衆議院

メインへスキップ



第2号 平成13年2月23日(金曜日)

会議録本文へ
平成十三年二月二十三日(金曜日)

    午前九時三十一分開議

 出席委員

   委員長 鈴木 俊一君

   理事 棚橋 泰文君 理事 谷畑  孝君

   理事 森  英介君 理事 吉田 幸弘君

   理事 大石 正光君 理事 鍵田 節哉君

   理事 福島  豊君 理事 佐藤 公治君

      奥山 茂彦君    上川 陽子君

      鴨下 一郎君    木村 義雄君

      北村 誠吾君    田中眞紀子君

      田村 憲久君    竹下  亘君

      西川 京子君    林 省之介君

      松島みどり君    三ッ林隆志君

      宮腰 光寛君    宮澤 洋一君

      森山 眞弓君    吉野 正芳君

      家西  悟君    大島  敦君

      加藤 公一君    金田 誠一君

      釘宮  磐君    古川 元久君

      三井 辨雄君    水島 広子君

      山井 和則君    青山 二三君

      樋高  剛君    小沢 和秋君

      矢島 恒夫君    阿部 知子君

      中川 智子君    小池百合子君

      川田 悦子君

    …………………………………

   厚生労働大臣       坂口  力君

   厚生労働副大臣      増田 敏男君

   厚生労働副大臣      桝屋 敬悟君

   厚生労働大臣政務官    奥山 茂彦君

   厚生労働大臣政務官    田浦  直君

   厚生労働委員会専門員   宮武 太郎君

    ―――――――――――――

委員の異動

二月二十三日

 辞任         補欠選任

  木島日出夫君     矢島 恒夫君

同日

 辞任         補欠選任

  矢島 恒夫君     木島日出夫君

    ―――――――――――――

二月二十三日

 社会保障の拡充に関する請願(井上喜一君紹介)(第一六三号)

 同(大野松茂君紹介)(第一六四号)

 同(奥谷通君紹介)(第一六五号)

 同(田中慶秋君紹介)(第一六六号)

 同(葉山峻君紹介)(第一六七号)

 同(平沢勝栄君紹介)(第一六八号)

 同(細川律夫君紹介)(第一六九号)

 同(松沢成文君紹介)(第一七〇号)

 同(三ッ林隆志君紹介)(第一七一号)

 同(遠藤武彦君紹介)(第二一三号)

 同(小此木八郎君紹介)(第二一四号)

 同(大森猛君紹介)(第二一五号)

 同(奥田建君紹介)(第二一六号)

 同(小林守君紹介)(第二一七号)

 同(志位和夫君紹介)(第二一八号)

 同(塩川鉄也君紹介)(第二一九号)

 同(田中慶秋君紹介)(第二二〇号)

 同(日森文尋君紹介)(第二二一号)

 同(不破哲三君紹介)(第二二二号)

 同(矢島恒夫君紹介)(第二二三号)

 同(渡辺具能君紹介)(第二二四号)

 同(上田清司君紹介)(第二六三号)

 同(亀井善之君紹介)(第二六四号)

 同(木村義雄君紹介)(第二六五号)

 同(中田宏君紹介)(第二六六号)

 同(中西績介君紹介)(第二六七号)

 同(藤井裕久君紹介)(第二六八号)

 同(北川れん子君紹介)(第二七七号)

 同(小坂憲次君紹介)(第二七八号)

 同(田村憲久君紹介)(第二七九号)

 同(辻元清美君紹介)(第二八〇号)

 同(中田宏君紹介)(第二八一号)

 同(中村喜四郎君紹介)(第二八二号)

 同(根本匠君紹介)(第二八三号)

 同(藤村修君紹介)(第二八四号)

 同(甘利明君紹介)(第三一四号)

 同(石破茂君紹介)(第三一五号)

 同(川崎二郎君紹介)(第三一六号)

 同(北側一雄君紹介)(第三一七号)

 同(藤木洋子君紹介)(第三一八号)

 小規模作業所等成人期障害者施策に関する請願(井上喜一君紹介)(第一七二号)

 同(松岡利勝君紹介)(第二八五号)

