衆議院

メインへスキップ



第18号 平成25年4月23日(火曜日)

会議録本文へ
平成二十五年四月二十三日(火曜日)

    ―――――――――――――

 議事日程 第十三号

  平成二十五年四月二十三日

    午後零時十分開議

 第一 スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法の一部を改正する法律案(遠藤利明君外十二名提出)

 第二 建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

 第三 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件

 第四 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出)

 第五 衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 日程第五 衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

 日程第一 スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法の一部を改正する法律案(遠藤利明君外十二名提出)

 日程第二 建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

 日程第三 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件

 日程第四 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出)

 議員請暇の件


このページのトップに戻る

    午後零時十二分開議

議長(伊吹文明君) これより会議を開きます。

     ――――◇―――――

 日程第五 衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

議長(伊吹文明君) まず、お諮りをいたします。

 日程第一ないし第四は、これを後ほど議題とすることとし、まず、日程第五を議題とすることに御異議はありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。よって、日程第一ないし第四は後ほど議題とし、まず、日程第五、衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長保岡興治君。

    ―――――――――――――

 衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔保岡興治君登壇〕

保岡興治君 ただいま議題となりました法律案につきまして、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、衆議院の各小選挙区間における人口格差を緊急に是正するために、第百八十一回国会の平成二十四年十一月十六日に成立したいわゆる緊急是正法に基づき衆議院議員選挙区画定審議会が行った衆議院小選挙区選出議員の選挙区の改定案の勧告を受けて、衆議院小選挙区選出議員の選挙区の改定を行う等のものであります。

 その主な内容は、次のとおりであります。

 第一に、衆議院小選挙区選出議員の選挙区について、平成二十二年国勢調査の結果に基づき衆議院議員選挙区画定審議会が行った勧告を受け、当該勧告どおり、十七都県において四十二選挙区の改定を行うこととしております。

 第二に、改定後の衆議院小選挙区選出議員の選挙区を定める規定等の公職選挙法の改正規定については、この法律の公布の日から起算して一月を経過した日から施行し、施行日以後初めてその期日を公示される衆議院議員の総選挙から適用することとしております。

 本案は、去る四月十六日に本委員会に付託され、十八日、新藤総務大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、翌十九日、質疑を終局し、討論、採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(伊吹文明君) 採決をいたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(伊吹文明君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決をいたしました。

     ――――◇―――――

 日程第一 スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法の一部を改正する法律案(遠藤利明君外十二名提出)

議長(伊吹文明君) おくれて御出席の諸君は速やかに着席をお願いいたします。

 それでは、先ほど、後ほどに議題とすることといたしました日程第一、スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。文部科学委員長松野博一君。

    ―――――――――――――

 スポーツ振興投票の実施等に関する法律及び独立行政法人日本スポーツ振興センター法の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔松野博一君登壇〕

松野博一君 ただいま議題となりました法律案につきまして、文部科学委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、スポーツの振興に寄与するため、スポーツ振興投票の対象とすることができるサッカーの試合を追加するとともに、独立行政法人日本スポーツ振興センターの業務にスポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務を行うことを追加し、あわせて、当分の間の措置として、同センターが国際的な競技会の我が国への招致、開催に向けスポーツ振興投票券の売上金額の一部をスポーツ施設の整備等に充てることができるようにする等を内容とするものであります。

 本案は、遠藤利明君外十二名から提出されたもので、去る四月十六日本委員会に付託され、十九日、遠藤利明君から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、討論、採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。

 なお、本案に対し附帯決議が付されたことを申し添えます。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(伊吹文明君) 採決をいたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(伊吹文明君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決をいたしました。

     ――――◇―――――

 日程第二 建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)

議長(伊吹文明君) 日程第二、建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。国土交通委員長金子恭之君。

    ―――――――――――――

 建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔金子恭之君登壇〕

金子恭之君 ただいま議題となりました法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、大規模な地震の発生に備えて、建築物の地震に対する安全性の向上を一層促進するための措置を講じようとするもので、その主な内容は、

 第一に、不特定多数の者が利用する大規模な建築物等の所有者は、耐震診断を行い、その結果を一定の期限までに所管行政庁に報告し、所管行政庁は、その報告の内容を公表しなければならないこと、

