衆議院

メインへスキップ



第1号 平成23年10月25日(火曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成二十三年十月二十日)(木曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 海江田万里君

   理事 網屋 信介君 理事 泉  健太君

   理事 岸本 周平君 理事 寺田  学君

   理事 豊田潤多郎君 理事 竹下  亘君

   理事 山本 幸三君 理事 竹内  譲君

      五十嵐文彦君    江端 貴子君

      小野塚勝俊君    緒方林太郎君

      大串 博志君    岡田 康裕君

      木内 孝胤君    楠田 大蔵君

      小山 展弘君    近藤 和也君

      斎藤やすのり君    菅川  洋君

      鈴木 克昌君    中塚 一宏君

      中林美恵子君    藤田 憲彦君

      古本伸一郎君    三谷 光男君

      三村 和也君    森本 和義君

      今津  寛君    齋藤  健君

      竹本 直一君    徳田  毅君

      野田  毅君    村田 吉隆君

      茂木 敏充君    山口 俊一君

      斉藤 鉄夫君    佐々木憲昭君

      田中 康夫君

平成二十三年十月二十五日(火曜日)

    午前九時開議

 出席委員

   委員長 海江田万里君

   理事 網屋 信介君 理事 泉  健太君

   理事 岸本 周平君 理事 寺田  学君

   理事 豊田潤多郎君 理事 竹下  亘君

   理事 山口 俊一君 理事 山本 幸三君

   理事 竹内  譲君

      五十嵐文彦君    磯谷香代子君

      緒方林太郎君    大串 博志君

      岡田 康裕君    木内 孝胤君

      楠田 大蔵君    小山 展弘君

      近藤 和也君   斎藤やすのり君

      菅川  洋君    鈴木 克昌君

      中塚 一宏君    藤田 憲彦君

      古本伸一郎君    三谷 光男君

      三村 和也君    森本 和義君

      山口 和之君    柚木 道義君

      齋藤  健君    竹本 直一君

      丹羽 秀樹君    西村 康稔君

      野田  毅君    三ッ矢憲生君

      佐々木憲昭君    田中 康夫君

    …………………………………

   財務大臣         安住  淳君

   国務大臣

   (金融担当)       自見庄三郎君

   内閣府副大臣       中塚 一宏君

   財務副大臣        五十嵐文彦君

   財務副大臣        藤田 幸久君

   内閣府大臣政務官     大串 博志君

   財務大臣政務官      三谷 光男君

   財務大臣政務官      吉田  泉君

   財務金融委員会専門員   北村 治則君

    ―――――――――――――

委員の異動

十月二十日

 辞任         補欠選任

  今津  寛君     丹羽 秀樹君

  徳田  毅君     三ッ矢憲生君

  茂木 敏充君     西村 康稔君

同月二十五日

 辞任         補欠選任

  江端 貴子君     磯谷香代子君

  小野塚勝俊君     山口 和之君

  中林美恵子君     柚木 道義君

同日

 辞任         補欠選任

  磯谷香代子君     江端 貴子君

  山口 和之君     小野塚勝俊君

  柚木 道義君     中林美恵子君

同日

 理事山本幸三君同日理事辞任につき、その補欠として山口俊一君が理事に当選した。

    ―――――――――――――

十月二十日

 経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律案(内閣提出、第百七十七回国会閣法第二号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の辞任及び補欠選任

 国政調査承認要求に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

海江田委員長 これより会議を開きます。

 この際、理事辞任の件についてお諮りいたします。

 理事山本幸三君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

海江田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 次に、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。

 ただいまの理事辞任に伴う補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

海江田委員長 御異議なしと認めます。よって、山口俊一君を理事に指名いたします。

     ――――◇―――――

海江田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 財政に関する事項

 税制に関する事項

 関税に関する事項

 外国為替に関する事項

 国有財産に関する事項

 たばこ事業及び塩事業に関する事項

 印刷事業に関する事項

 造幣事業に関する事項

 金融に関する事項

 証券取引に関する事項

以上の各事項につきまして、今会期中国政に関する調査を行うため、議長に対し、国政調査承認要求を行うこととし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

