衆議院

メインへスキップ



第1号 平成16年10月22日(金曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成十六年十月十二日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 赤羽 一嘉君

   理事 衛藤征士郎君 理事 橘 康太郎君

   理事 望月 義夫君 理事 玉置 一弥君

      岩崎 忠夫君    江崎 鐵磨君

      江藤  拓君    木村 隆秀君

      河本 三郎君    櫻田 義孝君

      高木  毅君    武田 良太君

      中馬 弘毅君    寺田  稔君

      中野 正志君    二階 俊博君

      葉梨 康弘君    萩山 教嚴君

      浜田 靖一君    林  幹雄君

      古川 禎久君    保坂  武君

      松野 博一君    森田  一君

      山口 泰明君    阿久津幸彦君

      金田 誠一君    菅  直人君

      下条 みつ君    高木 義明君

      樽井 良和君    土肥 隆一君

      中川  治君    長安  豊君

      伴野  豊君    松崎 哲久君

      三日月大造君    室井 邦彦君

      和田 隆志君    若井 康彦君

      若泉 征三君    佐藤 茂樹君

      谷口 隆義君    穀田 恵二君

    ―――――――――――――

十月十二日

 赤羽一嘉君委員長辞任につき、その補欠として橘康太郎君が議院において、委員長に選任された。

平成十六年十月二十二日(金曜日)

    午前十時一分開議

 出席委員

   委員長 橘 康太郎君

   理事 衛藤征士郎君 理事 萩山 教嚴君

   理事 望月 義夫君 理事 山口 泰明君

   理事 阿久津幸彦君 理事 金田 誠一君

   理事 玉置 一弥君 理事 土肥 隆一君

   理事 赤羽 一嘉君

      岩崎 忠夫君    江崎 鐵磨君

      江藤  拓君    木村 隆秀君

      後藤田正純君    河本 三郎君

      櫻田 義孝君    菅原 一秀君

      高木  毅君    武田 良太君

      中野 正志君    二階 俊博君

      葉梨 康弘君    林  幹雄君

      古川 禎久君    保坂  武君

      松野 博一君    森田  一君

      菅  直人君    下条 みつ君

      高木 義明君    樽井 良和君

      中川  治君    長安  豊君

      伴野  豊君    松崎 哲久君

      三日月大造君    室井 邦彦君

      和田 隆志君    若井 康彦君

      若泉 征三君    佐藤 茂樹君

      谷口 隆義君    穀田 恵二君

    …………………………………

   国土交通大臣       北側 一雄君

   国土交通副大臣      岩井 國臣君

   国土交通副大臣      蓮実  進君

   国土交通大臣政務官    中野 正志君

   国土交通大臣政務官    岩崎 忠夫君

   国土交通大臣政務官    伊達 忠一君

   国土交通委員会専門員   亀井 為幸君

    ―――――――――――――

委員の異動

十月十二日

 辞任         補欠選任

  浜田 靖一君     菅原 一秀君

同月二十二日

 辞任         補欠選任

  寺田  稔君     後藤田正純君

同日

 辞任         補欠選任

  後藤田正純君     寺田  稔君

同日

 理事今村雅弘君、大谷信盛君、奥村展三君及び高木陽介君同月八日委員辞任につき、その補欠として萩山教嚴君、阿久津幸彦君、金田誠一君及び赤羽一嘉君が理事に当選した。

同日

 理事橘康太郎君同月十二日委員長就任につき、その補欠として山口泰明君が理事に当選した。

同日

 理事玉置一弥君同日理事辞任につき、その補欠として土肥隆一君が理事に当選した。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 理事の辞任及び補欠選任

 国政調査承認要求に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

橘委員長 これより会議を開きます。

 この際、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、国土交通委員長に就任いたしました橘康太郎でございます。

