なお、本案に対し附帯決議が付されました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(河野洋平君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。

     ――――◇―――――

議長(河野洋平君) 本日は、これにて散会いたします。

    午後一時十八分散会

     ――――◇―――――

 出席国務大臣

       厚生労働大臣  舛添 要一君

       国務大臣  泉  信也君


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.