衆議院

メインへスキップ



第1号 平成25年10月29日(火曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成二十五年十月十五日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 石田 真敏君

   理事 江崎 鐵磨君 理事 土屋 正忠君

   理事 ふくだ峰之君 理事 田嶋  要君

   理事 西田  譲君 理事 遠山 清彦君

      秋元  司君    安藤  裕君

      池田 道孝君    小田原 潔君

      大見  正君    門  博文君

      神山 佐市君    菅家 一郎君

      黄川田仁志君    小島 敏文君

      古賀  篤君    今野 智博君

      末吉 光徳君    鳩山 邦夫君

      平口  洋君    三ッ林裕巳君

      宮澤 博行君    盛山 正仁君

      吉野 正芳君    郡  和子君

      階   猛君    横路 孝弘君

      高橋 みほ君    林原 由佳君

      大口 善徳君    椎名  毅君

      鈴木 貴子君    西村 眞悟君

    ―――――――――――――

十月十五日

 石田真敏君委員長辞任につき、その補欠として江崎鐵磨君が議院において、委員長に選任された。

平成二十五年十月二十九日(火曜日)

    午前九時三十分開議

 出席委員

   委員長 江崎 鐵磨君

   理事 大塚  拓君 理事 土屋 正忠君

   理事 ふくだ峰之君 理事 盛山 正仁君

   理事 吉野 正芳君 理事 階   猛君

   理事 田嶋  要君 理事 西田  譲君

   理事 遠山 清彦君

      青山 周平君    安藤  裕君

      小田原 潔君    大西 英男君

      大見  正君    門  博文君

      神山 佐市君    黄川田仁志君

      小島 敏文君    古賀  篤君

      新谷 正義君    末吉 光徳君

      鳩山 邦夫君    平口  洋君

      宮澤 博行君    郡  和子君

      横路 孝弘君    高橋 みほ君

      林原 由佳君    大口 善徳君

      椎名  毅君    鈴木 貴子君

    …………………………………

   法務大臣         谷垣 禎一君

   法務副大臣        奥野 信亮君

   法務大臣政務官      平口  洋君

   法務委員会専門員     矢部 明宏君

    ―――――――――――――

委員の異動

十月十五日

 辞任         補欠選任

  石田 真敏君     大塚  拓君

同月十七日

 辞任         補欠選任

  秋元  司君     橋本  岳君

同月二十九日

 辞任         補欠選任

  池田 道孝君     新谷 正義君

  菅家 一郎君     青山 周平君

  三ッ林裕巳君     大西 英男君

同日

 辞任         補欠選任

  青山 周平君     菅家 一郎君

  大西 英男君     三ッ林裕巳君

  新谷 正義君     池田 道孝君

同日

 理事奥野信亮君及び若宮健嗣君九月三十日委員辞任につき、その補欠として吉野正芳君及び盛山正仁君が理事に当選した。

同日

 理事江崎鐵磨君同月十五日委員長就任につき、その補欠として大塚拓君が理事に当選した。

同日

 理事田嶋要君同日理事辞任につき、その補欠として階猛君が理事に当選した。

    ―――――――――――――

十月十五日

 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案(高市早苗君外五名提出、第百八十三回国会衆法第二二号)

 民法の一部を改正する法律案(参議院提出、第百八十三回国会参法第六号)

 公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金の提供等の処罰に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、第百八十三回国会閣法第三〇号)

 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律案(内閣提出、第百八十三回国会閣法第五二号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の辞任及び補欠選任

 国政調査承認要求に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

江崎委員長 これより会議を開きます。

 この際、一言御挨拶をさせていただきます。

 このたび、法務委員長の重責を担わせていただく江崎鐵磨です。

 本委員会が所管する分野におきましては、国民生活の根幹にかかわる重要な問題が山積しており、本委員会に課せられた使命はまことに重大であります。

 ここに、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会の運営に努めてまいりますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

     ――――◇―――――

江崎委員長 それでは、理事の辞任についてお諮りをいたします。

 理事田嶋要君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

江崎委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。

 引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。

 ただいまの理事辞任及び委員の異動並びに私の委員長就任に伴い、現在理事が四名欠員となっております。その補欠選任につきまして、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

江崎委員長 異議なしと認めます。

 それでは、理事に

      大塚  拓君    盛山 正仁君

      吉野 正芳君    階   猛君

を指名いたします。

     ――――◇―――――

江崎委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 裁判所の司法行政に関する事項

 法務行政及び検察行政に関する事項

 国内治安に関する事項

 人権擁護に関する事項

以上の各事項につきまして、本会期中調査をいたしたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

江崎委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

江崎委員長 この際、御報告申し上げます。

 最高裁判所から国会に、遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件(平成二十四年(ク)第九八四号、第九八五号)及び遺産分割審判に対する抗告審の変更決定に対する特別抗告事件(平成二十四年(ク)第一二六一号)についての決定正本が送付され、去る九月九日、議長より当委員会に参考送付されましたので、御報告いたします。

 また、去る九月二十日、最高裁判所から国会に、遺産分割審判に対する抗告審の決定に対する特別抗告事件(平成二十五年(ク)第一三二号、第一三三号)についての決定正本が送付され、去る九月二十四日、議長より当委員会に参考送付されましたので、御報告いたします。

     ――――◇―――――

江崎委員長 この際、谷垣禎一法務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。

谷垣国務大臣 法務大臣の谷垣禎一です。

 委員長初め委員の皆様方には、平素から法務行政の運営に格別の御尽力を賜っております。

 さきの通常国会においては、長い間懸案となっておりました、国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律、いわゆるハーグ条約実施法、それから、刑の一部執行猶予制度を導入する刑法の一部改正法等を初め、多くの法案につき熟議を重ねていただき、成立させていただきました。