 安心して子供を産み育てられる社会への緊急対策に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一九七号)

 雇用確保、働くルールの確立と社会保障の充実に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第一九八号)

 同(石井郁子君紹介)(第一九九号)

 同(小沢和秋君紹介)(第二〇〇号)

 同(大森猛君紹介)(第二〇一号)

 同(石井郁子君紹介)(第三二二号)

 同(穀田恵二君紹介)(第三二三号)

 介護保険の改善と高齢者の医療費負担増の中止に関する請願(小沢和秋君紹介)(第二〇二号)

 同(大森猛君紹介)(第二〇三号)

 同(木島日出夫君紹介)(第二〇四号)

 同(児玉健次君紹介)(第二〇五号)

 同(塩川鉄也君紹介)(第二〇六号)

 同(瀬古由起子君紹介)(第二〇七号)

 同(中林よし子君紹介)(第二〇八号)

 同(春名直章君紹介)(第二〇九号)

 同(不破哲三君紹介)(第二一〇号)

 同(松本善明君紹介)(第二一一号)

 同(吉井英勝君紹介)(第二一二号)

 高齢者の生活安定と生きがいに関する請願(石井郁子君紹介)(第二二五号)

 介護保険と国民健康保険の改善に関する請願(志位和夫君紹介)(第二二六号)

 食品の安全を確保するための、食品衛生法の改正と充実強化に関する請願(小池百合子君紹介)(第二六九号)

 同(平林鴻三君紹介)(第二八六号)

 同(藤木洋子君紹介)(第三一九号)

 介護保険と国民健康保険の改善、医療保険の改悪中止に関する請願(赤嶺政賢君紹介)

 (第二九七号)

 同(小沢和秋君紹介)(第二九八号)

 同(木島日出夫君紹介)(第二九九号)

 同(児玉健次君紹介)(第三〇〇号)

 同(志位和夫君紹介)(第三〇一号)

 同(塩川鉄也君紹介)(第三〇二号)

 同(瀬古由起子君紹介)(第三〇三号)

 同(中林よし子君紹介)(第三〇四号)

 同(春名直章君紹介)(第三〇五号)

 同(松本善明君紹介)(第三〇六号)

 同(山口富男君紹介)(第三〇七号)

 国・自治体の責任による福祉の拡充に関する請願(小沢和秋君紹介)(第三〇八号)

 乳幼児医療費無料制度の確立と保育所の充実に関する請願(志位和夫君紹介)(第三〇九号)

 年金制度の改善、安心して暮らせる老後の保障に関する請願(木島日出夫君紹介)(第三一〇号)

 同(佐々木憲昭君紹介)(第三一一号)

 同(松本善明君紹介)(第三一二号)

 同(吉井英勝君紹介)(第三一三号)

 国立病院・療養所の廃止・移譲及び独立行政法人化反対に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第三二〇号)

 同(藤木洋子君紹介)(第三二一号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 厚生労働関係の基本施策に関する件




このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

鈴木委員長 これより会議を開きます。

 厚生労働関係の基本施策に関する件について調査を進めます。

 この際、厚生労働大臣から所信を聴取いたします。坂口厚生労働大臣。

坂口国務大臣 厚生労働大臣の坂口でございます。

 厚生労働委員会の御審議に先立ちまして、厚生労働行政についての所信を申し述べ、委員各位を初め国民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げたいと存じます。

 中央省庁の再編という歴史的な改革の一環として、厚生労働省が新たに発足をいたしました。人の誕生から雇用、老後の保障まで、国民生活に安心と活力をもたらす政策を総合的かつ一体的に展開する体制が整いました。

 初代の厚生労働大臣として、国民の皆様に厚生労働省が発足してよかったと実感していただけるよう、私自身先頭に立って、厚生労働行政の推進に全力を尽くしてまいります。

 まず初めに、KSD問題につきましては、旧労働省がこれまで数次にわたり指導を行ってきたところでありますが、今般このような事態に至ったことは極めて遺憾であり、結果として指導が十分に徹底していなかったことを深く反省しております。今後は、公益法人KSDについて、過去の責任を明確にした上で、公益法人として適切な運営が図られるよう厳正に指導してまいります。さらに、今回の事態を踏まえ、所管の公益法人がこのような不祥事を起こすことのないよう指導監督体制を強化したところであり、公益法人に対する厳正な指導監督を徹底していく決意であります。

