衆議院

メインへスキップ



第1号 平成19年2月16日(金曜日)

会議録本文へ
本国会召集日(平成十九年一月二十五日)(木曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。

   委員長 塩谷  立君

   理事 後藤 茂之君 理事 中野 正志君

   理事 西銘恒三郎君 理事 葉梨 康弘君

   理事 山本 公一君 理事 伴野  豊君

   理事 三日月大造君 理事 高木 陽介君

      赤池 誠章君    石田 真敏君

      遠藤 宣彦君    小里 泰弘君

      大塚 高司君    鍵田忠兵衛君

      梶山 弘志君    亀岡 偉民君

      北村 茂男君    坂本 剛二君

      桜井 郁三君    島村 宜伸君

      杉田 元司君    鈴木 淳司君

      薗浦健太郎君    徳田  毅君

      長崎幸太郎君    長島 忠美君

      林田  彪君    松本 文明君

      宮澤 洋一君    盛山 正仁君

      吉田六左エ門君    若宮 健嗣君

      泉  健太君    黄川田 徹君

      小宮山泰子君    古賀 一成君

      下条 みつ君    土肥 隆一君

      長安  豊君    鷲尾英一郎君

      赤羽 一嘉君    伊藤  渉君

      穀田 恵二君    亀井 静香君

平成十九年二月十六日(金曜日)

    午後零時十分開議

 出席委員

   委員長 塩谷  立君

   理事 後藤 茂之君 理事 中野 正志君

   理事 西銘恒三郎君 理事 葉梨 康弘君

   理事 山本 公一君 理事 伴野  豊君

   理事 三日月大造君 理事 高木 陽介君

      赤池 誠章君    伊藤 忠彦君

      石田 真敏君    浮島 敏男君

      遠藤 宣彦君    小里 泰弘君

      大塚 高司君    梶山 弘志君

      亀岡 偉民君    北村 茂男君

      桜井 郁三君    島村 宜伸君

      杉田 元司君    鈴木 淳司君

      薗浦健太郎君    徳田  毅君

      長島 忠美君    原田 憲治君

      松本 文明君    宮澤 洋一君

      盛山 正仁君   吉田六左エ門君

      若宮 健嗣君    泉  健太君

      小宮山泰子君    下条 みつ君

      田村 謙治君    土肥 隆一君

      長安  豊君    松木 謙公君

      鷲尾英一郎君    赤羽 一嘉君

      伊藤  渉君    赤嶺 政賢君

      糸川 正晃君

    …………………………………

   国土交通大臣       冬柴 鐵三君

   国土交通副大臣      望月 義夫君

   国土交通副大臣      渡辺 具能君

   国土交通大臣政務官    梶山 弘志君

   国土交通大臣政務官   吉田六左エ門君

   国土交通大臣政務官    藤野 公孝君

   国土交通委員会専門員   亀井 為幸君

    ―――――――――――――

委員の異動

一月二十九日

 辞任         補欠選任

  林田  彪君     原田 憲治君

二月十六日

 辞任         補欠選任

  鍵田忠兵衛君     浮島 敏男君

  長崎幸太郎君     伊藤 忠彦君

  黄川田 徹君     松木 謙公君

  古賀 一成君     田村 謙治君

  穀田 恵二君     赤嶺 政賢君

  亀井 静香君     糸川 正晃君

同日

 辞任         補欠選任

  伊藤 忠彦君     長崎幸太郎君

  浮島 敏男君     鍵田忠兵衛君

  田村 謙治君     古賀 一成君

  松木 謙公君     黄川田 徹君

  赤嶺 政賢君     穀田 恵二君

  糸川 正晃君     亀井 静香君

    ―――――――――――――

一月二十五日

 海洋構築物等に係る安全水域の設定等に関する法律案(石破茂君外四名提出、第百六十四回国会衆法第二四号)

 交通基本法案(細川律夫君外五名提出、第百六十五回国会衆法第六号)