 言うまでもなく、法務省の重要な使命は、法秩序の維持や国民の権利擁護を通じて、国民生活の安全、安心を守るための法的基盤の整備を図り、もって法の支配をあまねく貫徹することであり、国会で御審議いただき、成立させていただいた法律については、国会審議において御指摘をいただいた点に十分留意し、誠実に実施、運用してまいる所存です。

 ところで、現下、法務行政には多岐にわたる重要な政策課題がございます。

 再犯防止対策は、国民生活の安心、安全の確保のため、できる限り速やかに進めなくてはならない課題です。刑務所出所者等の再犯を防止し、円滑な社会復帰を実現するためには、関係省庁間の連携はもとより、自治体、民間団体、企業、そして国民の皆様の御支援、御協力が不可欠です。引き続き、本施策の意義を丹念に説明することに努め、国民の皆さんの御理解を得ながら、さまざまな取り組みを進めてまいる所存です。

 犯罪被害者等の保護、支援も引き続き重要な課題です。犯罪被害者等を保護するための制度を適切に運用し、きめ細かな対応に努めてまいります。

 凶悪犯罪、サイバー犯罪等への的確な対応、治安基盤の整備、国際的に依然として脅威となっているテロへの対策については、いずれも万全を期してまいります。

 出入国管理行政では、東日本大震災からの復興や我が国の経済成長に資するため、外国人観光客や我が国の活力となるべき外国人の円滑、適正な受け入れの促進に努めてまいります。また、観光立国の観点及び二〇二〇年の東京オリンピック・パラリンピック開催を念頭に、テロ対策等を講じつつ、より迅速かつ円滑な出入国管理の実現に取り組んでまいります。

 尖閣諸島関係については、関係機関と連携し、適切に対応してまいります。

 司法制度改革に係る諸制度は、いずれも実施段階に入っており、各制度の成熟に努めております。法曹養成制度については、各方面からさまざまな問題点が指摘されているところであり、関係閣僚から成る法曹養成制度改革推進会議、内閣官房に置かれた法曹養成制度改革推進室において、法曹養成制度改革顧問会議の意見を聞きつつ検討が進められており、法務省としましても、質、量ともに豊かな法曹を養成する制度の構築に向けて迅速に施策の実施及び検討を進めてまいります。

 また、現在、法制審議会で審議されている新たな刑事司法制度の構築についても、今後、審議結果を踏まえて必要な法整備を行ってまいります。検察の改革のための取り組みについても、確実に実施してまいります。

 人権擁護施策としては、一人一人の人権が尊重される豊かで成熟した社会を実現するため、人権啓発活動や人権侵犯事件の調査・救済活動を適切に行ってまいります。

 さらに、国際貢献の面でも、開発途上国の基本法令の起草や法律家の人材育成を初めとする法制度整備支援等の国際協力に一層積極的に取り組んでまいります。

 私自身も法務大臣として、常に法務行政を担当する第一線の状況に目を配ることを怠らず、国民の皆さんの声に虚心坦懐に耳を傾け、今申し上げた諸課題克服のため、努力を惜しまぬ所存でございます。

 法務省では、現在、民法の債権関係の見直し、少年法の見直し、少年院法案を初めとする少年矯正の基盤整備等につき、所要の検討、準備を進めております。いずれも国民生活や個人の権利義務に関する重要な法整備であり、私は、法務大臣として、引き続きこれらの法整備を速やかに、かつ、着実に進めてまいる所存です。

 今国会においては、裁判官が外国で勤務等をする配偶者と生活をともにするための休業に関する制度を創設する法律案を提出しましたので、十分に御審議いただき、速やかに成立させていただきたいと存じます。

 また、民法の嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の二分の一とする規定が憲法違反であるとの最高裁判所決定を受けて、嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分と同等とするなどの措置を講ずる法律案、社外取締役等による株式会社の経営に対する監査等の強化を図る会社法の見直しを内容とする法律案を提出する予定です。

 以上、法務省の現下の課題及び法整備の方針等について述べさせていただきましたが、引き続き、奥野副大臣、平口大臣政務官と協力し、さまざまな課題に全力で取り組む所存でございますので、より一層の御理解と御協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)

江崎委員長 次に、奥野信亮法務副大臣並びに平口洋法務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを認めます。

奥野副大臣 法務副大臣の奥野信亮でございます。

 法務行政の諸課題については、いずれも国民生活の基本、根幹にかかわる重要なものばかりでございますので、皆さん方の声を十二分に拝聴させていただきながら、平口法務大臣政務官とともに大臣を支え、精力的かつスピーディーに取り組んでまいりたいと思います。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

江崎委員長 引き続いて、平口法務大臣政務官。

平口大臣政務官 法務大臣政務官の平口洋でございます。

 国の統治基盤の一つである法務行政を推進していくに当たり、谷垣法務大臣、奥野法務副大臣と力を合わせ、誠心誠意取り組んでまいる所存でございます。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

江崎委員長 ただいま、谷垣大臣から、一つつけ加えることがあるといったお申し出がありましたので、大臣、お願いいたします。

谷垣国務大臣 先ほど御挨拶を申し上げましたときに、会社法改正に関しまして、ちょっと軽率に読んだところがございますので、もう一回その部分を読ませていただきます。

 社外取締役等による株式会社の経営に対する監査等の強化等、この等を抜かしました、強化等を図る会社法の見直しを内容とする法律案を提出する予定でございます。

 失礼いたしました。

江崎委員長 どうもありがとうございました。

 それでは、次回は、あす三十日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開催することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前九時四十三分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.