衆議院

メインへスキップ



第1号 平成26年1月30日(木曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成二十六年一月二十四日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 二階 俊博君

   理事 上杉 光弘君 理事 金田 勝年君

   理事 塩崎 恭久君 理事 萩生田光一君

   理事 林  幹雄君 理事 森山  裕君

   理事 長妻  昭君 理事 山田  宏君

   理事 石田 祝稔君

      あかま二郎君    秋元  司君

      伊藤 達也君    今村 雅弘君

      岩屋  毅君   うえの賢一郎君

      衛藤征士郎君    越智 隆雄君

      大島 理森君    金子 一義君

      小池百合子君    佐田玄一郎君

      菅原 一秀君    関  芳弘君

      薗浦健太郎君    中山 泰秀君

      西川 公也君    野田  毅君

      原田 義昭君    船田  元君

      宮路 和明君    保岡 興治君

      山本 幸三君    山本 有二君

      大串 博志君    岡田 克也君

      篠原  孝君    玉木雄一郎君

      古川 元久君    坂本祐之輔君

      重徳 和彦君    杉田 水脈君

      中山 成彬君    西野 弘一君

      伊佐 進一君    浜地 雅一君

      佐藤 正夫君    小池 政就君

      志位 和夫君    畑  浩治君

平成二十六年一月三十日(木曜日)

    午後三時四十四分開議

 出席委員

   委員長 二階 俊博君

   理事 上杉 光弘君 理事 金田 勝年君

   理事 塩崎 恭久君 理事 萩生田光一君

   理事 林  幹雄君 理事 長妻  昭君

   理事 山田  宏君 理事 石田 祝稔君

      秋元  司君    伊藤 達也君

      今村 雅弘君    岩屋  毅君

      うえの賢一郎君    衛藤征士郎君

      越智 隆雄君    大島 理森君

      金子 一義君    小池百合子君

      佐田玄一郎君    白石  徹君

      菅原 一秀君    関  芳弘君

      薗浦健太郎君    中山 泰秀君

      西川 公也君    野田  毅君

      原田 義昭君    保岡 興治君

      簗  和生君    山本 幸三君

      山本 有二君    大串 博志君

      岡田 克也君    篠原  孝君

      玉木雄一郎君    古川 元久君

      坂本祐之輔君    椎木  保君

      重徳 和彦君    杉田 水脈君

      西野 弘一君    伊佐 進一君

      浜地 雅一君    佐藤 正夫君

      柿沢 未途君    宮本 岳志君

      畑  浩治君

    …………………………………

   内閣総理大臣       安倍 晋三君

   財務大臣

   国務大臣

   (金融担当)       麻生 太郎君

   総務大臣

   国務大臣

   (国家戦略特別区域担当)

   (地方分権改革担当)   新藤 義孝君

   法務大臣         谷垣 禎一君

   外務大臣         岸田 文雄君

   文部科学大臣       下村 博文君

   厚生労働大臣       田村 憲久君

   農林水産大臣       林  芳正君

   経済産業大臣

   国務大臣

   (原子力損害賠償支援機構担当)          茂木 敏充君

   国土交通大臣       太田 昭宏君

   環境大臣

   国務大臣

   (原子力防災担当)    石原 伸晃君

   防衛大臣         小野寺五典君

   国務大臣

   (内閣官房長官)     菅  義偉君

   国務大臣

   (復興大臣)       根本  匠君

   国務大臣

   (国家公安委員会委員長)

   (防災担当)       古屋 圭司君

   国務大臣

   (沖縄及び北方対策担当)

   (科学技術政策担当)

   (宇宙政策担当)     山本 一太君

   国務大臣

   (消費者及び食品安全担当)

   (少子化対策担当)