は本委員会に付託された。

    ―――――――――――――

本日の会議に付した案件

 国政調査承認要求に関する件

 国土交通行政の基本施策に関する件


このページのトップに戻る

     ――――◇―――――

塩谷委員長 これより会議を開きます。

 国政調査承認要求に関する件につきお諮りいたします。

 国土交通行政の基本施策に関する事項

 国土計画、土地及び水資源に関する事項

 都市計画、建築及び地域整備に関する事項

 河川、道路、港湾及び住宅に関する事項

 陸運、海運、航空及び観光に関する事項

 北海道開発に関する事項

 気象及び海上保安に関する事項

以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。

 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

塩谷委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

     ――――◇―――――

塩谷委員長 国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。

 この際、国土交通大臣から、国土交通行政の基本施策について所信を聴取いたします。国土交通大臣冬柴鐵三君。

冬柴国務大臣 国土交通行政につきまして、私の所信を述べさせていただきます。

 昨年は、豪雪や豪雨、竜巻などの自然災害などにより、多くの国民の安全、安心な暮らしが脅かされました。国民の生命財産を守ることは国土交通省の重要な使命であり、引き続き全力で取り組んでまいります。

 我が国経済は、長い停滞のトンネルを抜け出し、新たな成長の舞台に向けて離陸しようとしています。自然に恵まれ、長い歴史、文化、伝統を持つ我が国を、子供や孫の世代が自信と誇りを持つことのできる「美しい国、日本」とすべく、新しい国づくりに取り組むときを迎えました。この新しい日本の姿の実現に向け、国民の皆様の立場、視点から、時代の要請にふさわしい国土交通行政を着実に推進してまいります。

 今後、次のような重要課題に積極的に取り組んでまいります。

 まず、国土交通行政の各分野において、国民の安全、安心基盤の確立に向けた取り組みを推進してまいります。

 大規模地震、豪雨、津波、高潮、竜巻などの自然災害に対しては、地震監視機能の強化、地域全体ではんらん被害を最小化する減災対策、ドップラー・レーダーの整備、緊急地震速報や土砂災害警戒情報の提供など、ハード、ソフト一体となった対策を推進してまいります。

 公共交通などの安全確保については、運輸事業者が構築する安全管理体制の評価を行う運輸安全マネジメント評価を着実に実施するなど、積極的に取り組んでまいります。また、タクシーの安全性及びサービスの向上を図るため、所要の改正法案を提出いたします。

 住宅・建築物に対する国民の安心を確保するため、構造計算書偽装問題を踏まえ、新築住宅の瑕疵担保責任を確実に履行するための供託・保険制度の創設などを内容とした法案を提出いたします。また、京都市内のホテルなどにおける構造計算書偽装問題については、事実関係を把握した上で、厳正に対処してまいります。

 国際社会の脅威となるテロの発生や北朝鮮に対する制裁措置の実施などの情勢を踏まえ、国際的な連携のもと、交通機関や港湾、空港などの重要施設のテロ対策を推進してまいります。また、四面環海の我が国において、海上保安体制の充実強化などを通じて、海上における監視警戒・救助活動などに適切に対応し、海上の安全、治安の確保、海洋権益の保全などに努めてまいります。

 第二に、人口減少社会を迎えた我が国において、持続的な成長を維持していくため、アジアなど海外の成長や活力を取り込み、国際競争力を強化する取り組みを推進します。

 まず、アジアのゲートウェイ機能を向上させるため、スーパー中枢港湾を初めとする国際港湾や大都市圏拠点空港などの国際空港、これらの港湾や空港と都心部、消費地、生産地などを結ぶ道路や鉄道、大都市圏における環状道路などの整備を進めます。また、アジア域内の輸送網の充実、内航海運の活性化など、ハード、ソフト両面から、スピーディーでシームレスかつ低廉な人流・物流体系の実現を目指します。

 観光については、夏までに観光立国推進基本法に基づく基本計画を策定し、人が行き交う、開かれた美しい国づくりを進めてまいります。特に、二〇一〇年に外国人の訪問を一千万人とする目標の達成に向けては、昨年来、中国、韓国を訪問いたしましたが、その成果も踏まえ、日中間の交流人口を年間五百万人以上とすることを目指すなど、ビジット・ジャパン・キャンペーンの高度化を図るとともに、国際会議の誘致の強化を進めてまいります。また、地域の活性化の観点からも、内外の旅行者にとって魅力ある観光地、観光産業の創出に向けた取り組みの支援などを行ってまいります。

 さらに、交通、社会資本、防災、地域活性化などの各分野において、情報通信技術の利活用などを通じたイノベーションを推進してまいります。

 第三に、我が国の活力の源泉である地域の自立と競争力強化に努めてまいります。

 日本全体がバランスよく発展し、美しい日本の姿を形づくるため、多様な広域ブロックの自立的な発展を目指す国土形成計画の策定に取り組みます。また、民間と連携した、地域の発意による広域的な地域活性化を推進するため、基盤整備や地域づくりに対する支援など、ハード、ソフト一体の幅広い支援メニューをそろえた交付金の創設等を目的とした法案を提出しております。