海江田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

海江田委員長 この際、安住財務大臣、自見金融担当大臣、五十嵐財務副大臣、藤田財務副大臣、中塚内閣府副大臣、吉田財務大臣政務官、三谷財務大臣政務官及び大串内閣府大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。財務大臣安住淳君。

安住国務大臣 皆さん、おはようございます。このたび財務大臣を拝命いたしました安住でございます。

 本委員会の開催に当たり、一言ごあいさつを申し上げますとともに、今後の財政政策等を運営するに当たっての基本的な考え方を申し述べ、委員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 我が国の経済状況は、東日本大震災の影響から持ち直しつつあるものの、欧米等の景気減速懸念や円高等による景気の下振れリスクに留意が必要な状況となっております。また、高齢化の急速な進展による社会保障費の急増等も背景に、我が国の財政状況は主要先進国中最悪の水準となっており、欧州において財政問題が金融不安や経済不安の最大の要因になっていることにかんがみれば、我が国としても、財政の健全化にしっかり取り組んでいくことが不可欠です。国家の信用が厳しく問われる今、財政の健全化は、今や世界共通の最重要課題であります。

 厳しい道のりではありますけれども、財政健全化と経済成長の両立を図り、日本経済を再生させていかなければなりません。その先には、安定的で豊かな国民生活が確保されるものと私は確信しております。以上のような考えを、先般パリで開催された二十カ国財務大臣・中央銀行総裁会議において、私からも説明してきたところでございます。

 同時に、金融資本市場の動向を注視しつつ、日本銀行とも緊密に連携を図りながら、市場と経済の安定化に努めるとともに、新成長戦略の実現加速等により、デフレを脱却し、我が国経済を自律的な回復軌道に乗せるよう全力を傾注してまいります。

 最大かつ最優先の課題は、東日本大震災からの復旧復興でございます。また、現下の円高に対応して、産業空洞化対策等に取り組むことも喫緊の課題です。このため、先般閣議決定いたしました平成二十三年度第三次補正予算及び復興財源の基本的方針に基づき、東日本大震災からの本格的な復興策等を盛り込んだ平成二十三年度第三次補正予算及び復興財源の確保のための法案を十月二十八日に国会に提出し、御審議をお願いする考えでございます。

 今般の補正予算は、我が国経済の再生に向け、本格的な復興とあわせ、現下の円高への総合的な対応等を迅速に実行していくために必要な施策を盛り込むものであります。予算及び関連法案の一刻も早い成立が重要と考えており、委員各位の格段の御理解をお願い申し上げる次第であります。

 平成二十四年度予算編成については、先般閣議決定した概算要求組み替え基準に基づき、中期財政フレームに定める歳出の大枠の範囲内で、より効果の高い政策に重点配分を行う日本再生重点化措置を実施し、無駄遣いの根絶や不要不急な事務事業の徹底的な見直しを行い、大胆な予算の組み替えを行ってまいります。

 また、社会保障と税の一体改革については、政府・与党で決定した社会保障・税一体改革成案に基づき、平成二十一年度税制改正法附則第百四条に示された道筋に従って、今年度中の法案提出に向けて進めてまいります。

 以上、財政政策等に関する私の考えの一端を申し述べました。今後とも、皆様のお力添えを得て、政策運営に最善を尽くしてまいる所存でございます。

 海江田委員長を初め、委員各位におかれましては、御理解と御協力をお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)

海江田委員長 金融担当大臣自見庄三郎君。

自見国務大臣 金融担当大臣の自見庄三郎でございます。引き続き、御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。

 本日は、現下の金融行政について、一言申し述べます。

 初めに、我が国金融システムをめぐる状況について申し上げます。

 年央以来、欧州の財政金融問題や欧米経済の回復の弱さへの懸念から、世界経済の先行きに対する不確実性が高まっております。これらを背景に、世界的にリスク回避の動きが生じ、為替市場を含む金融資本市場で不安定な動きが見られます。このような状況のもと、金融システムの健全性を確保し、金融仲介機能が円滑かつ積極的に発揮されるよう、気を引き締めて、的確に対応してまいります。

 次に、東日本大震災についての対応について申し上げます。

 本年三月十一日に発生した東日本大震災は、我が国に極めて甚大な被害をもたらしました。そして、現在も復旧復興に向けた取り組みが関係者一丸となって続けられているところであります。