 さて、我が国の経済社会システムが急速な少子高齢化などにより大きく変貌を遂げようとしている中、国民生活の礎である社会保障制度を将来にわたって安定的かつ効率的なものとして再構築することが急務となっております。

 昨年十月末に、社会保障構造の在り方について考える有識者会議から御提言をいただき、これを受けて、政府・与党連携のもと、政府・与党社会保障改革協議会が発足しました。今後、三月末を目途に、改革の理念や基本的考え方を明らかにする大綱を取りまとめるとともに、これに基づき具体的推進方策を協議していくこととしております。

 特に、国民の老後を支える基本となります年金制度が将来にわたり安定的に運営できるようにすることが必要であり、基礎年金の国庫負担割合の二分の一への引き上げを早期に実施すべく、安定した財源の確保の方策とあわせて検討を進めてまいります。

 また、公的年金を土台としつつ、国民の自助努力を支援する仕組みを整備するため、確定給付型の企業年金について受給権保護を図りつつ、統一的制度を創設するための確定給付企業年金法案を今国会に提出するところであり、継続審議中の確定拠出年金法案とあわせて一日も早い成立をお願いいたします。

 あわせて、現下の社会経済情勢を考慮し、平成十三年度の年金額を引き下げないための物価スライド特例法案を提出したほか、被用者年金制度の再編成の一環として、農林漁業団体職員共済年金を厚生年金保険に統合するための法案を提出することとしております。

 医療保険財政については、急速な高齢化の進展や近年の経済の低迷などにより、待ったなしの極めて厳しい状況となっております。平成十四年度には高齢者医療制度などの改革を実現するため、来年の通常国会に所要の法案を提出できるよう全力を尽くしてまいります。

 介護保険につきましては、関係者の皆さんの御努力により、大きな混乱なく実施されているところでありますが、今後とも、制度の円滑な実施に努めるとともに、現場の皆様の声を大切にして、よりよい制度へと育ててまいります。

 一方、我が国経済社会の活力を維持するためには、社会保障制度の再構築とあわせて、高齢者が長年養ってきました知識と経験を生かして、できる限り働き続けることのできる環境を築いていく必要があります。そのため、六十五歳までの雇用を確保できるよう定年の引き上げ等を促進するとともに、年齢にかかわりなく働ける社会の実現に向けて検討を進めてまいります。

 少子化への対応につきましては、働きながら子供を産み育てやすい雇用環境を整備するための育児・介護休業法の改正法案を今国会に提出したところであります。さらに、一昨年末に策定された少子化対策推進基本方針及び新エンゼルプランに基づき、保育サービスや児童手当の充実など総合的な少子化対策の一層の推進に努めるとともに、児童虐待の防止対策に取り組んでまいります。

 現下の雇用失業情勢につきましては、完全失業率が高水準で推移するなど依然として厳しい状況にあるものの、新規求人は主要な産業で増加を続けています。この求人の増加傾向を雇用の確実な回復に結びつけるため、IT分野など今後成長が見込まれる新たな産業に必要な人材を育成するとともに、官民連携した雇用情報提供機能の充実を図るなど引き続きミスマッチの解消対策に取り組んでまいります。

 また、経済産業構造が大きく転換する中で、労働者の円滑な再就職を促進し、職業生活の全期間を通じてその職業の安定を図っていくことが必要であります。このため、在職中からの計画的な再就職援助、労働者の自発的な職業能力開発の推進等を図ることを内容とする雇用対策法等の改正法案を今国会に提出したところであります。

 さらに、個々の労働者と事業主との間の紛争の増加に対応し、これら個別的労働関係紛争の簡易迅速な解決を図るため、都道府県労働局長による助言指導や紛争調整委員会によるあっせん等を内容とする所要の法案を提出することとしております。