 地域公共交通をめぐる状況は厳しさを増しています。そこで、次世代型路面電車であるLRTや輸送力を向上させた連節バスなど高度なバスサービスの導入、乗り継ぎの円滑化など、地域公共交通について主体的に創意工夫して頑張る地域を国として総合的に支援します。また、線路と道路の両方を走行できるDMVなど新たな輸送サービスの導入円滑化を進めます。これらの措置を講じるため、所要の法案を提出しております。

 また、政府・与党申し合わせに基づき整備新幹線の整備を着実に進めるとともに、都市鉄道網のさらなる充実に努めます。

 民間活力による都市再生の推進、密集市街地の早期解消、地域のまちづくりの担い手への支援などを目的とした都市再生特別措置法等の改正法案を提出しております。また、中心市街地の活性化を推進するとともに、地域の資源を生かした美しい地域の形成を目指して、景観法の活用による景観形成や無電柱化、水辺の環境や緑地の保全、再生を図ります。

 さらに、北海道のすぐれた資源や特性などを生かしつつ、活力と競争力のある地域経済社会の形成を図るため、北海道の総合的な開発を推進してまいります。

 第四に、高齢者や障害者の方々を含めて、すべての人々がゆとりと豊かさを実感し、多様な社会参画や安全、安心な生活を可能にする、柔軟で豊かな生活環境の創造に取り組んでまいります。

 国民生活に最も密着した基盤である住宅については、昨年決定された住生活基本計画に基づき、国民の住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策を総合的かつ計画的に推進してまいります。また、公共交通機関、住宅・建築物、歩行空間、都市公園などを通じた、一体的、総合的なバリアフリー化を推進してまいります。

 環境については、政府として、京都議定書目標達成計画の評価、見直し、二十一世紀環境立国戦略の策定を進めているところです。これらを踏まえ、低公害車の開発普及、新燃費基準の策定、道路交通の円滑化、グリーン物流の推進、公共交通の利用促進、運輸、住宅・建築分野の省エネ対策、国の庁舎における太陽光発電導入や建物緑化、バイオマスのエネルギー利用、建設リサイクルなどを推進してまいります。

 このほか、海面処分場の整備促進を図るため、港湾法等の改正法案を提出しております。

 国土交通行政を展開する上では、時代情勢を見据えつつ、不断に必要な見直しを行う姿勢が重要であります。

 公共事業については、事業評価の厳格な実施、コスト縮減の徹底など、改革努力を継続しつつ、真に必要な社会資本の整備を重点的かつ効率的に推進します。また、一般競争入札の拡大、総合評価方式の拡充、入札ボンドの導入など、入札契約改革を一層強力に推進するとともに、極端な低価格入札案件に対応した公共工事の品質確保対策を推進してまいります。

 今般、国土交通省直轄の水門設備工事の発注に関し、入札談合に当省の元職員が関与していたと報道等で指摘されておりますが、仮にこれが事実とすれば、まことに遺憾であります。現在、公正取引委員会において調査されているものと承知しておりますが、国土交通省としても、職員以外の有識者の参画を得て入札談合防止対策検討委員会を設置し、公正・厳正性、中立性を確保しながら、事実関係の徹底した調査とさらなる談合防止対策の検討を行っているところです。

 道路特定財源については、道路整備に対するニーズを踏まえ、今後の具体的な道路整備の姿を示した中期的な計画の作成や、高速道路料金の引き下げなどの新たな措置に関する検討を行い、「道路特定財源の見直しに関する具体策」に基づく見直しを推進してまいります。

 行政改革の推進のため、所管の独立行政法人及び特殊法人について見直しを行う法案を提出いたします。また、規制改革の推進のため、測量法の改正法案を提出いたします。

 このほか、海洋に関する施策について、国土交通省海洋・沿岸域政策大綱に基づき、総合的かつ戦略的に推進してまいります。また、安定的な海上輸送の基盤である日本籍船及び日本人海技者の確保を図るため、関係法律の整備とみなし利益課税であるトン数標準税制の導入に向けた検討などを行います。