   (男女共同参画担当)   森 まさこ君

   国務大臣

   (経済財政政策担当)   甘利  明君

   国務大臣

   (規制改革担当)     稲田 朋美君

   内閣府副大臣       西村 康稔君

   財務副大臣        古川 禎久君

   予算委員会専門員     石崎 貴俊君

    ―――――――――――――

委員の異動

一月二十七日

 辞任         補欠選任

  小池 政就君     柿沢 未途君

同月二十九日

 辞任         補欠選任

  志位 和夫君     宮本 岳志君

同月三十日

 辞任         補欠選任

  あかま二郎君     白石  徹君

  船田  元君     簗  和生君

  中山 成彬君     椎木  保君

同日

 辞任         補欠選任

  白石  徹君     あかま二郎君

  簗  和生君     船田  元君

  椎木  保君     中山 成彬君

    ―――――――――――――

一月二十四日

 平成二十五年度一般会計補正予算(第1号)

 平成二十五年度特別会計補正予算(特第1号)

 平成二十五年度政府関係機関補正予算(機第1号)

 平成二十六年度一般会計予算

 平成二十六年度特別会計予算

 平成二十六年度政府関係機関予算

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 参考人出頭要求に関する件

 平成二十六年度一般会計予算

 平成二十六年度特別会計予算

 平成二十六年度政府関係機関予算

 平成二十五年度一般会計補正予算(第1号)

 平成二十五年度特別会計補正予算(特第1号)

 平成二十五年度政府関係機関補正予算(機第1号)


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

二階委員長 これより会議を開きます。

 平成二十六年度一般会計予算、平成二十六年度特別会計予算、平成二十六年度政府関係機関予算、平成二十五年度一般会計補正予算(第1号)、平成二十五年度特別会計補正予算(特第1号)、平成二十五年度政府関係機関補正予算(機第1号)、以上の各案を一括して議題とし、審査に入ります。

 まず、各案の趣旨について政府の説明を聴取いたします。麻生財務大臣。

    ―――――――――――――

 平成二十六年度一般会計予算

 平成二十六年度特別会計予算

 平成二十六年度政府関係機関予算

 平成二十五年度一般会計補正予算(第1号)

 平成二十五年度特別会計補正予算(特第1号)

 平成二十五年度政府関係機関補正予算(機第1号)

    〔本号(その二)に掲載〕

    ―――――――――――――

麻生国務大臣 平成二十五年度の補正予算及び平成二十六年度予算の大要につきましては、既に本会議において申し述べたとおりでありますが、予算委員会での御審議をお願いするに当たり、改めて御説明をさせていただきたいと存じます。

 最初に、平成二十五年度補正予算について申し上げます。

 好循環実現のための経済対策につきましては、一般会計において、総額で五兆四千七百四十四億円の財政支出を行うことといたしております。その内容は、競争力強化策に係る経費に一兆三千九百八十億円、女性・若者・高齢者・障害者向け施策に係る経費に三千五億円、防災・安全対策の加速に係る経費に一兆一千九百五十八億円、低所得者・子育て世帯への影響緩和、駆け込み需要及び反動減の緩和に係る経費に六千四百九十三億円、東日本大震災復興特別会計への繰り入れとして一兆九千三百八億円を計上しております。そのほか、地方交付税交付金として一兆一千六百八億円、国際分担金などのその他の経費として三千六百三十六億円を計上いたしております。

 これらの歳出を賄うため、歳出面におきましては、既定経費を一兆五千三百三十四億円減額することとしており、歳入面におきましては、税収で二兆二千五百八十億円、税外収入で三千六百九十四億円の増収を見込むほか、前年度剰余金を二兆八千三百八十一億円計上しております。これらにより、国債の追加発行をせずに、経済対策等の財源を確保することといたしております。