 御承知のように、今日の国土交通行政におきましては、社会資本の整合的な基盤整備、交通政策の推進、海上の安全・治安の確保等、重要な課題が山積をいたしております。

 真に豊かでゆとりある国民生活の安定向上、また、環境にも配慮いたしました二十一世紀型の国土づくりを推進することは、本委員会の使命でもあり、国民の期待と関心はますます高まっております。

 このような時期に本委員会の委員長に就任し、その職責の重さを痛感している次第でございます。

 委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)

     ――――◇―――――

橘委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。

 理事玉置一弥君から、理事辞任の申し出がございます。これを許可するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。

 ただいまの理事辞任及び委員の異動並びに私の委員長就任に伴い、現在理事が六名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 それでは、理事に

      萩山 教嚴君    山口 泰明君

      阿久津幸彦君    金田 誠一君

      土肥 隆一君 及び 赤羽 一嘉君

を指名いたします。

     ――――◇―――――

橘委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。

 国土交通行政の基本施策に関する事項

 国土計画、土地及び水資源に関する事項

 都市計画、建築及び地域整備に関する事項

 河川、道路、港湾及び住宅に関する事項

 陸運、海運、航空及び観光に関する事項

 北海道開発に関する事項

 気象及び海上保安に関する事項

以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

橘委員長 この際、国土交通大臣、国土交通副大臣及び国土交通大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。国土交通大臣北側一雄君。

北側国務大臣 このたび国土交通大臣を拝命いたしました北側一雄でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 国土交通行政は、国土政策、社会資本整備、交通政策等、極めて幅広い分野にわたっておりまして、そのいずれもが国民生活に密着をした分野でございます。国民の安心と安全を確保する、これが最大の使命だと思っておりますが、この責務を全うするために全力を尽くしてまいる所存でございます。

 先生方には、大変これから御指導、御鞭撻を賜りますが、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

橘委員長 国土交通副大臣蓮実進君。

蓮実副大臣 国土交通副大臣の蓮実進でございます。

 私は、主に災害対策関係、国土関係施策、社会資本整備関係の施策を総括いたしております。

 委員長を初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げたいと思います。(拍手)

橘委員長 国土交通副大臣岩井國臣君。

岩井副大臣 国土交通副大臣の岩井國臣でございます。

 私は、主に運輸行政全般を総括、さらにテロなどの危機管理関係と北海道関係を担当しております。

 委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願いする次第でございます。よろしくお願い申し上げます。(拍手)

橘委員長 国土交通大臣政務官中野正志君。

中野大臣政務官 おはようございます。大臣政務官の中野正志でございます。

 主に災害対策関係施策及び社会資本整備関係施策、特に公共事業の適正な執行の確保に関する事務を命ぜられております。

 どうぞ御指導賜りますようによろしくお願いを申し上げます。ありがとうございます。(拍手)

橘委員長 国土交通大臣政務官伊達忠一君。

伊達大臣政務官 おはようございます。大臣政務官を拝命いたしました伊達忠一でございます。

 主に国土関係の施策、そしてまた北海道開発関係の施策について担当することになりました。

 先生方の御指導を心からお願い申し上げて、ごあいさつにかえます。よろしくお願いします。(拍手)

橘委員長 国土交通大臣政務官岩崎忠夫君。

岩崎大臣政務官 大臣政務官を拝命いたしました岩崎忠夫でございます。

 主に安全危機管理関係施策及び交通関係施策、特に航空関係事務を命ぜられております。どうかよろしく御指導、御鞭撻をお願いいたします。(拍手)

     ――――◇―――――

橘委員長 国土交通大臣から発言を求められておりますので、これを許します。国土交通大臣北側一雄君。

北側国務大臣 第百六十一回国会における御審議に当たり、国土交通行政の当面の諸課題について私の考えを述べさせていただきます。

 まず、相次いで発生しております豪雨や台風によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対して心からお見舞い申し上げます。国土交通省としましても、まずは、被災地の早期復旧復興に全力で取り組む一方、たび重なる集中豪雨により、多くの災害が発生している事態にかんがみ、従前からの災害対策を総点検し、中小河川の整備と管理のあり方や水防体制を抜本的に見直すなど、水害・土砂災害対策を強化して、災害に強い国づくりを進めてまいります。

