衆議院

メインへスキップ



第6号 平成24年2月23日(木曜日)

会議録本文へ
平成二十四年二月二十三日(木曜日)

    ―――――――――――――

 議事日程 第四号

  平成二十四年二月二十三日

    午後零時三十分開議

 第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

 第二 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 永年在職の議員山岡賢次君に対し、院議をもって功労を表彰することとし、表彰文は議長に一任するの件(議長発議)

 日程第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

 日程第二 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案(稲見哲男君外四名提出)

 国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(議院運営委員長提出)


このページのトップに戻る

    午後零時三十二分開議

議長(横路孝弘君) これより会議を開きます。

     ――――◇―――――

 永年在職議員の表彰の件

議長(横路孝弘君) お諮りいたします。

 国会議員として在職二十五年に達せられました山岡賢次君に対し、先例により、院議をもってその功労を表彰いたしたいと存じます。

 表彰文は議長に一任されたいと存じます。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。

 表彰文を朗読いたします。

 議員山岡賢次君は国会議員として在職すること二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた

 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する

    〔拍手〕

 この贈呈方は議長において取り計らいます。

    ―――――――――――――

議長(横路孝弘君) この際、山岡賢次君から発言を求められております。これを許します。山岡賢次君。

    〔山岡賢次君登壇〕

山岡賢次君 このたび、永年勤続議員として、院議をもって御丁重な表彰の御決議を賜りました。まことに身に余る光栄であり、感謝にたえません。謹んで御礼を申し上げます。

 これもひとえに、諸先輩、同僚各位の御指導と、参議院議員選挙、衆議院議員選挙のそれぞれにおいて、長きにわたり御支援をいただいた皆様の変わらない御協力のたまものであります。ここに心から御礼を申し上げる次第であります。

 現在、世界は未曽有の変革期に際し、我が国の政治、外交、経済も戦後の最も深刻な試練に直面をしております。ここにおいてみずからを省みますとき、いまだに不徳非才、まことにじくじたるものがございます。

 きょうを機として、心を新たにして、国政のため、一層の微力をささげたいと存じます。何とぞよろしく御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げ、御礼の言葉といたします。

 ありがとうございました。(拍手)

     ――――◇―――――

 日程第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

 日程第二 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)

議長(横路孝弘君) 日程第一、裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案、日程第二、検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案、右両案を一括して議題といたします。

 委員長の報告を求めます。法務委員長小林興起君。

    ―――――――――――――

 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書

 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔小林興起君登壇〕

小林興起君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 両案は、一般の政府職員の給与に関する臨時特例が定められることに伴い、裁判官の報酬及び検察官の俸給に関する臨時特例を定める措置を講ずるものであり、一般の政府職員について、平成二十六年三月三十一日までの間、給与の支給に当たって職務の級に応じた割合等の減額支給措置を講ずることに伴い、裁判官の報酬及び検察官の俸給についても、おおむねこれに準じて減額支給措置を講ずるものであります。

 両案は、第百七十七回国会に提出され、継続審査に付されていたものであります。

 今国会では、去る一月二十四日本委員会に付託され、昨日小川法務大臣から提案理由の説明を聴取しました。次いで、両案に対しそれぞれ黒岩宇洋君外三名から、民主党・無所属クラブ、自由民主党・無所属の会及び公明党の共同提案により、一般の政府職員の給与改定等に伴い、裁判官の報酬月額及び検察官の俸給月額の改定等を行うこと等を内容とする修正案が提出され、趣旨の説明を聴取しました。引き続き、両案及び両修正案を一括して質疑を行い、質疑を終局し、採決の結果、両修正案及び修正部分を除く両原案はいずれも全会一致をもって可決され、両法律案はいずれも修正議決すべきものと決しました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(横路孝弘君) 両案を一括して採決いたします。

 両案の委員長の報告はいずれも修正であります。両案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、両案とも委員長報告のとおり修正議決いたしました。

     ――――◇―――――

太田和美君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。

 稲見哲男君外四名提出、国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。

議長(横路孝弘君) 太田和美さんの動議に御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。

    ―――――――――――――

 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案(稲見哲男君外四名提出)

議長(横路孝弘君) 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。総務委員長原口一博君。

    ―――――――――――――

 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔原口一博君登壇〕

原口一博君 ただいま議題となりました法律案につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、民主党・無所属クラブ、自由民主党・無所属の会及び公明党の三党により共同提出されたものであり、その主な内容は、人事院の国会及び内閣に対する平成二十三年九月三十日付の職員の給与の改定に関する勧告に鑑み、一般職の職員、内閣総理大臣等の特別職の職員及び防衛省の職員の給与の改定を行うとともに、我が国の厳しい財政状況及び東日本大震災に対処する必要性に鑑み、一層の歳出の削減が不可欠であることから、国家公務員の人件費を削減するため、国家公務員に対する給与の支給に当たって、平成二十六年三月三十一日までの間減額して支給する臨時特例措置等を講じようとするものであります。

 なお、自衛官に対する臨時特例の適用につきましては、政令の定めるところにより、特例的な取り扱いができるものとしております。

 本案は、昨二十二日に提出され、本委員会に付託され、本日、提出者から提案理由の説明を聴取し、質疑を行い、質疑を終局いたしました。質疑終局後、自由民主党・無所属の会及び公明党から共同修正案が提出され、修正案提出者から提案理由の説明を聴取した後、討論を行い、採決の結果、本案は賛成多数をもって修正案のとおり修正議決すべきものと決しました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(横路孝弘君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は修正であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり修正議決いたしました。

     ――――◇―――――

太田和美君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。

 議院運営委員長提出、国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案は、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。

議長(横路孝弘君) 太田和美さんの動議に御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。

    ―――――――――――――

 国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(議院運営委員長提出)

議長(横路孝弘君) 国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の趣旨弁明を許します。議院運営委員長小平忠正君。

    ―――――――――――――

 国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔小平忠正君登壇〕

小平忠正君 ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。

 本法律案は、人事院勧告に伴う政府職員の給与改定に準じて国会議員の秘書に経過措置として支給される給料の改定等を行おうとするものであります。

 本法律案は、本日、議院運営委員会において起草し、提出したものであります。

 何とぞ御賛同くださいますようお願い申し上げます。

 以上であります。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(横路孝弘君) 採決いたします。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、本案は可決いたしました。

     ――――◇―――――

議長(横路孝弘君) 本日は、これにて散会いたします。

    午後零時四十五分散会

     ――――◇―――――

 出席国務大臣

       総務大臣  川端 達夫君

       法務大臣  小川 敏夫君


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.