 こうした結果、平成二十五年度一般会計予算の総額は、歳入歳出ともに当初予算から五兆四千六百五十四億円増加し、九十八兆七百七十億円となります。

 また、特別会計予算等についても所要の補正を行うことといたしております。

 平成二十五年度財政投融資計画につきましては、好循環実現のための経済対策を踏まえ、総額一千三百八億円を追加しております。

 続いて、平成二十六年度予算について申し上げます。

 平成二十六年度予算は、デフレ不況からの脱却、経済再生と財政健全化をあわせて目指す予算であり、平成二十五年度補正予算と一体として、日本の競争力の強化につながる未来への投資や、生活の基盤を守る暮らしの安全、安心といった事項に予算を重点化いたしております。

 また、社会保障・税一体改革を実現する最初の予算であり、消費税増収分を活用し、社会保障の充実と安定化を図ります。

 基礎的財政収支対象経費は七十二兆六千百二十一億円であり、これに国債費二十三兆二千七百二億円を合わせた一般会計総額は、九十五兆八千八百二十三億円となっております。

 一方、歳入につきましては、租税等の収入は五十兆十億円、その他収入は四兆六千三百十三億円を見込んでおります。また、公債金は四十一兆二千五百億円となっており、前年度当初予算に対し、一兆六千十億円の減額を行っております。

 この結果、国の一般会計における基礎的財政収支につきましては、中期財政計画における平成二十六年度及び平成二十七年度の各年度四兆円程度改善との目標を大きく上回る、五兆二千四百七億円の改善を実現いたしております。

 次に、主要な経費について申し述べます。

 社会保障関係費につきましては、消費税増収分を活用し、社会保障の充実を行います。具体的には、待機児童解消加速化プランによる保育の受け皿拡大や、難病の対象疾患の拡充などを実施します。また、診療報酬改定に際しては、薬価について、薬価調査の結果を踏まえた上で市場実勢価格を反映し、新たな国民の負担の増加を避けつつ、地域医療向けの補助金の創設とあわせ、医療提供体制の改革を推進いたしてまいります。これらの結果、三十兆五千百七十五億円を計上いたしております。

 文教及び科学振興費につきましては、将来を担う人材を養成するためのグローバル人材育成や大学改革等を推進するとともに、奨学金等の就学支援、いじめ問題対策等の施策を充実することといたしております。また、科学技術関係予算につきましては、総合科学技術会議が、司令塔機能強化のため、みずから予算の重点配分を行う仕組みを創設するとともに、日本版のNIHの創設に向けて医療分野の研究開発関連予算を充実することといたしております。これらの結果、五兆四千四百二十一億円を計上いたしております。

 恩給関係費につきましては、四千四百四十三億円を計上しております。

 地方財政につきましては、地方の税収増を反映して地方交付税交付金等を縮減しつつ、地方の安定的な財政運営に必要な地方税、地方交付税等の地方の一般財源の総額については、社会保障の充実分等を増額し、地方に最大限配慮いたしております。これらの結果、地方交付税交付金を十六兆一千四百二十四億円計上いたしております。

 防衛関係費につきましては、新たに策定された防衛大綱及び中期防衛力整備計画に沿って、周辺海空域における警戒監視能力の強化、島嶼部に対する危機対応能力の強化等を図る観点から、昨年度に引き続き充実を図ることといたしており、四兆八千八百四十八億円を計上いたしております。

 公共事業関係費につきましては、引き続き投資の重点化、効率化を図りつつ、国民の命と暮らしを守るインフラ老朽化対策や、南海トラフ地震等に備えた防災・減災対策等の課題に対応するため、真に必要な社会資本整備等に取り組むことといたしております。これらの結果、五兆九千六百八十五億円を計上いたしております。

 経済協力費につきましては、日本企業等の海外展開支援を初め、日本の持続的な成長にもつながる分野等への重点化を進めつつ、ODA全体の事業量の確保を図っており、五千九十八億円を計上いたしております。

 中小企業対策費につきましては、ものづくり技術の研究開発等への支援を充実させるほか、中小企業の資金繰り対策や消費税転嫁対策等にも万全を期することとしており、一千八百五十三億円を計上いたしております。