 国民の健康と安全を守ることは、厚生労働省の基本的な使命の一つであります。このため、メディカル・フロンティア戦略を推進するとともに、生活習慣病、結核、C型肝炎などの問題にも積極的に取り組むほか、医療提供体制の確立、医療安全対策の総合的推進、HIV感染事件等を踏まえた医薬品、医療用具、食品の安全性の確保などにも的確に取り組んでまいります。

 また、職場における安全と働く人たちの健康確保に努めるとともに、今国会に提出している時短促進法の一部改正法に基づく労働時間短縮の推進、長期休暇制度の普及等に取り組んでまいります。

 さらに、高齢者に対するインフルエンザの予防接種を推進するための予防接種法の改正法案を今国会に提出したところであり、安全な水道水の安定供給を図るための水道法の改正法案についても提出したいと考えております。

 このほか、障害者施策につきましては、ノーマライゼーションの理念に基づき、障害者プランや障害者雇用対策の着実な推進を図るとともに、障害のあることを理由として一律に免許を与えないことなどを定める欠格条項を見直す法律案を今国会に提出することとしております。

 援護行政につきましては、遺族年金の額の引き上げや戦傷病者等の妻に対する特別給付金制度の改善を行う改正法案を提出しており、中国残留邦人に対する援護施策や遺骨収集の充実などにも取り組んでまいります。

 これらの施策に加え、職場における男女均等取り扱いの徹底、利用者本位の社会福祉制度の確立、国立病院・療養所の再編成などを着実に実施するとともに、WHO、ILO等の枠組みを利用した国際的合意の形成や感染症対策等を初めとする国際協力にも積極的に取り組んでまいります。

 また、国民生活の保障、向上と雇用の安定を図るためには、政労使の一致協力した取り組みが必要であり、良好な労使関係の維持発展、政労使の意思疎通の促進に努めてまいります。

 以上、当面する厚生労働行政の重点事項について私の所信の一端を申し述べました。私は、これらの重要な課題に対し、統合のメリットを十分に生かし、施策の融合化や事業間の連携を図りつつ、全力で取り組んでまいりたいと考えておりますので、委員長を初め皆様の一層の御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)

鈴木委員長 次に、平成十三年度厚生労働省関係予算の概要について説明を聴取いたします。増田厚生労働副大臣。

増田副大臣 お手元の資料に基づきまして、平成十三年度厚生労働省関係予算案の概要について御説明申し上げます。

 まず、平成十三年度の厚生労働省所管一般会計予算の規模は、総額十八兆四百二十一億円、対前年度七千七百七十六億円、四・五%の増加となっております。

 平成十三年度の厚生労働省予算案は、地域の子育て支援機能の強化を初め、厚生行政と労働行政の施策の融合化を推進するとともに、メディカル・フロンティア戦略、IT化のための職業能力開発等、当面の施策課題に対応するという考え方のもとに編成したところであります。

 続きまして、予算の主要事項について御説明申し上げます。

 第一は、一ページから五ページにかけての、豊かで活力ある長寿社会に向けた総合的戦略の推進です。働き盛りの国民の二大死因である、がん及び心筋梗塞、要介護状態の大きな原因である脳卒中、痴呆及び骨折について、地域医療との連携を重視しつつ、先端的科学の研究を重点的に振興するとともに、その成果を活用し、予防と治療成績を向上させるため、メディカル・フロンティア戦略を総合的に推進してまいります。

 第二は、六ページから十一ページにかけての、国民が安心してかかれる医療の確保等です。総合的な医療安全対策を推進し、医療に対する安心、信頼の確保に努めるとともに、医療供給体制の整備に取り組んでまいります。また、生活習慣の改善による健康寿命の延伸を目標に、健康日本21を推進してまいります。

 第三は、十二ページから十四ページにかけての、雇用対策の積極的推進です。経済産業構造の転換に対応し、中長期的に雇用の安定を図るため、円滑な労働移動を支援するとともに、中小企業や新規・成長分野における新たな雇用機会の創出とミスマッチの解消に向けた雇用対策を推進してまいります。

 第四は、十五ページから十七ページにかけての、一人一人のキャリア形成を支援し、能力を発揮できる社会の実現です。労働者の自発的な職業能力開発を促進するために、個人ごとのキャリア形成を支援するシステムを整備するとともに、労働者のIT化対応を目指した総合的な職業能力開発施策を推進してまいります。