 さて、国土交通行政は、国土政策、社会資本整備、交通政策等を総合的に推進するという幅広い任務を担っておりますが、そのいずれもが国民生活に密着しています。

 国土は、暮らしや経済活動の舞台そのものであり、社会資本や交通はそれらを支える最も基本的な基盤です。また、頻発する災害や事故、事件による被害を未然に防止することも国民生活の基本であります。

 そのため、国民の皆様の期待にこたえることができるよう、国土の将来像を踏まえ、国民の立場、視点に立った、時代の要請にふさわしい国土交通行政を着実に推進してまいります。

 今後、次のような重要課題に積極的に取り組んでまいります。

 公共事業については、社会資本整備重点計画を踏まえ、事業の重点化やコスト縮減の徹底などに積極的に取り組み、効率的かつ着実に社会資本整備を進めてまいります。公共事業関係の国庫補助負担金については、三位一体の改革の趣旨を踏まえ、地方の自主性、裁量性を高めることを基本に改革を推進してまいります。

 道路関係四公団については、来年十月を目標に民営化できるよう、各公団とも連携して着実に準備を進めてまいります。また、これまで引き下げられることのなかった高速国道の通行料金は、ETCを活用した割引制度により、来年度から平均一割以上引き下げ、可能なものは来月から実施します。住宅金融公庫については、整理合理化計画において、平成十八年度中に廃止し、証券化支援業務等を行う新たな独立行政法人を設置する方針が定められており、その法律案を来年の通常国会に提出する予定であります。さらに、今国会には、公益法人改革を推進するため、住宅の品質確保の促進等に関する法律の改正案を提出しております。

 高齢化の進展、中心市街地の空洞化などに対応するため、地域経済の活性化と地域雇用の創出などを目指し、まちづくり交付金などを活用した地域再生、都市再生の推進に積極的に取り組んでまいります。

 観光については、観光立国担当大臣として、二〇一〇年に訪日外国人旅行者を一千万人とし、住んでよし、訪れてよしの国づくりを実現するため、関係省庁と連携して観光立国行動計画を推進するとともに、ビジット・ジャパン・キャンペーンや地域における国際競争力のある観光地づくり等観光立国の実現に向けた取り組みを、官民一体となって強力に進めてまいります。

 また、昨今の緊迫化したテロ情勢を踏まえた警備強化や港湾、空港等における水際対策の強化等を行い、総合的な危機管理に取り組んでまいります。さらに、リコールに係る不正行為再発防止対策の強化等、安心で暮らしやすい社会の実現に努めてまいります。

 さらに、少子高齢化社会等に対応するため、すべての人が自立し、安心して暮らし、持てる能力を最大限に発揮できるよう、ユニバーサルデザインの考え方に基づく国土交通政策の構築を進めてまいります。

 そのほか、地球温暖化対策や低公害車の開発・普及促進等環境に配慮した国土交通行政の推進、効率的で競争力のある物流対策、スーパー中枢港湾プロジェクトの推進、大都市圏拠点空港の整備等による国際競争力及び国際連携の確保、整備新幹線等の着実な整備、海洋資源に関する主権的権利確保のための大陸棚調査、地籍整備の強力な推進等に取り組んでまいります。

 なお、国会等の移転については、国会における検討に必要な協力を行ってまいります。

 以上、私の考えを申し述べました。国民の皆様の期待にこたえ、一層の御理解をいただけるよう、国民との対話と情報の一層の公開を重視し、諸課題に全力で取り組んでまいる所存です。

 今後とも、委員長を初め、委員各位の格別の御指導をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

橘委員長 次回は、来る二十六日火曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午前十時十六分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.