衆議院

メインへスキップ



第36号 平成23年8月31日(水曜日)

会議録本文へ
平成二十三年八月三十一日(水曜日)

    午前十時四十五分開議

 出席委員

   委員長 石田 勝之君

   理事 泉  健太君 理事 大串 博志君

   理事 岸本 周平君 理事 古本伸一郎君

   理事 鷲尾英一郎君 理事 竹下  亘君

   理事 山本 幸三君 理事 竹内  譲君

      東  祥三君    網屋 信介君

      五十嵐文彦君    今井 雅人君

      江端 貴子君    小野塚勝俊君

      岡田 康裕君    柿沼 正明君

      勝又恒一郎君    木内 孝胤君

      小山 展弘君    近藤 和也君

      菅川  洋君    玉木雄一郎君

      豊田潤多郎君    中塚 一宏君

      中林美恵子君    松原  仁君

      三村 和也君    柳田 和己君

      和田 隆志君    今津  寛君

      北村 茂男君    齋藤  健君

      竹本 直一君    野田  毅君

      村田 吉隆君    茂木 敏充君

      山口 俊一君    斉藤 鉄夫君

      佐々木憲昭君

    …………………………………

   内閣府副大臣       東  祥三君

   財務副大臣        五十嵐文彦君

   内閣府大臣政務官     和田 隆志君

   財務金融委員会専門員   北村 治則君

    ―――――――――――――

委員の異動

八月三十一日

 辞任         補欠選任

  徳田  毅君     北村 茂男君

同日

 辞任         補欠選任

  北村 茂男君     徳田  毅君

    ―――――――――――――

八月三十一日

 国等の責任ある財政運営を確保するための財政の健全化の推進に関する法律案(後藤田正純君外四名提出、第百七十六回国会衆法第四号)

は委員会の許可を得て撤回された。

同月二十二日

 消費税の増税反対、医療・介護施設へのゼロ税率に関する請願(笠井亮君紹介)(第二三九六号)

同月二十四日

 国税通則法の改悪反対・納税者の権利確立に関する請願(城内実君紹介)(第二五〇〇号)

 同(笠井亮君紹介)(第二五四七号)

 同(佐々木憲昭君紹介)(第二五四八号)

 同(城内実君紹介)(第二五七六号)

 消費税増税をやめ、暮らしと経営を守ることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第二五四九号)

 消費税の増税反対、医療・介護施設へのゼロ税率に関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第二五五〇号)

 復興財源を理由にした消費税増税反対に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二五七七号)

同月二十五日

 消費税増税をやめ、暮らしと経営を守ることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第二六二一号)

 国税通則法の改悪反対・納税者の権利確立に関する請願(志位和夫君紹介)(第二六九一号)

 消費税の増税反対、医療・介護施設へのゼロ税率に関する請願(笠井亮君紹介)(第二六九二号)

 国税通則法の改悪反対に関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第二六九三号)

 安易な消費税率引き上げ反対に関する請願(城内実君紹介)(第二六九四号)

 復興財源を理由にした消費税増税反対に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二六九五号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 閉会中審査に関する件

 国等の責任ある財政運営を確保するための財政の健全化の推進に関する法律案(後藤田正純君外四名提出、第百七十六回国会衆法第四号)の撤回許可に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

石田委員長 これより会議を開きます。

 この際、お諮りいたします。

 第百七十六回国会、後藤田正純君外四名提出、国等の責任ある財政運営を確保するための財政の健全化の推進に関する法律案について、提出者全員より撤回の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

石田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

石田委員長 この際、御報告いたします。

 本会期中、当委員会に付託されました請願は三十種二百五十四件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会におきまして慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。

 なお、お手元に配付いたしましたとおり、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は、クレジットカードのショッピング枠の現金化に関する陳情書外三件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、安心社会実現のため超党派で消費税論議を行い、歳出の見直しを求める意見書外六十一件であります。

     ――――◇―――――

石田委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。

 まず、内閣提出、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

石田委員長 起立多数。よって、そのように決しました。

 次に

 財政に関する件

 税制に関する件

 関税に関する件

 外国為替に関する件

 国有財産に関する件

 たばこ事業及び塩事業に関する件

 印刷事業に関する件

 造幣事業に関する件

 金融に関する件

 証券取引に関する件

以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

石田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。

 まず、閉会中審査のため、参考人から意見を聴取する必要が生じた場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

石田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 次に、閉会中審査のため、委員派遣を行う必要が生じた場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

石田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 本日は、これにて散会いたします。

    午前十時四十八分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.