 第五は、十八ページから二十二ページにかけての、安心して子供を産み育て、意欲を持って働くことのできる社会づくりの推進です。新エンゼルプランの着実な推進など子育て支援策を総合的に講じるとともに、家庭と仕事の両立支援策を推進してまいります。また、職場における男女の均等な機会及び待遇の確保対策、児童虐待の防止対策などの強化を図ることとしております。

 第六は、二十三ページから二十四ページにかけての、活力ある高齢社会の実現です。本格的な高齢社会の到来を目前に控え、高齢者の知識経験を生かした雇用就業機会を確保するとともに、高齢者の社会参加の支援など総合的な施策を推進してまいります。また、国民年金等につきましては、現下の社会経済情勢にかんがみ、物価スライドの特例措置を講じ、年金の支給額を前年同額とすることとしております。

 第七は、二十五ページから二十六ページにかけての、介護保険及び介護関連対策です。介護保険制度を着実に実施し、介護サービスの基盤整備、質の確保に取り組むとともに、介護予防・生活支援対策を推進してまいります。

 第八は、二十七ページから二十八ページにかけての、安心、快適な日常生活のための環境づくりです。医薬品等の安全性確保や薬物乱用防止に取り組むとともに、食品の安全性確保、シックハウス対策等に取り組んでまいります。

 第九は、二十九ページから三十一ページにかけての、安心して働ける環境づくりです。働き方の複雑化など社会経済の変化に対応して、簡易迅速な個別的労使紛争処理システムの整備、労働条件の確保など労働者が安心して働くことのできる環境を整備するとともに、労働者の安全と健康を確保するための施策を推進してまいります。

 第十は、三十二ページから三十五ページにかけての、障害者の福祉、雇用施策の推進です。障害者の自立と社会参加を推進するため、障害者プランを着実に推進し、保健福祉施策及び雇用就業施策を充実いたします。また、人材確保対策など福祉サービスの基盤整備を行うとともに、地域福祉の推進に取り組んでまいります。

 第十一は、三十六ページから三十七ページにかけての、国際社会への積極的貢献です。世界保健機関や国際労働機関等の国際的活動を支援するとともに、人づくりを通じた途上国支援を推進してまいります。

 第十二は、三十八ページから三十九ページにかけての、その他の主要施策です。厚生科学研究等を推進するほか、生活衛生関係営業対策、戦傷病者、戦没者遺族等の援護、中国残留邦人等の支援、原爆被爆者の援護など諸施策を推進してまいります。

 以上、主な内容について御説明しましたが、お手元の資料のうち、特別会計予算案の概要につきましては、説明を省略させていただきます。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。

鈴木委員長 以上で大臣の所信表明並びに平成十三年度厚生労働省関係予算の概要についての説明は終わりました。

 この際、桝屋厚生労働副大臣、奥山厚生労働大臣政務官及び田浦厚生労働大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。桝屋厚生労働副大臣。

桝屋副大臣 厚生労働副大臣の桝屋敬悟でございます。

 厚生労働省の発足という極めて重要な時期に大任をいただきました。まことに緊張いたしております。鈴木委員長を初め理事の皆様、委員各位の御指導、御協力をいただきながら、しっかりと働いてまいりたいと思います。

 どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)

鈴木委員長 次に、奥山厚生労働大臣政務官。

奥山大臣政務官 このたび、厚生労働大臣政務官を拝命いたしました奥山でございます。

 私と田浦政務官二人は衆議院と参議院に分かれておりますので、私が主に衆議院側の担当をさせていただきたいと思っております。

 これからも坂口大臣並びに増田、桝屋両副大臣を助けながら、一生懸命になって頑張ってまいります。

 どうぞよろしくお願いします。(拍手)

鈴木委員長 次に、田浦厚生労働大臣政務官。

田浦大臣政務官 厚生労働大臣政務官を拝命いたしました参議院議員の田浦直でございます。

 どうぞよろしく御指導のほどお願いいたします。(拍手)

鈴木委員長 次回は、来る二十七日火曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前九時五十二分散会




このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.