 第二に、耐震診断及び耐震改修を行う努力義務が課せられる建築物の範囲を拡大すること、

 第三に、耐震性が確保されている旨の認定を受けた建築物について、その旨を表示できる制度を創設すること

などであります。

 本案は、去る四月二日本委員会に付託され、翌三日太田国土交通大臣から提案理由の説明を聴取し、十九日、質疑を行い、質疑終了後、本案に対し、民主党・無所属クラブから修正案が提出され、趣旨説明を聴取した後、採決の結果、修正案は賛成少数で否決され、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。

 なお、本案に対し附帯決議が付されました。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(伊吹文明君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議はありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(伊吹文明君) 全会一致。御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決をいたしました。

     ――――◇―――――

 日程第三 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件

議長(伊吹文明君) 日程第三、国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。外務委員長河井克行君。

    ―――――――――――――

 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔河井克行君登壇〕

河井克行君 ただいま議題となりました国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の締結について承認を求めるの件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本条約は、昭和五十五年十月に開催されたハーグ国際私法会議において採択されたものであり、監護の権利の侵害を伴う国境を越えた子の連れ去り等が生じた場合に原則として常居所を有していた国に子を迅速に返還するための国際協力の仕組み、国境を越えた親子の接触の実現のための協力等について定めるものであります。

 その主な内容は、

 各締約国が指定する中央当局は、子の返還または子との接触を求める申請を受けて、子の所在の特定、子に対するさらなる害悪の防止等のため、全ての適当な措置をとること、

 司法当局等は、子の返還のための手続を迅速に行い、原則として子の返還を命ずること、ただし、返還により子が心身に害悪を受けるなどの重大な危険がある場合等、一定の場合には、子の返還を命ずる義務を負わないこと

等であります。

 本件は、去る四月四日の本会議において趣旨説明及び質疑が行われ、同日外務委員会に付託されました。

 委員会におきましては、翌五日岸田外務大臣から提案理由の説明を聴取し、十九日に質疑を行い、質疑終局後、採決を行った結果、本件は全会一致をもって承認すべきものと議決した次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(伊吹文明君) 採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり承認するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(伊吹文明君) 全会一致。御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり承認することに決まりました。

     ――――◇―――――

 日程第四 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出)

議長(伊吹文明君) 次に、日程第四、健康保険法等の一部を改正する法律案を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。厚生労働委員長松本純君。

    ―――――――――――――

 健康保険法等の一部を改正する法律案及び同報告書

    〔本号末尾に掲載〕

    ―――――――――――――

    〔松本純君登壇〕

松本純君 ただいま議題となりました健康保険法等の一部を改正する法律案について、厚生労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本案は、医療保険制度の安定的運営を図るため、所要の措置を講じようとするものであり、その主な内容は、

 第一に、平成二十五年度及び二十六年度において、協会けんぽに対する国庫補助率を千分の百六十四に引き上げるとともに、被用者保険等の保険者が負担する後期高齢者支援金の額について、その額の三分の一を被用者保険等の保険者の標準報酬総額に応じたものとすること、

 第二に、健康保険の被保険者等の業務上の負傷等について、労災保険の給付対象とならない場合は、法人の役員としての業務を除き、健康保険の給付対象とすること

等であります。

 本案は、去る四月二日本委員会に付託され、翌三日に田村厚生労働大臣から提案理由の説明を聴取し、五日から質疑に入り、十九日に質疑を終局いたしました。

 質疑終局後、自由民主党及び公明党より、施行期日についての修正案が提出され、趣旨説明を聴取いたしました。

 次いで、討論、採決の結果、修正案及び修正部分を除く原案はいずれも賛成多数をもって可決され、本案は修正議決すべきものと決した次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)

    ―――――――――――――

議長(伊吹文明君) 採決いたします。

 本案の委員長の報告は修正であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

議長(伊吹文明君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり修正議決いたしました。

     ――――◇―――――

 議員請暇の件

議長(伊吹文明君) 次に、議員請暇の件につきお諮りいたします。

 山田宏君から、四月二十四日から五月二日まで九日間、中田宏君から、四月二十四日から五月六日まで十三日間、請暇の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。(発言する者あり)静粛に願います。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。よって、いずれも許可することに決まりました。

     ――――◇―――――

議長(伊吹文明君) 本日は、これにて散会いたします。

    午後零時三十一分散会

     ――――◇―――――

 出席国務大臣

       総務大臣    新藤 義孝君

       外務大臣    岸田 文雄君

       文部科学大臣  下村 博文君

       厚生労働大臣  田村 憲久君

       国土交通大臣  太田 昭宏君


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.