 国会等の移転については、国会における検討に必要な協力を行ってまいります。

 以上、国土交通行政の推進について私の所信の一端を申し述べました。国民の皆様の期待と信頼にこたえられるよう、諸課題に全力で取り組みます。今国会におきましては九法案を提出し、国会での御審議をお願いしたいと考えております。

 委員長、委員各位の格別の御指導をよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

塩谷委員長 以上で大臣の所信表明は終わりました。

 次に、平成十九年度国土交通省関係予算について概要説明を聴取いたします。国土交通副大臣渡辺具能君。

渡辺(具)副大臣 国土交通省関係の平成十九年度予算について、その概要を御説明申し上げます。

 まず、一般会計予算につきましては、所要の国土交通省関係予算を計上し、その歳出予算額は六兆六百二十六億円です。

 また、都市開発資金融通特別会計、治水特別会計、道路整備特別会計、港湾整備特別会計、空港整備特別会計、自動車損害賠償保障事業特別会計、自動車検査登録特別会計及び特定国有財産整備特別会計に所要の予算を計上しております。

 なお、北海道、離島及び奄美に係る公共事業予算については、他省関係予算を含めて、国土交通省予算に所要額の一括計上を行っております。

 次に、財政投融資計画については、当省関係の独立行政法人等分として三兆九千八百八億円を予定しております。

 国土交通省におきましては、厳しい財政状況のもと、限られた予算で最大限の効果の発現を図る観点から、国際競争力の強化、地域の活性化、都市再生、国民の安全、安心の確保、快適で豊かな国民生活の実現といった当面する課題に対応するための事業、施策を重点的に推進してまいります。

 また、政策評価等の結果を踏まえ、コストの縮減を図りつつ、ハードとソフトの連携、PFI手法の活用等により、成果目標の達成に向けて効率的な施策展開を図ります。

 次に、主要事項につきまして御説明申し上げます。

 第一に、国際競争力の強化です。

 国際物流に対応した道路網の整備やスーパー中枢港湾プロジェクトを推進するとともに、東アジア物流の準国内化への対応に取り組みます。また、都市機能の強化に向け、羽田空港の再拡張及びその関連事業、三大都市圏環状道路の整備を進めます。さらに、観光立国の推進のため、外国人観光客の訪日促進と魅力ある観光地、観光産業の創出、観光地へのアクセスの改善等を図ります。加えて、海洋権益の保全のため、海上保安庁の巡視船艇、航空機の緊急整備等を推進します。

 第二に、地域の活性化、都市再生です。

 民間と連携した地域の発意による広域的な地域活性化を推進するため、基盤整備や地域づくりをソフト、ハード一体で総合的に支援する制度等を創設します。また、円滑な地域間移動を実現する高規格幹線道路、新幹線鉄道といった幹線交通体系の整備や、弾力的な高速道路の料金設定に関する社会実験を実施します。さらに、都市、地域における総合交通戦略の推進や地域公共交通活性化・再生事業の創設等による公共交通の活性化に取り組みます。あわせて、民間都市開発を進めるとともに、まちづくり交付金等により、町のにぎわいを創出します。

 第三に、国民の安全、安心の確保です。

 大規模地震、竜巻、豪雨、津波、高潮などの自然災害に対し、浸水被害対策や観測体制の強化に取り組むなど、防災・減災対策を推進します。また、タクシーの安全性、質の向上や踏切対策のスピードアップ等を図り、公共交通の安全、安心対策を強化します。加えて、構造計算書偽装問題を踏まえ、住宅の生産・供給システムにおける信頼の確保を図ります。

 第四に、快適で豊かな国民生活の実現です。

 少子化、高齢化等への対応として、地域優良賃貸住宅制度の創設など安心して子育てができる巣づくり支援を充実させるとともに、総合的なバリアフリー施策を推進します。また、石油に代替する次世代運輸エネルギーの活用等環境対策を推進します。

 国土交通省としては、これらを初め、社会資本整備や総合的な交通政策を着実に推進するために必要な事業、施策を推進してまいる所存です。

 以上をもちまして、国土交通省関係の平成十九年度予算につきましての説明を終わります。

 よろしくお願いいたします。

塩谷委員長 以上で平成十九年度国土交通省関係予算の概要説明は終わりました。

 次回は、来る二十一日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。

    午後零時二十九分散会


このページのトップに戻る
衆議院
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
電話(代表)03-3581-5111
案内図

Copyright © 2014 Shugiin All Rights Reserved.