 金融庁といたしましては、震災直後から、金融機関に対し、被災地の実情を踏まえた適切かつ柔軟な対応を働きかけてきておりますが、震災からの復旧復興のために、金融の果たす役割が大変重要であることにかんがみ、引き続き、金融機関による積極的な対応を促してまいります。

 また、本年七月に施行された金融機能強化法の改正法の活用について、金融機関に対し積極的な検討を促してまいります。

 いわゆる二重債務問題については、個人債務者の私的整理に関するガイドラインの運用支援を行うなど、被災地の復興支援に最大限努めてまいります。

 続きまして、金融の円滑化について申し上げます。

 中小企業者等の業況や資金繰りは、震災や円高の影響等もあり、依然として厳しい状況にあります。このような状況のもと、金融機関においては、顧客企業に対しコンサルティング機能を積極的に発揮することにより、顧客企業の経営改善等を最大限支援していくことが求められております。金融庁といたしましても、中小企業者等のニーズに的確に対応した金融仲介が行われるよう、引き続き、中小企業金融の円滑化に向けて全力を挙げて取り組んでまいります。

 最後になりますが、国際的な金融規制改革の動向について申し上げます。

 世界の金融システムを強化する観点から、これまで、G20サミット等で示された方向性に基づき、銀行の自己資本や流動性等の新たな枠組みの整備等について国際的な合意が得られたほか、店頭デリバティブ市場の改革等の多様な施策も進展しているところであります。

 我が国といたしましては、こうした改革を進めていくことに当たって、中長期的に強固な金融システムを構築していく一方で、十分な経過期間を設けるなど、実体経済への影響に十分配慮する必要があると考えております。十一月にはカンヌ・サミットが開催されますが、こうした観点を踏まえつつ、引き続き、国際的な議論に積極的に参画し、各国と協調した取り組みを進めてまいりたいと考えています。

 以上、金融担当大臣として、一言ごあいさつを申し述べました。今後とも、皆様方のお力添えを得て、金融行政の運営に全力を傾注する所存でございます。

 海江田委員長を初め、委員各位におかれましては、御理解と御協力を切にお願いする次第でございます。ありがとうございました。(拍手)

海江田委員長 財務副大臣五十嵐文彦君。

五十嵐副大臣 引き続き財務副大臣を拝命いたしました五十嵐文彦でございます。

 海江田委員長を初め、委員の皆様方の御指導をよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。(拍手)

海江田委員長 財務副大臣藤田幸久君。

藤田副大臣 このたび財務副大臣を拝命いたしました藤田幸久でございます。

 財務省の行政運営に国民の高い関心が集まる中、大臣の御指導を仰ぎつつ、五十嵐副大臣とともに、誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございます。

 海江田委員長を初め、委員の皆様の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

海江田委員長 内閣府副大臣中塚一宏君。

中塚副大臣 内閣府副大臣を拝命いたしました中塚一宏でございます。自見大臣のもとで、金融を担当させていただきます。

 海江田委員長、理事、委員各位の先生方の御指導のもと、職責を全うしてまいりたい、そう考えております。どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)

海江田委員長 財務大臣政務官吉田泉君。

吉田大臣政務官 引き続き財務大臣政務官を拝命いたしました吉田泉でございます。

 三谷大臣政務官とともに、大臣を補佐しつつ、職務の遂行に全力を傾注してまいる所存でございます。

 海江田委員長を初め、委員の皆様の御指導、御鞭撻、よろしくお願い申し上げます。(拍手)

海江田委員長 財務大臣政務官三谷光男君。

三谷大臣政務官 このたび財務大臣政務官を拝命いたしました三谷光男です。

 吉田大臣政務官とともに、安住大臣を補佐し、職務の遂行に全力を尽くしてまいります。

 海江田委員長を初め、委員の皆様の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

海江田委員長 内閣府大臣政務官大串博志君。

大串大臣政務官 内閣府の大臣政務官を拝命しました大串博志でございます。金融を担当しております。

 中塚副大臣とともに、自見大臣をお支えし、全力を尽くす所存でございます。

 海江田委員長を初め、理事、委員の皆様の御指導と御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

海江田委員長 次回は、明二十六日水曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前九時十四分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.