 エネルギー対策費につきましては、国内資源の開発及び海外資源の権益確保、省エネルギーの推進及び再生可能エネルギーの導入拡大に向けた支援に重点化しているほか、原子力規制・防災対策を推進し、原子力損害賠償支援機構へ資金交付等を行うことといたしております。これらの結果、九千六百四十二億円を計上いたしております。

 農林水産関係予算につきましては、農林水産業の競争力強化を推進するため、経営所得安定対策を見直すとともに、農地中間管理機構を通じた担い手への農地集積・集約の加速化、六次産業化や輸出拡大の推進等を図ることといたしており、公共事業関係費のうち農林水産関係部分を含め、全体で二兆三千二百六十七億円を計上いたしております。

 国家公務員の人件費につきましては、給与の特例減額を終了する一方で、現行計画の目標を大幅に上回る合理化等による定員純減や退職手当の引き下げ等を的確に予算に反映させることにより、五兆九百九十六億円となっております。

 なお、震災からの復興につきましては、平成二十五年度補正予算とあわせて、被災地の復旧復興の加速に全力で取り組んでいくことといたしております。このため、平成二十六年度東日本大震災復興特別会計において、歳出につきましては、東日本大震災復興経費二兆九千五百四十三億円、復興債費九百二十一億円、復興加速化・福島再生予備費六千億円を計上し、歳入につきましては、復興特別税七千三百八十一億円、一般会計からの受入金七千三十億円、その他収入六百六十億円、復興公債金二兆一千三百九十三億円を見込んでおります。

 平成二十六年度財政投融資計画につきましては、デフレ不況からの脱却、経済再生に向けて、長期リスクマネー等を呼び水として供給し、民間投資の活性化、経営改善に取り組む中小企業の支援、日本企業の海外展開支援、インフラ輸出、資源確保等に的確に対応することとし、計画規模は十六兆一千八百億円となっております。

 以上、平成二十六年度予算について御説明申し上げましたが、後ほど古川副大臣より補足説明をいたさせます。

 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願いを申し上げます。

 なお、本日、本委員会に、「平成二十六年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算」及びこれに関連する「国債整理基金の資金繰り状況等についての仮定計算」を提出いたしております。また、本年におきましては、平成三十二年度までの財政健全化目標を踏まえ、参考として、当該年度までの仮定計算も行っております。よろしくお目通しのほどお願いを申し上げます。

二階委員長 これにて財務大臣の説明は終わりました。

 財務大臣以外の大臣は御退席いただいて結構でございます。

 引き続き、補足説明を聴取いたします。古川財務副大臣。

古川副大臣 平成二十六年度予算につきましては、ただいま財務大臣から説明したとおりでありますが、若干の点について補足説明いたします。

 初めに、一般会計歳出等について補足説明いたします。

 社会保障関係費につきましては、年金医療介護保険給付費二十二兆五千五百五十七億円、生活保護費二兆九千二百二十二億円、社会福祉費四兆四千四百八十億円等、合計三十兆五千百七十五億円を計上いたしております。

 文教関係費につきましては、義務教育費国庫負担金一兆五千三百二十二億円、教育振興助成費二兆三千九百十七億円等、四兆一千四十九億円を計上いたしております。また、科学技術振興費につきましては、一兆三千三百七十二億円を計上いたしております。

 地方交付税交付金等につきましては、地方交付税交付金として十六兆二百三十二億円、地方特例交付金として一千百九十二億円、合計十六兆一千四百二十四億円を交付税及び譲与税配付金特別会計に繰り入れることといたしております。

 そのほか、震災復興特別交付税五千七百二十三億円の財源として、東日本大震災復興特別会計から五千七百二十三億円を交付税及び譲与税配付金特別会計に繰り入れることといたしております。

 防衛関係費につきましては、周辺海空域における警戒監視能力の強化、島嶼部に対する攻撃への対応、弾道ミサイル攻撃及びゲリラ・特殊部隊への対応等を図ることとし、四兆八千八百四十八億円を計上いたしております。

 公共事業関係費につきましては、治山治水対策事業費八千四百二十二億円、道路整備事業費一兆三千二百二十八億円、住宅都市環境整備事業費五千四百八十六億円、農林水産基盤整備事業費五千七百三十億円、社会資本総合整備事業費一兆九千九百六十四億円等、合計五兆九千六百八十五億円を計上いたしております。

 経済協力費につきましては、無償資金協力として一千六百六十七億円、JICA技術協力として一千五百三億円、国際分担金・拠出金等として一千六十四億円等、合計五千九十八億円を計上いたしております。

 中小企業対策費につきましては、信用保険制度の基盤強化として五百八十七億円、中小企業の経営革新や創業の支援として三百三十二億円等、合計一千八百五十三億円を計上いたしております。

 エネルギー対策費につきましては、独立行政法人日本原子力研究開発機構運営費交付金等四百八十六億円、一般会計からエネルギー対策特別会計への繰り入れ九千百一億円等、合計九千六百四十二億円を計上いたしております。

 農林水産関係予算につきましては、食料の安定供給の確保に直接的に資する諸施策を実施するための食料安定供給関係費一兆五百七億円等、公共事業関係費のうちの農林水産関係部分を含め、合計二兆三千二百六十七億円を計上いたしております。

 次に、一般会計歳入について補足説明いたします。

 租税等の収入五十兆十億円の構成を見ますと、所得税の割合は二九・六%、法人税の割合は二〇・〇%、消費税の割合は三〇・七%になるものと見込んでおります。

 なお、平成二十六年度の租税等を基礎として国民所得に対する租税負担率を推計いたしますと、国税におきましては一四・五%程度になるものと見込んでおります。また、国税、地方税を合わせた負担率は二四・一%程度になるものと見込んでおります。

 財政投融資計画につきましては、財政融資十一兆七千六百十六億円、産業投資三千百七十二億円、政府保証四兆一千十二億円を計上し、計画規模は十六兆一千八百億円となっております。特に長期リスクマネーを供給する産業投資は二年連続の大幅な伸びを確保いたしており、民間投資の活性化支援に十分な規模となっております。

 なお、財政融資資金による新たな貸し付け及び既往の貸し付けの継続に必要な財源として、財政投融資特別会計国債十六兆円の発行を予定いたしております。

 以上、平成二十六年度予算についての補足説明をいたしました。

 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願いを申し上げます。

二階委員長 次に、西村内閣府副大臣。

西村副大臣 予算の参考資料としてお手元にお配りしてあります「平成二十六年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」について御説明いたします。

 これは、去る一月二十四日に閣議決定したものでございます。

 政府は、日本再興戦略の実行の加速、強化、政労使の共通認識に基づく取り組み、好循環実現のための経済対策を含む経済政策パッケージの着実な実行、中期財政計画に基づく基礎的財政収支の改善等に取り組み、デフレ脱却、経済再生と財政健全化の両立の実現を目指します。

 平成二十六年度の経済見通しにつきましては、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減等には留意が必要ですが、各種の施策の推進等により、年度を通して見れば、前年度に引き続き堅調な内需に支えられた景気回復が見込まれ、経済の好循環が徐々に実現していくと考えられます。この結果、平成二十六年度の我が国経済は、国内総生産の実質成長率一・四%程度、名目成長率三・三%程度になると見込まれ、デフレ脱却に向け着実な進展が見込まれます。

 以上で、私の説明を終わります。

二階委員長 以上をもちまして補足説明は終わりました。

    ―――――――――――――

二階委員長 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。

 ただいま説明を聴取いたしました各案の審査中、日本銀行及び独立行政法人等の役職員から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人として出席を求めることとし、その人選等諸般の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

二階委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 次回は、明三十一日午前九時から委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後四時五分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.